パブロ・オズーナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
パブロ・オズーナ
Pablo Ozuna
PABLO OZUNA BATTING.JPG
ホワイトソックス時代
基本情報
国籍 ドミニカ共和国の旗 ドミニカ共和国
出身地 サントドミンゴ
生年月日 (1974-08-25) 1974年8月25日(43歳)
身長
体重
5' 11" =約180.3 cm
200 lb =約90.7 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション ユーティリティプレーヤー(主に外野手三塁手二塁手
プロ入り 1996年 アマチュア・フリーエージェントとしてセントルイス・カージナルスと契約
初出場 2000年4月23日
最終出場 2008年9月28日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

パブロ・ホセ・オズーナ(Pablo Jose Ozuna、1974年8月25日 - )は、ドミニカ共和国サントドミンゴ出身の元プロ野球選手ユーティリティプレーヤー)。右投右打。

ポジションは主に外野手で、他に二塁手遊撃手三塁手一塁手でのプレー経験がある。

経歴[編集]

プロ入りとカージナルス傘下時代[編集]

プロ入り2年目の1998年セントルイス・カージナルス傘下のA級ピオリア・チーフスで133試合に出場して打率.357・出塁率.400・OPS.894・62盗塁の好成績を収め、ベースボール・アメリカ誌のマイナー代表チームとミッドウェスト・リーグのトップ・プロスペクトに選出され、MVPにも輝くなど、メジャー昇格への足がかりを掴む。

マーリンズ時代[編集]

同年12月14日エドガー・レンテリアとのトレードで、アーマンド・アルマンザブレイデン・ルーパーの両投手と共にフロリダ・マーリンズへ移籍。

2000年にマーリンズからメジャーデビュー。わずか14試合の出場ながら、打率.333をマーク。翌年以降の期待を抱かせた。

2001年は怪我に泣いて全休したが、2002年は2年前の2倍以上の34試合に出場し、打率.277をマーク。

ロッキーズ時代[編集]

2003年コロラド・ロッキーズへ移籍。わずか17試合・打率.200に終わった。

2004年はメジャーリーグでのプレー機会は無かった。

ホワイトソックス時代[編集]

2005年シカゴ・ホワイトソックスに移籍すると、複数のポジションをこなすユーティリティープレーヤー代走・右の代打として、チームの世界一に貢献。当時、腰に故障を抱えていたジョー・クリーディやメジャー1年目だった井口資仁らの休養日の代役として、ウィリー・ハリスティモ・ペレスらと共に大きな役目を担った。そして、主に控えでの出場ながら、自己最多の14盗塁をマーク。

2006年アレックス・シントロンロブ・マコーヴィアクらと共にユーティリティーとしてプレーし、自己最多の79試合に出場し、打率.328・メジャー初本塁打を含む2本塁打をマークした。また、8月24日デトロイト・タイガース戦では左翼の守備で、ショーン・ケーシーを一塁でアウトにしてレフトゴロを記録した。

ドジャース時代[編集]

2008年7月20日ロサンゼルス・ドジャースと契約した。オフにFAとなった。

フィリーズ傘下時代[編集]

2009年1月15日フィラデルフィア・フィリーズとマイナー契約。同年6月11日、禁止薬物に陽性反応を示し、50試合の出場停止処分が下る。

独立リーグ時代[編集]

2010年独立リーグニューアーク・ベアーズでプレーした。

プレースタイル[編集]

1999年当時は、「選球眼が甘く四球を選べないものの、コンタクトに優れ、スピードとクイックネス(初動の速さ)を兼ね備えた優れた走者で遊撃守備も上手い」と評され、「(前年オフに)マーリンズがレンテリアを放出してまでトレードに応じたのは、オズーナを欲したからだ」と言われたほど将来を嘱望されていた[1]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2000 FLA 14 26 24 2 8 1 0 0 9 0 1 0 2 0 0 0 0 2 0 .333 .333 .375 .708
2002 34 50 47 4 13 2 2 0 19 3 1 1 0 1 1 0 1 3 2 .277 .300 .404 .704
2003 COL 17 45 40 5 8 1 0 0 9 2 3 0 1 0 2 0 2 6 1 .200 .273 .225 .498
2005 CWS 70 217 203 27 56 7 2 0 67 11 14 7 3 0 7 0 4 26 5 .276 .313 .330 .643
2006 79 203 189 25 62 12 2 2 84 17 6 6 3 0 7 0 4 16 3 .328 .365 .444 .809
2007 27 85 78 9 19 3 0 0 22 3 3 0 3 0 3 0 1 9 1 .244 .280 .282 .563
2008 32 69 64 5 18 3 0 0 21 6 0 2 2 0 2 0 1 3 2 .281 .313 .328 .642
LAD 36 33 32 6 7 0 1 1 12 3 1 1 0 0 1 0 0 5 1 .219 .242 .375 .617
'08計 68 102 96 11 25 3 1 1 33 9 1 3 2 0 3 0 1 8 3 .260 .290 .344 .634
MLB:7年 309 728 677 83 191 29 7 3 243 45 29 17 14 1 23 0 13 70 15 .282 .318 .359 .677

背番号[編集]

  • 3 (2000年、2002年)
  • 1 (2003年)
  • 38 (2005年 - 2008年途中)
  • 14 (2008年途中 - 同年終了)

脚注[編集]

  1. ^ 谷口輝世子 「Future Impact ― 未来を約束された7人のルーキー」 『月刊スラッガー No.13 , 1999年5月号』 日本スポーツ企画出版社、51-55頁。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]