パット・トーピー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
パット・トーピー
Pat Torpey
Pat Torpey.jpg
MR.BIG - ブルガリア公演 (2011年6月)
基本情報
出生名 Patrick Allan Torpey
生誕 1953年12月13日
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
オハイオ州ペインズヴィル
死没 (2018-02-07) 2018年2月7日(64歳没)
ジャンル ハードロック
ポップ・ロック
ヘヴィメタル
職業 ミュージシャンドラマーソングライター
担当楽器 ドラム
活動期間 1980年 - 2018年
レーベル ビデオアーツ・ミュージックWOWOWエンタテインメント
共同作業者 MR.BIG
EXPOSURE
インペリテリ
ザ・ナック ほか

パット・トーピーPat Torpey1953年12月13日 - 2018年2月7日)は、アメリカ合衆国出身のロックミュージシャンドラマーソングライター

ハードロックバンドMR.BIG」のメンバーとして知られ、他にもロバート・プラント、リッチー・コッツェン、マイケル・トンプソン、ザ・ナック、ジョン・パー、ベリンダ・カーライル、ジョニー・ハイランド、B'zなどセッション活動でも数多くの実績を誇る。

人物[編集]

ドラムプレイ中のパット (2011年)

1953年12月13日にアメリカのオハイオ州レイク郡ペインズヴィルにて生まれる。(同州クリーヴランド生まれと言われているが正確にはクリーヴランドではなく少し離れたペインズヴィルという町である)

7歳の頃、ポルカバンドを見た際にドラマーを観て夢中になり憧れ、2~3年後、ドラムスティックを買ってもらう。庭で小枝を削るなどして、ドラムスティックを作ったりもしていた。その後、14歳でラディックの中古のドラムを手に入れる。

12歳の時に親の離婚が原因となり母ジャニスの故郷のアリゾナ州フェニックスへ引っ越す。

高校の頃、一番影響を受けたドラマーは、レッド・ツェッペリンジョン・ボーナム。さらに、ミッチ・ミッチェルの影響でジャズの勉強もしたりと、独学で練習していた。

高校を卒業後にバンドを組み、その後ロサンゼルスで「EXPOSURE」というバンドを結成するが、解散。

1988年には、「インペリテリ」のアルバム『スタンド・イン・ライン』に参加。その後、セッション・ドラマーを経て、「MR.BIG」に加入、1989年にデビュー。

1989年12月31日カレンさんと1年間の交際を経て結婚。

1998年、初のソロアルバム「Odd Man Out」を発表。ビリー・シーン、ポール・ギルバート、スティーヴ・ルカサー、デレク・シェリニアン、マット・ソーラム、グレッグ・ビソネットなど豪華なゲストが参加している。全曲のボーカル及びほとんどの曲のドラムをパットが担当。

1999年B'zのアルバム『Brotherhood』収録曲の「ギリギリchop(Version51)」に、MR.BIGのベーシスト、ビリー・シーンとともに参加。「ミュージックステーション」にも出演した。そのほか日本のアーティストでは、1996年高崎晃 (LOUDNESS)、2002年には栄喜SIAM SHADE)の作品に客演。

2002年2月にMR.BIGが解散。日本での最終公演は2月5日の東京国際フォーラム・ホールA。

2002年6月、リッチー・コッツェンのソロ公演にてベーシストのフィル・スーザンとともにトリオ編成のバンドで来日した。(最終日の東京公演では、B'zの当時のツアーメンバーとして来日中であったビリー・シーンが飛び入り参加し、Static、Shine、30 Days In The Holeの3曲を演奏) このラインナップで2003年、2004年にも日本公演を行う。

2002年9月8日13:35、ロサンゼルスのシーダーズ・サイナイ病院にて長男パトリック・エイダン・トーピーが誕生。

2003年10月、ドラムクリニック及びサイン会のために来日。このクリニックを記念してTAMAよりパット・トーピー・クリニック・アニーバーサリー・スネアドラムSAS455PTが100台限定発売された。

2005年7月31日にフジロックフェスティバルにてザ・ナックのドラマーとして出演。ライブ中盤ではマイクを手に取りMR.BIGナンバーの「To Be With You」を歌い上げ観客を驚かせた。

