デラウェア・バレー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
デラウェア・バレー
—  大都市圏  —
Delaware Valley
フィラデルフィア
カムデン
ウィルミントン
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
 - ペンシルベニア州の旗 ペンシルベニア州
 - ニュージャージー州の旗 ニュージャージー州
 - デラウェア州の旗 デラウェア州
 - メリーランド州の旗 メリーランド州
主要都市 フィラデルフィアカムデン & ウィルミントン
広域都市圏: レディングトレントンアトランティックシティバインランドドーバー
面積
 - 都市部 1,981.4mi2 (5,131.7km2)
 - 都市圏 5,118mi2 (13,256km2)
標高 0 - 1,680 [1]ft (0 - 512m)
人口 (2013年推計)
 - 順位 第5位
 都市部 5,441,567人
 - 大都市圏 6,034,678(国内第6位)人
 - 広域都市圏 7,146,706(国内第8位)人
  都市圏 = 2013, 都市部 = 2010
等時帯 東部標準時 (UTC-5)
 - 夏時間 東部夏時間 (UTC-4)

デラウェア・バレー: Delaware Valley)は、アメリカ合衆国東海岸に注ぐデラウェア川が流れる流域を表す言葉であるが、様々な商業メディアや広告媒体では「フィラデルフィア都市圏」と同義で使われている。地質や地理での厳密な意味では、デラウェア川の主たる流域であり、スクーカル川やリーハイ川など主要な支流とその流域まで含むことがある。この広がりは文化面でも当てはまるが、人々の日々の関わりを可能にする物理的な移動距離が遠くなれば、その影響度合いも薄くなる。例えば毎日45分ないし90分間かけて通勤する多くの人々は文化的な融合を生み、価値観を共有することになる。

本稿で扱うデラウェア・バレーは、デラウェア川の潮汐が及ぶ地域にある都市を中心にする経済圏であり、すなわち、ペンシルベニア州フィラデルフィア市とレディング市ニュージャージー州カムデン市トレントン市デラウェア州ウィルミントン市を中心とする都市圏が含まれる。メリーランド州を含め4州に掛かるフィラデルフィア・レディング・トレントン・カムデン・ウィルミントン大都市圏とほぼ同義である。

郡の単位で考えるとペンシルベニア州東部の数郡、ニュージャージー州西部の数郡、デラウェア州北部の1郡、メリーランド州北東部の1郡である。2010年国勢調査時点で広域都市圏人口は約710万人以上である。フィラデルフィア市は地域の商業、文化、工業の中心であり、都市圏を取り巻く郡部にも影響を与える大きな勢力圏を維持している。都市圏人口の大多数はメリーランド州以外の3州に住んでいる。

大都市圏としては人口約600万人であり、アメリカ合衆国内で第6位である[2][3][4]ボストンからワシントンD.C.まで広がる北東メガロポリスの中では南端に近い。通勤者の流れに基づけば、その労働市場にペンシルベニア州バークス郡を加えてもよく、その場合に人口は約653万人となる。

ニールセンのメディア市場評価に拠ると、フィラデルフィア市のメディア市場は、ニューヨーク市、ロサンゼルス市、シカゴ市に次いで国内第4位である。

ニュージャージー州アレクサンドリア・タウンシップにあるデラウェア・バレー地域高校、ペンシルベニア州ドイルズタウン・タウンシップにあるデラウェア・バレー・カレッジは、このデラウェア・バレーにちなむ命名である同様にニュージャージー州フレンチタウンの、今は廃刊になった新聞「デラウェア・バレー・ニューズ」もデラウェア・バレーの名を採った例である。

デラウェア・バレーを構成する郡[編集]

デラウェア・バレーの地域図

デラウェア州[編集]

メリーランド州[編集]

ニュージャージー州[編集]

ペンシルベニア州[編集]

主要都市[編集]

次の大都市圏は広域都市圏に含まれている。大都市圏の主要都市は以下の通りである。

フィラデルフィア・カムデン・ウィルミントン大都市圏[6]

