モンツアー郡 (ペンシルベニア州)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ペンシルベニア州モンツアー郡
モンツアー郡の位置を示したペンシルベニア州の地図
郡のペンシルベニア州内の位置
ペンシルベニア州の位置を示したアメリカ合衆国の地図
州のアメリカ合衆国内の位置
設立 1850年5月3日
郡名の由来 アンドリュー・モンツアー
郡庁所在地 ダンビル
最大の都市 ダンビル
面積
 - 総面積
 - 陸
 - 水

342 km2 (132 mi2)
339 km2 (131 mi2)
5 km2 (2 mi2), 1.17%
人口
 - (2010年)
 - 密度

18,267人
53.8人/km2 (139人/mi2)
標準時 東部: UTC-5/-4
ウェブサイト www.montourco.org

モンツアー郡: Montour County)は、アメリカ合衆国ペンシルベニア州の中央部東に位置するである。2010年国勢調査での人口は18,267人であり、2000年の18,236人から0.2%増加した[1]郡庁所在地ダンビル・ボロ(人口4,699人[2])であり、同郡で人口最大の町でもある。郡名はアンドリュー・モンツアーに因んで名付けられた[3]。モンツアーはフレンチ・インディアン戦争のときにジョージ・ワシントンに仕えた著名なメティの通訳だった。

モンツアー郡はブルームズバーグ・バーウィック小都市圏に属している。

地理[編集]

ダンビルにあるモンツアー郡庁舎

アメリカ合衆国国勢調査局に拠れば、郡域全面積は132平方マイル (352 km2)であり、このうち陸地131平方マイル (369 km2)、水域は2平方マイル (4 km2)で水域率は1.17%である[4]。州内で面積最少の郡である。土地の45%は森林である。全域がサスケハナ川流域に入っている。主要河川にはチリスカク・クリークとマホニング・クリークがある[5]

地質[編集]

モンツアー郡はアパラチア山脈のリッジ・アンド・バレー地理区分に位置している。領域の65%は排水が良好である。マンシーヒルズが北部にあり、モンツアーリッジが南部のサスケハナ川から遠くない位置にある。モンツアーリッジには標高1,425フィート (434 m) の郡内最高地点もある。最低地点はサスケハナ川沿いの標高440フィート (134 m) である[5]

郡内の堆積岩は、デボン紀あるいはシルル紀のものである。デボン紀の岩はシルル紀のものより多く見られ、郡域の3分の2を構成している。マンシーヒルズや郡南部の低地に多く見られる。デボン紀の岩はキャッツキル層、マーセラス・シェール、ヘルダーバーグ層、マハンタンゴ層、オリスカニー層、マリーンベッド、オノンダガ層を含んでいる。残り3分の1はシルル紀のものである。モンツアーリッジやワシントンビル北西に隣接ルバレーや丘陵に見られる。ウィリスクリーク層、トノロウェイ層、ブルームズバーグ層、タスカローラ層、クリントングループ、マッケンジー層を含んでいる[5]

郡内に背斜向斜が3つある。ホワイトディア背斜、ラッカワナ向斜、ミルトン背斜である。それぞれ郡の北部、中部、モンツアーリッジにある。北東から南西に並んでいる。約2億年前のペルム紀に圧迫と隆起で形成された。更新世にイリノイ氷河がモンツアー郡領域に達したが、ウィスコンシン氷河はその僅か手前で止まった。郡内河川の多くで、特に2つの水流が合流する所で、沖積層がある。これら堆積物は地質年代では比較的新しいものである[5]

郡内の水資源は主にサスケハナ川からであるが、井戸や泉もある。田園部は井戸に頼っているが、ダンビルはサスケハナ川の水を使っている。シルル紀の岩に掘られた井戸は硬度が高い傾向にあり、陥没穴を形成しやすい。しかし、カイザー、ウィルズクリーク、トノロウェイ層は水を生産するには良好と見られている[5]

主要高規格道路[編集]

  • I-80.svg 州間高速道路80号線
  • PA-11.svg ペンシルベニア州道11号線
  • PA-44.svg ペンシルベニア州道44号線
  • PA-45.svg ペンシルベニア州道45号線
  • PA-54.svg ペンシルベニア州道54号線
  • PA-254.svg ペンシルベニア州道254号線
  • PA-642.svg ペンシルベニア州道642号線

隣接する郡[編集]

人口動態[編集]

人口推移
人口
185013,239
186013,053−1.4%
187015,34417.6%
188015,4680.8%
189015,6451.1%
190015,526−0.8%
191014,868−4.2%
192014,080−5.3%
193014,5173.1%
194015,4666.5%
195016,0013.5%
196016,7304.6%
197016,508−1.3%
198016,6751.0%
199017,7356.4%
200018,2392.8%
201018,2670.2%
[6][7]