2007年4月、ドラムクリニックが東京及び京都にて開催される。

2008年5月22日に星野楽器100周年イベント「100年の鼓動」にSimon Phillips、Tomy Snyder、熊谷徳明、小森啓資、Steve Vai、Paul Gilbert、Marty Friedmanらと出演。この頃から右足がうまく動かせなくなって来ており、左足でバスドラムを踏む練習を始めている。

2009年2月、オリジナル・ラインナップでMR.BIGが再結成。

2009年5月、MR.BIGデビュー20周年と再結成を記念しパット・トーピー・シグネーチャー・スネアドラムSAS1465PTが100台限定発売された。

2009年6月、MR.BIG再結成ツアーのために来日、日本武道館、横浜アリーナ公演を含む9都市10公演が開催される。

2011年日本東日本大震災が発生した際には、被災者へのエールを込めて新曲を発表して慈善活動を行なうなど、日本との交流も深かった。

2014年7月23日、2年前よりパーキンソン病を患っている事を公式に告白[1]。MR.BIG新作のツアーも通常の演奏が出来ず、代役としてマット・スターが参加。パットも同行し、3曲のみドラムプレイを披露した[2]

2015年7月、エリック・マーティンの日本公演にギタリストのジョン・マクナマラとともにパーカッション及びコーラスとして参加した。このツアーではファンがプレゼントしたギター型カホン「ギターホン」(プレイウッド社製)が全公演で使用された。

2017年9月、MR.BIGのツアーに同行し来日。主にパーカッション担当で参加し、病状のためドラムプレイはJust Take My Heartの1曲のみとなった[3]。最後の日本公演は10月5日BLUE LIVE広島。

2018年2月7日、患っていたパーキンソン病の合併症により死去。64歳没[4]。死去した場所などは不明である。

2018年2月15日、ロサンゼルスにてパット・トーピーの葬儀が行われた。エリック・マーティン、リッチー・コッツェン、マット・スター、ギルビー・クラーク、フィル・スーザン、マネージャーのティム・ハイニーなどが参列し、ビリー・シーンの奥さんエリザベッタらがスピーチを行った。(ビリー・シーンとポール・ギルバートは都合がつかず欠席)

2018年5月23日カリフォルニア州AgouraのCannyon Clubにて「Mr.Big & Friends Celebrate The Life Of Pat Torpey」と題したパット・トーピーのトリビュート・ライヴが開催。この公演にはMR.BIGの他にリッチー・コッツェン、チャック・ライト、ギルビー・クラーク、マット・ソーラム、デイヴ・アマト、リッキー・フィリップス、ブレット・タグル、グレッグ・ビソネットらパットと関係の深いミュージシャンが参加した。。

備考補足[編集]

実の父親は警察官。

B'zの松本孝弘によると、「奥さんはとても綺麗でサンドラ・ブロックをもっと知的にした感じ」とのこと。

好きな食べ物は抹茶アイス、餃子、ステーキなど。

使用機材[編集]

1985年からのエンドーサーであるTAMAのドラムキットとハードウェア、ジルジャンのシンバル、REMOのドラムヘッド、プロマークのスティック、LP社のパーカッションを使用。
MR.BIG初期はダブルベースドラムの大型のドラムキットを使用していたが、1993年よりシングルベースドラムのキットになる。

1989 (tour)[編集]

6.5インチのブラスのスネアドラムは、1988年にロバート・プラントのツアーに参加した時に手に入れたもので、TAMAのシェルにラディックのインペリアル・ラグを装着したもの。
この頃から10、13、15、16がパットのタムのサイズの基本形となる。
TAMA

  • 10" Tom Tom
  • 13" Tom Tom
  • 15" Floor Tom
  • 16" Floor Tom
  • 24" Bass Drum
  • 24" Bass Drum

Snare Drum

  • 14"x6.5" Brass

Zildjian Cymbals

  • 16" A Rock Crash
  • 14" New Beat Hi-Hat
  • 17" Rock Crash
  • 22" Z Light Power Ride
  • 18" A Rock Crash
  • 13" K X-Hi-Hat
  • 19" K China Boy Brilliant

1993 (tour)[編集]