レディング大都市圏

バインランド・ミルビル・ブリッジトン大都市圏

アトランティックシティ・ハモントン大都市圏[7]

ドーバー大都市圏

オーシャンシティ大都市圏

デラウェア・バレーのレナペ族インディアンがウェスト・フィラデルフィアが自分たちの故郷であると主張するステッカー
レディング・ターミナルのバセットのアイスクリーム店

特徴[編集]

デラウェア・バレーには多様な人種と民族が住んでいる。アイルランド系アメリカ人ドイツ系アメリカ人ウクライナ系アメリカ人イタリア系アメリカ人ポーランド系アメリカ人アフリカ系アメリカ人(フィラデルフィア市の場合は人口の40%以上がアフリカ系である)、アジア系アメリカ人(中国系、インド系、韓国系、ベトナム系)、アルメニア系アメリカ人、アラブ系アメリカ人、トルコ系アメリカ人がおり、さらにパキスタン系やイスラエル系までいる。ユダヤ系アメリカ人は様々な民族と宗教の社会がある。またヒスパニックおよびラテン系アメリカ人も多い。ヒスパニック系としてプエルトリコ人が圧倒的に多いが、ドミニカメキシコの出身者もいる[8]。また西インド諸島出身者も多い。アメリカ・インディアンは少ないが、ウェスト・フィラデルフィア地区にはレニ・レナペ族の「レナペホーキング」と呼ばれる社会がある。

フィラデルフィア市の郊外にはショッピングモールが多く、その中でも大きなものは少なくとも500万平方フィート (460,000 m2) のオフィススペースと60万平方フィート (56,000 m2) の小売スペースがある。小売スペースでは国内最大であるキング・オブ・プルシアのキング・オブ・プルシア・モールや、東海岸では最初の屋内型モールとなったニュージャージー州チェリーヒル・タウンシップにあるチェリーヒル・モールである。モール、オフィスビル、商店街、自動車専用道、住宅地が、うねりのある丘陵地、農地、森林、湿地に置き換わりつつある。しかし住民や政治家からの開発に対する強い反対もあって、デラウェア・バレーでも多くの土地が保護されている。ペンシルベニア州のチェルトナムノリスタウン、ジェンキンタウン、アッパーダービーウェストチェスターなど古いタウンシップやボロは、郊外地に囲まれながらはっきりした特徴のある町を保持している。成長速度が高いのは、チェスター郡、モンゴメリー郡、バックス郡、グロスター郡である。ペンシルベニア州デラウェア郡のアッパーダービーは国内最大のタウンシップである。

フィラデルフィア市以外の主要都市でも雇用機会が増えていることで、多様な民族がおり、増加している。ニューヨーク市は約90マイル (144 km) 離れているだけであり、車なら1時間半で行ける。ワシントンD.C.も約140マイル (224 km) 離れ、車なら2.5時間で移動できる。

気候[編集]

デラウェア・バレーは四季がはっきりしており、降水量も豊富である。フィラデルフィアとニュージャージー州の大半、デラウェア州とメリーランド州のほとんど全部、デラウェア郡の一部、バックス郡とチェスター郡の最南部は温暖湿潤気候ケッペンの気候区分Cfa)にある。デラウェア・バレーの残り部分は夏が厚い湿潤大陸性気候 (Dfa) にある。降雪量は年によって大きく変化し、また地域全体でも差がある。地域内のスキー場は2か所のみである。バークス郡東部にあるベア・クリーク・スキーとレクリエーション地域と、モンゴメリー郡中央部のスプリング山である。

1月の等温線 -3 °C で温暖湿潤気候と湿潤大陸性気候を分けることができる。バークス郡の高地のみは月間気温がすべて 22 °C 以下であり、大陸性気候 (Dfb) となる。

植民地時代の歴史[編集]

