コンテンツにスキップ

ベリンダ・カーライル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ベリンダ・カーライル
Belinda Carlisle
ベリンダ・カーライル(2008年2月4日)
基本情報
出生名 Belinda Jo Carlisle
別名 Belinda、Dottie Danger、Belinda Jo Kurczeski
生誕 (1958-08-17) 1958年8月17日(65歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国カリフォルニア州ロサンゼルスハリウッド
ジャンル ロックポップ
職業 歌手
担当楽器 ボーカルドラム
活動期間 1978年 -
レーベル Rykodisc (2006年 - 現在)
Ark21 (1997年、米国のみ)
Chrysalis (1999年)
Virgin (1993年、米国)
Virgin (1996年、英国)
MCA (1992年、米国のみ)
I.R.S. (1986年)
共同作業者 ゴーゴーズ
The Germs
Black Randy and the Metrosquad
公式サイト Belinda Carlisle - Official Website

ベリンダ・カーライル: Belinda Carlisle、本名:Belinda Jo Carlisle、1958年8月17日 - )は、アメリカ合衆国歌手である。主にヨーロッパ、日本で人気が高く、特にイギリスではヒット曲が多い。元ゴーゴーズヴォーカル[1]

来歴

[編集]

1958年8月17日、誕生[2]カリフォルニア州[2]ロサンゼルスハリウッド出身。高校生のとき、イギー・ポップのファンになる[2]

ロサンゼルスのパンク・ロックシーンのオリジネイターといわれるジャームス英語版結成時にドラムスで参加したが、まもなく脱退(ただし後もライブMCなどを務めてバンドに協力した)。1978年ロックンロールバンドのゴーゴーズを結成し、1980年にメジャーデビューした[2]。デビューアルバム Beauty and the Beat は6週にわたり全米1位を記録した。女性だけのロック・グループとして史上初の全米1位であった。

ゴーゴーズは1985年に解散する。翌年1986年、「マッド・アバウト・ユー(Mad About You)」でソロデビューした[1]。さらに1987年にはシングル “Heaven Is A Place On Earth” を発表し[3]、『ビルボード』誌のHot 100で1位を記録した(後にDIMA MUSICのlisaによりカバーされている)。この曲のプロモーションビデオは女優ダイアン・キートンが監督した。

ミュージシャン仲間との交流も盛んで、彼女のアルバムには多数の著名ミュージシャンが参加している(リンジー・バッキンガムスザンナ・ホフスアンディ・テイラーミシェル・フィリップストーマス・ドルビージョージ・ハリソンブライアン・アダムスブライアン・ウィルソンナターシャ・アトラスデヴィッド・リンドレースティーヴ・ルカサーブライアン・イーノなど)。

1990年になるとゴーゴーズは再結成され、カーライルもそれに参加している。

90年代後半からはイギリスやフランスに移住しゴーゴーズの活動以外はヨーロッパを中心に活躍している。

2006年には、80's DANCE POP SUMMIT出演のため、来日。リック・アストリーシニータマイケル・フォーチュナティと共に来日公演を行った。

2007年に久々にソロでアルバムをリリース。全曲フランス語で歌われたこのアルバムは高い評価を得るが、セールス的には惨敗した。

2008年、MTVの人気番組 Rock The Cradle に審査員として参加している。

2010年5月7・8日にBillboardLiveTOKYO[1]で、10・11日にはBillboardLiveOSAKA[2]で計4日間8公演を行った。 

2010年6月に自伝『Lips Unsealed: A Memoir』を発表。40代半ばまでドラッグ中毒であった事を告白し、物議を醸す。

2016年末にフランスからタイのバンコクに移住、現在はバンコクを拠点に活動している。

2020年、ゴーゴーズがドキュメンタリー映画「The Go-Go’s」を公開。それに合わせ約20年ぶりの新曲となる「Club Zero」を含むアルバム「Beatnik Beach Summer」を発表し、カーライルもそれらに参加している。[4]

