トレイン117

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
国鉄117系電車 > トレイン117
ジョイフルトレイン > トレイン117
臨時快速「富士山トレイン117」として運用される「トレイン117」(御殿場線岩波 - 富士岡間)

トレイン117は、かつて東海旅客鉄道(JR東海)に存在した鉄道車両電車)で、ジョイフルトレインと呼ばれる車両の一種である。117系電車の改装によって製作された[1]

概要[編集]

2010年(平成22年)夏に、JR東海が飯田線に観光列車「そよ風トレイン117」を運行するためS9編成を改造したものである。同社がジョイフルトレインを保有するのは12系客車を改造したユーロライナーが引退した2005年以来5年ぶりのことであった。

車内から沿線の風景や風を楽しめるようになっている。大垣車両区に所属した。

2013年(平成25年)8月、大垣車両区から西浜松駅廃車回送され、他のJR東海所属の117系ともども2014年(平成26年)1月までに廃車された。運用期間はおよそ3年2か月であった。

編成[編集]

登場時[編集]

  • 1号車 クハ116-203[1] 指定席車
  • 2号車 モハ116-45 ウィンディスペース[1]
  • 3号車 モハ117-45[1] 指定席車
  • 4号車 クハ117-23[1] 指定席車・トイレを設置

最終時[編集]

  • 1号車 クハ116-207 指定席車
  • 2号車 モハ116-45 ウィンディスペース
  • 3号車 モハ117-45 指定席車
  • 4号車 クハ117-28 指定席車・トイレ設置
ATS-PT対応の先頭車に変更されるとともに、指定席車3両のラインカラーが中間車に準じたものに変更された。

車内設備[編集]

中間車のモハ116-45は客用扉部分に展望柵を設置し、客用扉間の座席を撤去した上で窓に向けて木製ベンチを配した「ウィンディスペース」となっていて、乗客が自由に利用することができる[1]
雨天時等には客用扉を閉じ、窓は防水カーテンを降ろすことにより対応している。
他の3両は大型のテーブルが配置されたボックスシートとなっており、飲食等を楽しむことができる[1]

入線路線[編集]

年表[編集]

臨時快速「そよ風トレイン117」として運用された117系0番台(豊橋駅)
  • 2010年(平成22年)
    • 7月22日 : 名古屋工場より出場し、名古屋 - 関ヶ原 - 大垣の区間で試運転を行う。
    • 7月26日 : 大垣車両区にて報道公開される。
    • 8月1日[1] - 11月28日土休日 : 豊橋 - 中部天竜間で「そよ風トレイン117」運転[1]
  • 2011年(平成23年)
    • 2月5日、2月19日、2月26日 :大垣 - 弁天島間で 団体臨時列車として運転。
    • 2月11日 - 13日 : 飯田 - 駒ヶ根間で「駒ヶ根トレイン117」運転。
    • 3月 : 組成変更ならびに塗装変更を行う。
    • 3月 : 飯田 - 駒ヶ根間で「駒ヶ根トレイン117」運転。
    • 4月 : 名古屋 - 大垣間で「水都大垣トレイン」運転。
    • 4月 - 8月 : 豊橋 - 中部天竜間で「そよ風トレイン117」運転。
    • 6月 : 名古屋 - 醒ヶ井間で「ほたるトレイン117」運転。
    • 9月 - 11月 : 名古屋 - 南木曽間で「宿場町トレイン117」運転。
    • 11月19日 - 27日 : 名古屋 - 大垣間で「水都大垣トレイン」運転。
  • 2012年(平成24年)
    • 1月28日 - 3月4日の土休日 : 静岡 - 御殿場間で「富士山トレイン117」運転。
    • 4月1日 - 15日 : 名古屋 - 大垣間で「水都大垣トレイン」運転。
    • 6月3日 : 名古屋 - 蒲郡間で団体専用列車「ラグーナ蒲郡10周年記念号」運転。
    • 6月 : 名古屋 - 醒ヶ井間で「ほたるトレイン」運転。
    • 10月13日 - 11月11日の土・休日 : 名古屋 - 南木曽間で「中山道トレイン」運転。
  • 2013年(平成25年)
    • 1月27日 - 2月23日の土・日曜 : 静岡 - 御殿場間で「富士山トレイン117」運転。
    • 3月30日 - 4月14日 : 名古屋 - 大垣間で「水都大垣トレイン」運転。
    • 6月6日 - 9日・13日 - 16日 : 名古屋 - 醒ヶ井間で「ほたるトレイン」運転。
    • 7月13日 : 安城 - 由比間にて団体臨時列車として運転。
    • 7月14日 : 名古屋 - 中部天竜間で、鉄道友の会主催の団体臨時列車として運転[2]
    • 7月20日・21日 : 豊橋→天竜峡間にて、ジェイアール東海ツアーズ主催の団体臨時列車として運転。21日の運用を最後に引退[3]
    • 8月5日 : 大垣車両区より浜松運輸区へ廃車回送される。
    • 12月27日 : モハ116-45以外の3両が廃車[4]
  • 2014年(平成26年)1月27日 : モハ116-45が廃車。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i 「Railway Topics」『鉄道ジャーナル』第44巻第10号、鉄道ジャーナル社、2010年10月号、 150頁。
  2. ^ 「Train117」による団体臨時列車運転 - 交友社「鉄道ファン」 railf.jp鉄道ニュース 2013年7月15日
  3. ^ JR東海「Train117」の運用終了 - 交友社「鉄道ファン」 railf.jp鉄道ニュース 2013年7月22日
  4. ^ 「JR電車編成表2014夏」ISBN 9784330466149 p.357。

参考文献[編集]

  • 『117系「トレイン117」編成登場』 ネコ・パブリッシング 鉄道ホビダス「編集長敬白」 2010年7月27日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]