デラウェア・バレーはサスケハノック族やレナペ族インディアンの領土だった。彼らの言葉が地域の多くの地名に使われている。1609年にオランダ人デラウェア湾を探検した後に、ニューネーデルラントの一部となった。オランダ人はデラウェア川を「ズイド川」あるいは南の川と呼び、デラウェア川とデラウェア湾に沿った土地をニューネーデルラントの南限としていた。1638年、スウェーデン人フィンランド人ワロン人が入植を始め、ニュースウェーデン植民地の一部になった。これおオランダ帝国が公式に認知したわけではなく、1655年には支配権を取り戻した。1664年、イングランドがオランダから地域の支配権を取り上げた[22]

デラウェアという名前は、1610年にバージニア植民地ジェームズタウンに到着していた第3代デ・ラ・ウォー男爵トマス・ウェストにちなむものであり、その時は初期開拓者が植民地を放棄しようとしていたときであり、デ・ラ・ウォー男爵は北アメリカ大陸におけるイングランドの地歩を維持することになった。

交通[編集]

デラウェア・バレーの多くの住民が、自動車専用道や鉄道を使ってフィラデルフィア、カムデン、ウィルミントンでの仕事のために通勤している。ある郊外地から別の郊外地への通勤もよくあることであり、キング・オブ・プルシア、フォートワシントン、チェリーヒル、プリマスミーティングなどの新しい商業中心地にオフィスパークが出現している。

通勤鉄道[編集]

フィラデルフィアの30番通り駅南東ペンシルベニア交通局アムトラックが利用できる
  • 南東ペンシルベニア交通局地域鉄道(SEPTA)
    • 空港線、フィラデルフィアの中心部とフィラデルフィア国際空港(フィラデルフィア郡とデラウェア郡に跨る)を結ぶ
    • ウィルミントン/ニューアーク線、チェスター市やデラウェア郡を通って、ウィルミントンとを結ぶ
    • ウォーミンスター線、モンゴメリー郡南東部とバックス郡のウォーミンスターを結ぶ
    • 西トレントン線、フィラデルフィアの中心部と北のトレントンを結び、モンゴメリー郡とバックス郡を通り、ジェンキンタウンとヤードリーの間を通る。終着駅はニュージャージー州のユーイング
    • メディア/エルウィン線、フィラデルフィアとデラウェア郡中央部を結ぶ
    • パオリ/ソーンデール線、フィラデルフィアと裕福なメインライン地域およびコーツビルに近いチェスター郡西部を結ぶ
    • ランスデール/ドイルズタウン線、フィラデルフィアとモンゴメリー郡中央部のランスデール、バックス郡のドイルズタウンを結ぶ
    • マナユンク/ノリスタウン線、フィラデルフィアとモンゴメリー郡のコンショホッケンとノリスタウンを結ぶ
    • キンウィッド線、フィラデルフィアとフィラデルフィア/モンゴメリー郡線のバラ・キンウィッドを結ぶ
    • トレントン線、フィラデルフィアとトレントンを結ぶ、バックス郡を通る
    • フォックスチェイス線、フィラデルフィア中心部と市内のフォックスチェイス地域を結ぶ
    • チェスナットヒルイースト線とチェスナットヒルウェスト線、フィラデルフィア中心部と市内チェスナットヒル地域を結ぶ
  • ニュージャージー・トランジット
    • アトランティックシティ線、フィラデルフィアとアトランティックシティを結ぶ、リンデンウォルドでPATCO高速線と接続
    • リバー線、カムデンとトレントンを結び、デラウェア川の東岸を走る
  • MARC(メリーランド地域通勤鉄道)
    • ペン線、ペリービルとボルチモアおよびワシントンD.C.とを結ぶ、将来はニューアークでSEPTAと接続する
  • PATCO(港湾局交通公社)、フィラデルフィアとリンデンウォルドを結び、ニュージャージー・トランジットのアトランティックシティ線と接続

主要高規格道路[編集]

