ケープメイ郡 (ニュージャージー州)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ニュージャージー州ケープメイ郡
ケープメイ郡の位置を示したニュージャージー州の地図
郡のニュージャージー州内の位置
ニュージャージー州の位置を示したアメリカ合衆国の地図
州のアメリカ合衆国内の位置
設立 1685年
郡庁所在地 ケープメイコートハウス
最大の都市 ローワー・タウンシップ
面積
 - 総面積
 - 陸
 - 水

1,607 km2 (620.42 mi2)
651 km2 (251.42 mi2)
956 km2 (368.99 mi2), 59.47%
人口
 - (2010年)
 - 密度

97,265[1]
147.3人/km2 (382人/mi2)
標準時 東部: UTC-5/-4
ウェブサイト www.co.cape-may.nj.us

ケープメイ郡: Cape May County)は、アメリカ合衆国ニュージャージー州の南端に位置するである。2010年国勢調査での人口は97,265人であり、2000年の102,326人から4.9%減少した[2]郡庁所在地はミドル・タウンシップに属する国勢調査指定地域であるケープメイコートハウス(人口5,338人[3])であり、同郡で人口最大の自治体はローワー・タウンシップ(人口22,866人[4])である。

ケープメイ郡はオーシャンシティ大都市圏に属し[5]、またデラウェア・バレー広域都市圏に入っている。

地理[編集]

ジャージー海岸にあるメイ岬の夕陽

郡の大半はデラウェア湾に突き出た半島にある。平坦であり、海岸に面している。郡内標高の最低地点は海面であり、最高地点は郡北部隅にあるベルプレーン州有林の3か所であり、海抜約60フィート (18.2 m) である。

アメリカ合衆国国勢調査局に拠れば、郡域全面積は620.42平方マイル (1,606.9 km2)であり、このうち陸地251.42平方マイル (651.2 km2)、水域は368.99平方マイル (955.7 km2)で水域率は59.47%である[6]

気候[編集]

ケープメイ郡はニュージャージー州の南端にあり、冬はかなり温暖である。対照的に夏は州内他地域に比べて気温が低く、暑熱を逃れる場所として人気がある。植物耐寒性区分ではバージニア州海岸部と同じ7a/7bにあり、湿潤で温暖である。昔からイチイ、ツゲ、サトウカエデなど北東部の植生を育てるのに適している。冬に暖かいので、シュロやヤシなど耐寒性のヤシが景観にマッチしている。これらの植物はサンディフックからメイ岬までニュージャージー州の海岸部に長年生き残ってきた。ワイン用ブドウの栽培にも適しており、年間の生育期間が長い。ワイン産業が成長しており、ブドウ園と醸造所が4か所運営されている。また造成中のものも3か所ある。以前はライマメの生産が盛んだったが、急速にブドウに置き換えられている。

ケッペンの気候区分では、ニュージャージー州に典型的な温暖湿潤気候("Cfa") にあり、温かい夏と寒い冬が特徴である。

郡庁所在地ケープメイコートハウスにおける近年の平均気温は、1月の22°F (-6 ℃) から7月の85°F (29 ℃) まで変化している。過去最低気温は1942年1月に記録された-22°F (-30 ℃)、過去最高気温は1993年7月に記録された103°F (39 ℃) だった。月間平均降水量は6月の2.91インチ (74 mm) から8月の4.68インチ (119 mm) までの変化がある[7]

ケープメイコートハウス
雨温図説明
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
 
 
3.5
 
42
22
 
 
3.1
 
45
24
 
 
4.5
 
53
30
 
 
4
 
64
39
 
 
3.7
 
73
47
 
 
2.9
 
80
58
 
 
4
 
85
64
 
 
4.7
 
82
62
 
 
4
 
77
54
 
 
3.9
 
66
43
 
 
3.6
 
57
34
 
 
3.4
 
46
26
気温(°F
総降水量(in)
出典:The Weather Channel[7]

隣接する郡[編集]

国立保護地域[編集]

  • ケープメイ国立野生生物保護区

人口動態[編集]

人口推移
人口
1790 2,571
1800 3,066 19.3%
1810 3,632 18.5%
1820 4,265 17.4%
1830 4,936 15.7%
1840 5,324 7.9%
1850 6,433 20.8%
1860 7,130 10.8%
1870 8,349 17.1%
1880 9,765 17.0%
1890 11,268 15.4%
1900 13,201 17.2%
1910 19,745 49.6%
1920 19,460 −1.4%
1930 29,486 51.5%
1940 28,919 −1.9%
1950 37,131 28.4%
1960 48,555 30.8%
1970 59,554 22.7%
1980 82,266 38.1%
1990 95,089 15.6%
2000 102,326 7.6%
2010 97,265 −4.9%
2012(推計) 96,304 [8][9] −1.0%
Historical data sources: 1790-1990[10]
1790-1920[11] 2000-2010[12]