このツアーよりダブルベースドラムからシングルベースドラム(+ダブルペダル)へ移行する。ただし、フロアタムが1つ増え、2タム・3フロアのキットとなる。
ベースドラムサイズは出回っている資料には26インチと書かれてあるが、ライブ映像などを見たところ24インチの可能性も考えられる。
TAMA Artstar II

  • 10"x10" Tom Tom
  • 13"x12" Tom Tom
  • 14"x14" Floor Tom
  • 15"x15" Floor Tom
  • 16"x16" Floor Tom
  • 26"x16" Bass Drum

Snare Drum

  • 14"x6.5" Brass (BR426)

Zildjian Cymbals

  • 19" Crash
  • 14" Hi-Hat
  • 12" Splash
  • 18" Crash
  • 22" Ride
  • 19" Crash
  • 12" Splash
  • 14" Hi-Hat
  • 19" China

1995 (recording"HEY MAN")[編集]

1995年真夏にスタートした4thアルバムのレコーディングは約7週間の製作期間にて行われた。
パットはTAMAのアートスターII(ブルーのキット)を使用。材質はメイプルらしい。バスドラムはほとんどの曲で24インチを使い、大きくて広がりのあるサウンドを狙い一部で26インチも使用した。
スネアドラムは6.5インチと5インチのブラス。
シンバルは14"ニュービートハイハットを2個、16"、17"、18"、19"のクラッシュの4種類を2個1組で持っており、曲によって1種類選択して叩いたとのこと。
TAMA Artstar II

  • 13" Tom Tom
  • 15" Floor Tom
  • 16" Floor Tom
  • 24" Bass Drum
  • 26" Bass Drum

Snare Drum

  • 14"x6.5" Brass
  • 14"x5" Brass

Head : Remo

  • Coated Ambassador (TT & FT top)
  • Coated Emperor (SD top)

Zildjian Cymbals

  • 14" A New Beat Hi-Hats
  • 16" Crash
  • 17" Crash
  • 18" Crash
  • 19" Crash
  • 22" A Ping Ride Brilliant
  • 19" K China Boy Brilliant

1996 (tour)[編集]

TAMA Artstar Custom (Color:Violet Shade)

  • 13"x9" Tom Tom
  • 14"x14" Floor Tom
  • 15"x15" Floor Tom
  • 16"x16" Floor Tom
  • 24"x16" Bass Drum

Snare Drum

  • 14"x5.5" Stainless Steel (PS455) W/Air Ride Mounting System

Iron Cobra Power Glide Twin Pedal (HP90TW)
Short Stance Throne (HT85S)
Zildjian Cymbals

  • 16" Crash
  • 14" Hi-Hat
  • 12" Splash
  • 17" Crash
  • 22" A Ping Ride
  • 18" Crash
  • 12" Splash
  • 13" Hi-Hat
  • 19" K China Boy

1996 (video"BIG DRUMS")[編集]

TAMA Artstar Custom (Color:Violet Shade)

  • 12"x8" Tom Tom
  • 14"x15" Floor Tom
  • 15"x15" Floor Tom
  • 22"x16" Bass Drum

Snare Drum

  • 14"x5.5" Stainless Steel (PS455) W/Air Ride Mounting System

Head : Remo

  • Coated Ambassador (TT & FT top)
  • Ebony Ambassador (TT , FT & BD bottom)
  • Clear Ambassador (BD top)
  • CS Coated (SD top)
  • Snare-Side Ambassador (SD bottom)

Iron Cobra Power Glide Twin Pedal (HP90TW)
Zildjian Cymbals

  • 16" A Thin Crash Brilliant
  • 14" A Quick Beat Hi-Hats
  • 17" A Medium Crash Brilliant
  • 22" A Ping Ride Brilliant
  • 16" A Crash Ride Brilliant
  • 18" K China Boy Brilliant

LP Cowbell

1999 (recording"GET OVER IT")[編集]

TAMA Artstar II (Color:Violet Shade)

  • 13" Tom Tom
  • 15" Floor Tom
  • 16" Floor Tom
  • 24" Bass Drum

Snare Drum

  • 14"x5" Brass

Head : Remo

  • Clear Ambassador (TT & FT top)
  • Coated Ambassador (SD top)

Zildjian Cymbals

  • 14" A New Beat Hi-Hats
  • 16" Crash
  • 17" Crash
  • 18" Crash
  • 22" A Ping Ride

etc.