スクーカル・イクスプレスウェイ

ペンシルベニア州

  • I-76.svg 州間高速道路76号線(スクーカル・イクスプレスウェイ)
  • I-78.svgUS 22.svg 州間高速道路78号線/アメリカ国道22号線
  • I-95.svg 州間高速道路95号線(デラウェア・イクスプレスウェイ)
  • I-176.svg 州間高速道路176号線
  • I-76.svgI-276.svgPennsylvania Turnpike logo.svg州間高速道路76号線/276号線/ペンシルベニア・ターンパイク
  • I-476.svg 州間高速道路476号線(ブルー・ルート)
  • I-476.svgPennsylvania Turnpike logo.svg州間高速道路476号線/ペンシルベニア・ターンパイク北東延伸部
  • I-676.svgUS 30.svg 州間高速道路676号線/アメリカ国道30号線(バイン通りイクスプレスウェイ)
  • US 1.svg アメリカ国道1号線(リンカーン・イクスプレスウェイ/ルーズベルト大通り/シティライン・アベニュー/ケネット・オックスフォード・バイパス)
  • US 13.svg アメリカ国道13号線
  • US 30.svg アメリカ国道30号線(ランカスター・アベニュー/リンカーン・ハイウェイ
  • US 202.svg アメリカ国道202号線
  • US 222.svg アメリカ国道222号線(アウター・バイパス/シリントン・バイパス)
  • US 322.svg アメリカ国道322号線
  • US 422.svg アメリカ国道422号線(ポッツタウン・イクスプレスウェイ/ウェストショア・バイパス)
  • PA-12.svg ペンシルベニア州道12号線(ウォーレン通りバイパス)
  • PA-61.svg ペンシルベニア州道61号線(センター・アベニュー)
  • PA-63.svg ペンシルベニア州道63号線(ウッドヘイブン道路/ウェルシュ道路)
  • PA-100.svg ペンシルベニア州道100号線
  • PA-309.svg ペンシルベニア州道309号線(フォートワシントン・イクスプレスウェイ/セラーズビル・スーダートン・バイパス)
  • PA-611.svg ペンシルベニア州道611号線(ドイルズタウン・バイパス)

ニュージャージー州

  • New Jersey Turnpike Shield.svg ニュージャージー・ターンパイク
  • GSPkwy Shield.svg ガーデン・ステイト公園道路
  • Atlantic City Expressway.svg アトランティックシティ・イクスプレスウェイ
  • I-76.svg 州間高速道路76号線
  • I-295.svg 州間高速道路295号線
  • I-676.svg 州間高速道路676号線(ノース・サウス・フリーウェイ)
  • US 9.svg アメリカ国道9号線
  • US 30.svg アメリカ国道30号線
  • US 40.svg アメリカ国道40号線
  • US 130.svg アメリカ国道130号線
  • US 206.svg アメリカ国道206号線
  • US 322.svg アメリカ国道322号線
  • Ellipse sign 42.svg ニュージャージー州道42号線(ノース・サウス・フリーウェイ)
  • Ellipse sign 55.svg ニュージャージー州道55号線
  • Ellipse sign 70.svg ニュージャージー州道70号線
  • Ellipse sign 73.svg ニュージャージー州道73号線
  • Ellipse sign 90.svg ニュージャージー州道90号線

デラウェア州

  • I-95.svgDelaware Turnpike logo.png 州間高速道路95号線/デラウェア・ターンパイク
  • I-295.svg 州間高速道路295号線
  • I-495.svg 州間高速道路495号線
  • US 13.svg アメリカ国道13号線
  • US 40.svg アメリカ国道40号線
  • US 113.svg アメリカ国道113号線
  • US 202.svg アメリカ国道202号線
  • US 301.svg アメリカ国道301号線
  • Elongated circle 1.svg デラウェア州道1号線
  • Elongated circle 141.svg デラウェア州道141号線

メリーランド州

デラウェア川の橋

ベンジャミン・フランクリン橋
  • ニューホープ・ランバートビル橋[23]
  • スカッダー・フォールズ橋(無料)
  • デラウェア川ターンパイク有料橋
  • バーリントン・ブリストル橋
  • タコニー・パルミラ橋
  • ベッツィ・ロス橋
  • ベンジャミン・フランクリン橋
  • ウォルト・ホイットマン橋
  • コモドア・バリー橋
  • デラウェア記念橋

空港[編集]