以下は2010年国勢調査による人口統計データである。( )内に2000年データを示す。

基礎データ

  • 人口: 97,265人 (102,326人)
  • 世帯数: 40,812 世帯 (42,148 世帯)
  • 家族数: 25,956 家族 (27,354 家族)
  • 人口密度: 149.4人/km2(386.9人/mi2)(155, 401)
  • 住居数: 98,309軒 (91,047軒)
  • 住居密度: 151軒/km2(391軒/mi2)(138, 357)

人種別人口構成

先祖による構成(2000年データ[13]

  • アイルランド系:23.0%
  • イタリア系:16.7%
  • ドイツ系:15.9%
  • イギリス系:9.4%
  • アメリカ人:5.8%

年齢別人口構成

  • 18歳未満:18.9% (22.3%)
  • 18-24歳: 18.8% (6.4%)
  • 25-44歳: 20.1% (25.5%)
  • 45-64歳: 31.6% (25.6%)
  • 65歳以上: 21.6% (20.2%)
  • 年齢の中央値: 47歳 (42歳)
  • 性比(女性100人あたり男性の人口)
    • 総人口: 94.6 (92.6)
    • 18歳以上: 92.4 (88.8)

世帯と家族(対世帯数)

  • 18歳未満の子供がいる: 21.6% (26.1&)
  • 結婚・同居している夫婦: 48.3% (50.5%)
  • 未婚・離婚・死別女性が世帯主: 11% (10.9%)
  • 非家族世帯: 36.4% (35.1%)
  • 単身世帯: 31.2% (30.2%)
  • 65歳以上の老人1人暮らし: 15.5% (14.7%)
  • 平均構成人数
    • 世帯: 2.32人 (2.36人)
    • 家族: 2.89人 (2.94人)

収入[編集]

収入と家計(2000年データ)

  • 収入の中央値
    • 世帯: 41,591米ドル
    • 家族: 51,402米ドル
    • 性別
      • 男性: 39,340米ドル
      • 女性: 27,621米ドル
  • 人口1人あたり収入: 24,172米ドル
  • 貧困線以下
    • 対人口: 8.6%
    • 対家族数: 6.4%
    • 18歳未満: 11.7%
    • 65歳以上: 7.3%

郡政府[編集]

ケープメイ郡は5人の委員で構成される郡政委員会が統治している(ニュージャージー州では "Board of Chosen Freeholders" と呼ばれる)。委員は郡全体を選挙区に党派選挙で選ばれ、任期は3年間である。毎年1人または2人が改選される。

州憲法で定められる郡役人としては、郡保安官、検認判事、郡事務官の3人が選挙で選ばれている。

アメリカ合衆国下院議員では、ニュージャージー州第2選挙区がケープメイ郡全体が入っている[14]。2013年時点では共和党員を選出している。

政治[編集]

ニュージャージー州全体は民主党を支持する傾向にあるが、ケープメイ郡は共和党支持である。2008年アメリカ合衆国大統領選挙では、共和党のジョン・マケインが、民主党のバラク・オバマに8.6%の差を付けて郡を制した。ただし、州全体ではオバマが15.5%の差を付けて勝利した[15]。ニュージャージー州議会では第1選挙区にあり[16]、2013年時点では、上院1人、下院2人の全て民主党が独占している[17]

経済[編集]

ケープメイ郡には、デラウェア湾と大西洋の間の海浜があるので、観光業が主要産業である。夏の観光シーズンには(伝統的に5月のメモリアルデイから、9月のレイバーデイまで)、観光客数と地元住民の比率が9対1になる。商業漁業も重要な産業である。2005年の水揚げ高は6,810万米ドルとなり、国内第5位だった。2009年には7,370万米ドルとなり、国内第4位の座をうかがっていた[18]。水揚げ重量では9,750万ポンド (4,400 トン) となり、国内第13位である[19]

都市と町[編集]