人物

[編集]

好きな映画はイタリア映画で、俳優マルチェロ・マストロヤンニのファンである。夫は、俳優ジェームズ・メイソンの息子で映画プロデューサーのモーガン・メイソン英語版。モーガンは彼女のプロモーションビデオ(“Heaven Is A Place On Earth” と “Mad About You”)に出演している。ゲイ・アクティビストジェームズ・デューク・メイソンは1人息子。

歌手のマドンナとは何かと縁がある。誕生日が1日違いであり、アメリカ時代は同じジムに通っていたりもした。またベリンダが最初に起用したウィリアム・オービットリック・ノウェルズをマドンナが後から起用し成功させている。ベリンダが早くにヨーロッパへ移住した後、マドンナも移住。また、マドンナのドキュメンタリー映画『イン・ベッド・ウィズ・マドンナ』の中でもベリンダの名前が出てくる箇所がある(ベリンダとマドンナ両方のバックコーラスをしたことのあるドナ・デ・ローリー英語版がベリンダの歌まねをしてふざけるシーン)。

私生活ではビバリーヒルズと南フランス・ヴァール県に居住、フランスで子育てをした。一人息子は大学卒業後にカリフォルニアに戻り、2016年末、ベリンダと夫はタイに移住した。

ヴァール県にアメリカのファーストフードチェーンが進出する際、反対運動をした。

日本との関わり

[編集]

作品

[編集]

スタジオ・アルバム

[編集]
  • ベリンダ - Belinda (1986)
  • ヘヴン・オン・アース - Heaven on Earth (1987)
  • 輝きのままで - Runaway Horses (1989)
  • 愛になりたい - Live Your Life Be Free (1991)
  • リアル - Real (1993)
  • ア・ウーマン・アンド・ア・マン - A Woman & a Man (1996)
  • Voilà!  (2007)
  • Wilder Shores (2017)

EP

[編集]
  • Kismet (2023) [5]

ライヴ・アルバム

[編集]
  • グレイテスト・ヒッツ・ライヴ! - Live From Metropolis Studios (2013)
  • The Heaven on Earth Tour (2022)

コンピレーション・アルバム

[編集]
  • The Best of Belinda / Her Greatest Hits (1992)
  • The Best of Belinda vol.1 (1995)
  • ザ・グレイテスト - The Greatest (1998)
  • グレイテスト・ヒッツ - A Place on Earth - The Greatest Hits (1999)
  • Icon – The Best of Belinda Carlisle (2013)
  • ザ・コレクション - The Collection (2014)
  • The Anthology (2014) [6]
  • The Very Best of Belinda Carlisle(2015)
  • The CD Singles 1986-2014(2015)
  • ゴールド - Gold (2019)

シングル

[編集]

脚注

[編集]
  1. ^ a b <コラム>ポップでありながら、深みを増していく、ベリンダ・カーライルの歌声”. Billboard JAPAN (2019年11月29日). 2023年9月23日閲覧。
  2. ^ a b c d ベリンダ・カーライル”. CDJournal. 2023年9月23日閲覧。
  3. ^ "ヘヴン・イズ・ア・プレイス・オン・アース". デジタル大辞泉プラス. コトバンクより2023年9月23日閲覧
  4. ^ ガールズ・バンド、ゴーゴーズがドキュメンタリー映画公開に合わせ約20年ぶりの新曲を発表へ”. udiscovermusic.jp. 2022年8月7日閲覧。
  5. ^ ベリンダ・カーライル、最新EP「Kismet」をデジタル・リリース”. MUSIC LIFE CLUB. 2023年5月21日閲覧。
  6. ^ ベリンダ・カーライルがベスト盤とボックスセット(日本公演ライヴ音源入り)を同日発売、新曲「Goodbye Just Go」が試聴可”. amass.jp. 2023年5月21日閲覧。

外部リンク

[編集]