  • フィラデルフィア国際空港 (PHL)
  • 北東フィラデルフィア空港 (PNE)
  • ニューカッスル空港 (ILG)
  • レディング地域空港 (RDG)
  • アトランティックシティ国際空港 (ACY)

高等教育機関[編集]

デラウェア州[編集]

  • デラウェア芸術・デザイン・カレッジ
  • デラウェア州立大学
  • ゴールディ・ビーコム・カレッジ
  • デラウェア大学
  • ウェズリー・カレッジ
  • ワイドナー大学法学校
  • ウィルミントン大学

ニュージャージー州[編集]

  • ストックトン大学
  • ローワン大学
  • ラトガース法学校カムデン校
  • ラトガース大学カムデン校
  • ニュージャージー医科歯科大学(南ジャージーの分校)

ペンシルベニア州[編集]

  • オルブライト大学
  • アルバーニア大学
  • アーカディア大学
  • ブライン・モウワ・カレッジ
  • カブリニ・カレッジ
  • ケアン大学
  • チェスナットヒル・カレッジ
  • チェイニー大学
  • カーティス音楽学校
  • デラウェア・バレー大学
  • デブリー大学
  • ドレクセル大学
  • イースタン大学
  • グウィネッド・マーシー・カレッジ
  • ハーカム・カレッジ
  • ハバフォード大学
  • ホリーファミリー大学
  • イマキュラタ大学
  • クツターウン大学
  • ラ・サール大学
  • リンカーン大学
  • マナー・カレッジ
  • ムーア芸術・デザイン・カレッジ
  • ニューマン大学
  • パース・カレッジ
  • ペンシルベニア州立大学アビントン校
  • ペンシルベニア州立大学バークス校
  • ペンシルベニア州立大学ブランディワイン校
  • ペンシルベニア州立大学グレートバレー校
  • フィラデルフィア整骨医学カレッジ
  • フィラデルフィア大学
  • ローズモント・カレッジ
  • セントジョセフ大学
  • スワースモア大学
  • テンプル大学
  • トマス・ジェファーソン大学
  • ペンシルベニア大学
  • 芸術大学(フィラデルフィア)
  • 科学大学(フィラデルフィア)
  • アーサイナス大学
  • バレーフォージ・クリスチャン・カレッジ
  • バレーフォージ陸軍アカデミー
  • ビラノバ大学
  • ウェストチェスター大学
  • ウェストミンスター神学校
  • ワイドナー大学

文化[編集]

スポーツチーム[編集]

シティズンズ・バンク・パーク、フィラデルフィア・フィリーズの本拠地

下記はデラウェア・バレーを本拠とするプロスポーツ・チームである

メディア[編集]

デラウェア・バレーでの主要新聞は「フィラデルフィア・インクワイアラー」と「フィラデルフィア・デイリーニューズ」の2紙である。どちらもフィラデルフィア・メディア・ネットワークが所有している。テレビ局は全国ネットの系列局など8局を視聴できる。ラジオ局は多くのものがある。

市外局番[編集]

  • 215/267: フィラデルフィア市とその北部郊外
  • 610/484: フィラデルフィア以外のペンシルベニア州南東部、西部郊外、リーハイ・バレー、バークス郡の大半を含む
  • 856: ニュージャージー州南西部、カムデン、チェリーヒル、バインランドを含む
  • 609: ニュージャージー州中央部と南東部、トレントン、アトランティックシティ、ジャージーショアを含む
  • 302: デラウェア州
  • 410/443/667: メリーランド州東半分、セシル郡を含む
  • 717: ペンシルベニア州南中部、バークス郡の西部を含む

関連項目[編集]

注釈[編集]