2002 (Japan tour)[編集]

TAMA Artstar Custom (Color:Piano Black)

  • 13"x9" Tom Tom (AMT13R)
  • 15"x14" Floor Tom (AMF15R)
  • 16"x16" Floor Tom (AMF16R)
  • 22"x16" Bass Drum (AMB22X)

Iron Cobra Power Glide Twin Pedal (HP900TW)
Iron Cobra Lever Glide Hi-Hat Stand (HH905)
1st Chair Wide Rider Cloth Top Drum Throne (HT510C)

2003 (clinic)[編集]

TAMA Artstar Custom (Color:Violet Shade)

  • 13"x10" Tom Tom (ABMT13A)
  • 15"x14" Floor Tom (ABMF15R)
  • 16"x16" Floor Tom (ABMF16R)
  • 22"x16" Bass Drum (ABMB22)

Snare Drum

  • 14"x5.5" Brass (SAS455PT) Clinic Anniversary

Head : Remo Clear Ambassador (top) / EVANS G1 (bottom)
Iron Cobra Power Glide Twin Pedal (HP90PTW)
IRON Cobra HH-Stand (HH805)
1st Chair Drum Throne (HT730) Zildjian Cymbals

  • 16" Crash
  • 14" Hi-Hat
  • 17" Crash
  • 22" Ride
  • 18" Crash
  • 13" Hi-Hat
  • 18" China

LP Cowbell

2007 (clinic)[編集]

TAMA Starclassic Performer B/B (Color:Cobalt Blast Glitter )

  • 13"x10" Tom Tom
  • 14"x14" Floor Tom
  • 16"x16" Floor Tom
  • 22"x16" Bass Drum

Zildjian Cymbals
LP Cowbell

2009 (Japan tour)[編集]

TAMA Starclassic Performer B/B (Color:Antique White Sparkle)

  • 13"x9" Tom Tom
  • 16"x16" Floor Tom (PLF16D)
  • 18"x16" Floor Tom (PLF18D)
  • 22"x18" Bass Drum (PLB22EM)

Snare Drum

  • 14"x6.5" Pat Torpey Signature Snare Drum (SAS1465PT)

Head : Remo

  • Clear Ambassador (TT & FT top/bottom)

Iron Cobra Twin Power Glide (HP900PTW)
Iron Cobra Lever Glide Hi-Hat Stand (HH905)
1st Chair Drum Throne (HT730) Zildjian Cymbals

  • 16" A Medium Crash
  • 14" A New Beat Hi-Hat
  • 12" Splash
  • 18" A Medium Crash
  • 22" A Ping Ride
  • 18" A Medium Crash
  • 13" A New Beat Hi-Hat
  • 19" K China

2014 (Japan tour)[編集]

TAMA Silverstar Cocktail-JAM
Zildjian Cymbals

ディスコグラフィ[編集]

ソロアルバム[編集]

  • オッド・マン・アウト (1998)
  • Y2K (1999)

インストラクションビデオ[編集]

  • Hot Drummer Video Magazine vol.1 (1993)
  • Big Drums (1996)
  • Rock Groove Drumming (2002)
  • Out of the Box and onto the Stage II

参加作品[編集]

Jeff Paris

  • Race to Paradise (1986)

インペリテリ

  • Stand in Line (1988)

テッド・ニュージェント

  • If You Can't Lick 'Em...Lick 'Em (1988)

Andrew

  • Ridgeley Son Of Albert (1990)

ポール・ギルバート

  • King Of Clubs (1998)

ナイアシン

  • High Bias (1998)

Velocity

  • Impact (1998)

Stream

  • Nothing IS Sacred (1999)

ザ・ナック

  • Normal as the Next Guy (2001)

リッチー・コッツェン

  • What Is... (1998)
  • Change (2003)

Johnny Hiland

  • Johnny Hiland (2004)

Outland

  • Long Way Home (2004)

邦楽作品[編集]

高崎晃

  • Wa (1996)

B'z

Hideki(栄喜

  • Punk Drunker (2002)

出典[編集]

関連項目[編集]

Mr.Big[編集]

セッション・サポート関連[編集]