8丁目-ニューヨーク大学駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
8丁目-ニューヨーク大学駅
8th Street–New York University
NYCS NNYCS QNYCS RNYCS W
ニューヨーク市地下鉄
8th Street Platform.JPG
南行ホーム
駅情報
住所 East 8th Street & Broadway
New York, NY 10003
マンハッタン区
地区 グリニッジ・ヴィレッジノーホー
座標 北緯40度43分50秒 西経73度59分33秒 / 北緯40.730543度 西経73.992448度 / 40.730543; -73.992448座標: 北緯40度43分50秒 西経73度59分33秒 / 北緯40.730543度 西経73.992448度 / 40.730543; -73.992448
ディビジョン Bディビジョン(BMT)
路線 BMTブロードウェイ線
運行系統       N Stops late nights and weekends (週末・深夜帯)
      Q Stops late nights only (深夜帯)
      R Stops all times except late nights (深夜帯以外)
      W Stops weekdays only (平日)
接続 バスによる輸送 ニューヨーク市バス: M1, M2, M3, M55, M8, X27, X28
構造 地下駅
ホーム数 2面(相対式ホーム
線路数 4線
その他の情報
開業日 1917年9月4日(101年前) (1917-09-04[1]
旧駅名/名称 8丁目-NYU
8th Street-NYU
利用状況
乗客数 (2016)6,030,544[2]増加 2.3%
順位 72
次の停車駅
北側の隣駅 14丁目-ユニオン・スクエア駅: N Stops late nights and weekendsQ Stops late nights onlyR Stops all times except late nightsW Stops weekdays only
南側の隣駅 プリンス・ストリート駅: N Stops late nights and weekendsQ Stops late nights onlyR Stops all times except late nightsW Stops weekdays only

8丁目-ニューヨーク大学駅(8ちょうめ-ニューヨークだいがくえき、英:8th Street–New York University)はニューヨーク市地下鉄BMTブロードウェイ線の駅である。マンハッタン区グリニッジ・ヴィレッジ西8番街ブロードウェイの交差点に位置し、N系統が週末と深夜のみ、Q系統が深夜のみ、R系統が深夜を除く終日、W系統が平日のみ停車する。また、駅名の通りニューヨーク大学がすぐ近くにあり、駅から8番街を西へ1ブロック進み更にマーサー通りを南へ2ブロック進むとそこがニューヨーク大学である。駅名が長いため略して8丁目-NYU駅 (8th Street–NYU) とも呼ばれる。

駅構造[編集]

配線図
G 地上階 出入口
P
ホーム階
相対式ホーム、右側の扉が開く。
南行緩行線 NYCS-bull-trans-N.svg 深夜帯・週末:シー・ビーチ線経由スティルウェル・アベニュー駅行き
NYCS-bull-trans-Q.svg 深夜帯:ブライトン線経由スティルウェル・アベニュー駅行き
NYCS-bull-trans-R.svg ベイ・リッジ-95丁目駅行き
NYCS-bull-trans-W.svg 平日のみ:ホワイトホール・ストリート-サウス・フェリー駅行き
NYCS-bull-trans-N.svg NYCS-bull-trans-Q.svg NYCS-bull-trans-R.svg NYCS-bull-trans-W.svg 次の停車駅:プリンス・ストリート駅
南行急行線 NYCS-bull-trans-N.svg(平日)NYCS-bull-trans-Q.svg(深夜帯以外)通過
北行急行線 NYCS-bull-trans-N.svg(平日)NYCS-bull-trans-Q.svg(深夜帯以外)通過 →
北行緩行線 NYCS-bull-trans-N.svg 週末:アストリア-ディトマース・ブールバード駅行き →
NYCS-bull-trans-R.svg フォレスト・ヒルズ-71番街駅行き →
NYCS-bull-trans-Q.svg 深夜帯:96丁目駅英語版行き →
NYCS-bull-trans-W.svg 平日のみ:アストリア-ディトマース・ブールバード駅行き →
NYCS-bull-trans-N.svg NYCS-bull-trans-Q.svg NYCS-bull-trans-R.svg NYCS-bull-trans-W.svg 次の停車駅:14丁目-ユニオン・スクエア駅
相対式ホーム、右側の扉が開く。
モザイクを用いた駅名標
モザイクを用いた出口の方向を示す看板

この駅は1917年9月4日のBMTブロードウェイ線キャナル・ストリート駅 - 14丁目-ユニオン・スクエア駅間の延伸開業と共に緩行線2線と急行線2線、相対式ホーム2面を有した2面4線の地下駅として開業した[1]。中央の急行線にはホームが無く平日にN系統が、深夜を除く終日Q系統が通過している。

駅は2度改装を行っており、1度目は1960年代後半に行われホーム有効長を10両に延長したほか壁面タイルや案内看板を新しい物に取り替え、白熱灯は蛍光灯に置き換えられた。2001年には2度目の改装が行われ、床面タイルの張り替えや老朽化した階段の修復、開業当初の壁面タイリングの復元、ADAへの準拠による黄色い転落防止タイルの設置、標識の更新などが行われた。ただし、エレベーターの設置は行われていない。

ホーム壁面には2005年にティム・スネルにより製作された『Broadway Diary』というアートワークが飾られている。

出口[編集]

この駅には改札階が無くホーム階中央と南端に改札口が1ヶ所ずつ、各ホームで独立しているため計4ヶ所の改札口がある。この構造のため改札内で南北ホームの行き来はできない。主要な改札口はホーム中央のブロードウェイと西8番街の交差点にある物で、北行ホーム側からは同交差点東側に、南行ホーム側からは同交差点西側に出ることができる[3]

ホーム南端側の改札口はホーム階から少し上がった部分にあり、退場専用の回転式改札機と入退場両用の回転式改札機がある。北行ホーム側からはブロードウェイとウェイバリー通りの交差点東側に、南行ホーム側からは同交差点西側に出ることができる[3]

  • 階段1つ、ブロードウェイと西8番街の交差点北東、北行ホーム接続[3]
  • 階段2つ、ブロードウェイと西8番街の交差点北西、南行ホーム接続[3]
  • 階段1つ、ブロードウェイと西8番街の交差点南東、北行ホーム接続[3]
  • 階段2つ、ブロードウェイと西8番街の交差点南西、南行ホーム接続[3]
  • 階段1つ、ブロードウェイとウェイバリー通りの交差点北東、北行ホーム接続[3]
  • 階段1つ、ブロードウェイとウェイバリー通りの交差点北西、南行ホーム接続[3]

出典[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]

出入口