  1. ^ フィラデルフィアにおける気温と降水量の公式記録は気象庁(Weather Bureau Office)によって1872年1月から1940年6月19日までダウンタウンで、1940年6月20日以降はフィラデルフィア国際空港で観測されたものである[9]。降雪量や積雪量の記録はそれぞれ1884年1月1日と1948年10月1日の記録である[10]。2006年、降雪量の観測場所は空港からデラウェア川を跨いだニュージャージー州ナショナルパーク英語版に移動した[11]
  2. ^ アトランティックシティの気象台は1874年1月から1958年6月15日までダウンタウンにある気象庁にあったが1958年6月16日以降はエッグハーバータウンシップ英語版にあるアトランティックシティー国際空港(ACY)に移転している[14]。ACYがあるパインバレンズ英語版とアトランティックシティのダウンタウンにある海岸やヒートアイランドから離れた場所はダウンタウンと比べて夜は気温が顕著に低い場所が大半を占める。例として、1959年から2013年にかけて0 °F (−18 °C)以下だった日が年に約50日あったがダウンタウンでは2日しかなかった。1958-59年の冬の後、アメリカ国立気象局はダウンタウンでの定期的な降雪量観測を中止している。

脚注[編集]

  1. ^ Blue Mountain-Berks County High Point, Pennsylvania”. 2014年1月5日閲覧。
  2. ^ Thomas, G. Scott (2011年3月7日). “Houston 5th in metro population rankings, study shows”. http://www.bizjournals.com/houston/news/2011/03/07/houston-5th-in-metro-population.html 
  3. ^ Metro area populations (as of March 7, 2011), Business First, March 22, 2011.
  4. ^ Annual Metropolitan and Micropolitan Statistical Area Estimates[リンク切れ]
  5. ^ a b c OMB BULLETIN NO. 13-01”. Office of Management and Budget (2013年2月28日). 2013年10月31日閲覧。
  6. ^ a b c OMB BULLETIN NO. 09-01
  7. ^ http://www.whitehouse.gov/sites/default/files/omb/bulletins/2013/b13-01.pdf
  8. ^ “Dominicans in the Delaware Valley”. Medgar Evers College. オリジナル2011年2月16日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110216230807/http://projectshine.org/philly/dominicans 2010年5月13日閲覧。 
  9. ^ ThreadEx
  10. ^ a b NowData - NOAA Online Weather Data”. National Oceanic and Atmospheric Administration. 2011年12月14日閲覧。
  11. ^ Snow total at airport gets a boost A new measuring station and technique likely contributed to two 8-inch-plus readings”. Philly.com. The Inquirer. 2014年6月10日閲覧。
  12. ^ Station Name: PA PHILADELPHIA INTL AP”. National Oceanic and Atmospheric Administration. 2014年3月13日閲覧。
  13. ^ WMO Climate Normals for PHILADELPHIA/INT'L ARPT PA 1961–1990”. National Oceanic and Atmospheric Administration. 2014年3月11日閲覧。
  14. ^ Threadex
  15. ^ Station Name: NJ ATLANTIC CITY”. National Oceanic and Atmospheric Administration. 2013年3月30日閲覧。
  16. ^ Station Name: NJ ATLANTIC CITY INTL AP”. National Oceanic and Atmospheric Administration. 2014年3月14日閲覧。
  17. ^ a b NowData – NOAA Online Weather Data”. National Oceanic and Atmospheric Administration. 2014年5月3日閲覧。
  18. ^ WMO Climate Normals for ATLANTIC CITY, NJ 1961–1990”. National Oceanic and Atmospheric Administration. 2014年3月11日閲覧。
  19. ^ Average weather for Doylestown Weather Channel Retrieved May 12, 2008
  20. ^ Climate Statistics for Reading, Pennsylvania”. 2012年3月10日閲覧。
  21. ^ Station Name: DE DOVER”. National Oceanic and Atmospheric Administration. 2013年2月28日閲覧。
  22. ^ * Family Search.com: Map of Delaware Valley in 17th century showing forts & settlements with date of founding
  23. ^ アーカイブされたコピー”. 2015年2月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年2月25日閲覧。

参考文献[編集]

  • Mark L. Thompson, The Contest for the Delaware Valley: Allegiance, Identity, and Empire in the Seventeenth Century. Baton Rouge, LA: Louisiana State University Press, 2013.

外部リンク[編集]

座標: 北緯39度52分37秒 西経75度19分23秒 / 北緯39.877度 西経75.323度 / 39.877; -75.323