ケープメイ郡には下記の自治体がある。国勢調査指定地域と未編入の町はその所属するタウンシップの下に挙げる。名称の後の数字は右図の番号である。

ケープメイ郡の自治体
夜のワイルドウッド市
  • アバロン・ボロ、9
  • ケープメイポイント・ボロ1
  • ケープメイ市、3
  • デニス・タウンシップ、14
    • デニスビル
    • オーシャンビュー
    • サウスデニス
  • ローワー・タウンシップ、16
    • ダイアモンドビーチ
    • アーマ
    • ノースケープメイ
    • ビラス
  • ミドル・タウンシップ、15
  • ノースワイルドウッド市、7
  • オーシャンシティ、11
  • シーアイルシティ、10
  • ストーンハーバー・ボロ、8
  • アッパー・タウンシップ13
    • ビーズリーズポイント
    • マーモラ
    • ストラスミア
    • タッカホー
  • ウェストケープメイ・ボロ、2
  • ウェストワイルドウッド・ボロ、6
  • ワイルドウッドクレスト・ボロ、5
  • ワイルドウッド市、4
  • ウッドバイン・ボロ、12

教育[編集]

1964年に設立されたアトランティック・ケープ・コミュニティカレッジが、メイズランディングとケープメイコートハウスにキャンパスを置いており、アトランティック郡とケープメイ郡の学生を受け入れている。

ニュージャージー州立大学であるラトガース大学がアトランティック・ケープ・コミュニティカレッジと提携し、メイズランディングのキャンパスで学士課程を教えている。

ワイン醸造所[編集]

  • ケープメイ・ワイナリー & ビニヤード
  • ホークヘイブン・ビニヤード & ワイナリー
  • ジェシークリーク・ワイナリー
  • ナタリ・ビニヤード
  • タード・ビニヤード & ワイナリー
  • ウィロウクリーク・ワイナリー

著名な出身者[編集]

脚注[編集]

  1. ^ DP1 - Profile of General Population and Housing Characteristics: 2010 Demographic Profile Data for Cape May County, New Jersey, United States Census Bureau. Accessed January 21, 2013.
  2. ^ Quickfacts.census.gov - Cape May County - accessed 2011-12-06.
  3. ^ Quickfacts.census.gov - Cape May Court House, New Jersey - accessed 2011-12-06.
  4. ^ DP-1 - Profile of General Population and Housing Characteristics: 2010 for Lower township, Cape May County, New Jersey, United States Census Bureau. Accessed July 16, 2012.
  5. ^ May 2012 Metropolitan and Nonmetropolitan Area Definitions, Bureau of Labor Statistics. Accessed May 29, 2013.
  6. ^ Census 2010 U.S. Gazetteer Files: Counties”. United States Census. 2013年4月13日閲覧。
  7. ^ a b Monthly Averages for Cape May Court House, New Jersey”. The Weather Channel. 2012年10月13日閲覧。
  8. ^ PEPANNRES: Annual Estimates of the Resident Population: April 1, 2010 to July 1, 2012 - 2012 Population Estimates for New Jersey, United States Census Bureau. Accessed March 14, 2013.
  9. ^ State & County QuickFacts for Cape May County, New Jersey, United States Census Bureau. Accessed March 14, 2013.
  10. ^ Forstall, Richard L. Population of states and counties of the United States:1790 to 1990 from the twenty-one decennial censuses, pp. 108-109, United States Bureau of the Census, Population Division, 1996. ISBN 0934213488. Accessed July 18, 2013.
  11. ^ Compendium of censuses 1726-1905: together with the tabulated returns of 1905, New Jersey Department of State, 1906. Accessed July 18, 2013.
  12. ^ The Counties and Most Populous Cities and Townships in 2010 in New Jersey: 2000 and 2010”. U.S. Census Bureau (2011年2月3日). 2011年2月5日閲覧。
  13. ^ DP-1 - Profile of General Demographic Characteristics: 2000; Census 2000 Summary File 1 (SF 1) 100-Percent Data for Cape May County, New Jersey, United States Census Bureau. Accessed January 21, 2013.
  14. ^ 2012 Congressional Districts by County, New Jersey Department of State, Division of Elections. Accessed July 18, 2013.
  15. ^ 2008 Presidential General Election Results
  16. ^ 2011 Legislative Districts by County, New Jersey Department of State, Division of Elections, June 2011. Accessed July 18, 2013.
  17. ^ Legislative Roster 2012-2013 Session, New Jersey Legislature. Accessed July 18, 2013.
  18. ^ [1]
  19. ^ [2]
  20. ^ Dorwart, Jeffrey M. (1992). Cape May County, New Jersey: the Making of an American Resort Community. Rutgers University Press. p. 83. ISBN 0-8135-1784-2. 

外部リンク[編集]

座標: 北緯39度05分 西経74度52分 / 北緯39.08度 西経74.86度 / 39.08; -74.86