以下は2000年国勢調査による人口統計データである。

基礎データ

  • 人口: 18,236人
  • 世帯数: 7,085 世帯
  • 家族数: 4,817 家族
  • 人口密度: 54人/km2(140人/mi2
  • 住居数: 7,627 軒
  • 住居密度: 23軒/km2(58軒/mi2

人種別人口構成

先祖による構成

  • ドイツ系:33.2%
  • アメリカ人:13.2%
  • アイルランド系:8.1%
  • イギリス系:6.6%
  • イタリア系:5.7%
  • ポーランド系:5.6%

年齢別人口構成

  • 18歳未満: 24.4%
  • 18-24歳: 6.4%
  • 25-44歳: 28.2%
  • 45-64歳: 24.0%
  • 65歳以上: 17.1%
  • 年齢の中央値: 40歳
  • 性比(女性100人あたり男性の人口)
    • 総人口: 90.5
    • 18歳以上: 86.0

世帯と家族(対世帯数)

  • 18歳未満の子供がいる: 30.0%
  • 結婚・同居している夫婦: 56.3%
  • 未婚・離婚・死別女性が世帯主: 8.9%
  • 非家族世帯: 32.0%
  • 単身世帯: 28.0%
  • 65歳以上の老人1人暮らし: 12.0%
  • 平均構成人数
    • 世帯: 2.43人
    • 家族: 2.98人

都市と町[編集]

モンツアー郡の自治体、ボロは赤、タウンシップは白、国勢調査指定地域は青

ペンシルベニア州法の下では4種類の自治体がある。市、ボロ、タウンシップ、町である。

ボロ[編集]

タウンシップ[編集]

  • アンソニー
  • クーパー
  • デリー
  • リバティ
  • ライムストーン
  • マホニング
  • メイベリー
  • バレー
  • ウェストヘムロック

国勢調査指定地域[編集]

国勢調査指定地域はアメリカ合衆国国勢調査局が人口統計データを取るために設定した地域である。州法の下では実際の司法権が及ぶ範囲ではない。

  • メカニクスビル
モンツアー郡教育学区の区分図

教育[編集]

公共教育学区[編集]

  • ダンビル地域教育学区(一部はノーサンバーランド郡内)
  • ウォリアーラン教育学区(一部はノーサンバーランド郡とユニオン郡内)

私立学校[編集]

2010年4月時点で、ペンシルベニア州教育省[8]に登録される私立学校は次の通りである。

  • オルターナティブ教育プログラム - ダンビル
  • ブリージーメドウ - ダンビル[9]
  • チリスカケバレー教区学校 - ブルームズバーグ
  • カウンティライン教区学校 - ダンビル
  • クリークサイド学校[10] - ターボットビル
  • ダンビル子供開発センター - ダンビル
  • ダンビル・メノナイト学校 - ダンビル
  • デロング・オルターナティブ教育プログラム - ワシントンビル
  • ライムストーン・メノナイト教区学校 - ミルトン
  • リッジウェイ・アーミッシュ学校 - ワトソンタウン
  • セントキリル幼稚園 - ダンビル
  • セントジョセフ学校 - ダンビル
  • ラーニングツリー・チャイルドケアセンター LLC - ダンビル

図書館[編集]

  • トマス・ビーバー自由図書館 - ダンビル

経済[編集]

郡内には約350の農園がある。その大半では牛、豚を飼育し酪製品を生産している。数か所で石灰岩が採掘されている[5]

脚注[編集]

  1. ^ Quickfacts.census.gov - Montour County Archived 2011年7月15日, at WebCite - accessed 2011-12-06.
  2. ^ American FactFinder - Danville, Pennsylvania - accessed 2011-12-06.
  3. ^ Donehoo, Dr. George P. (1999) [1928] (PDF). A History of the Indian Villages and Place Names in Pennsylvania (Second Reprint Edition ed.). Lewisburg, Pennsylvania: Wennawoods Publishing. pp. 290. ISBN 1-889037-11-7. http://www.srbc.net/docs/IndianNamesDataChart.PDF 2007年3月7日閲覧. "ISBN refers to a 1999 reprint edition, URL is for the Susquehanna River Basin Commission's web page of Native American Place names, quoting and citing the book. Some older sources say the county was named for Madame Montour, Andrew's mother." 
  4. ^ Census 2010 U.S. Gazetteer Files: Counties”. United States Census. 2013年4月13日閲覧。
  5. ^ a b c d e f Joseph J. Eckenrode, Soil Survey of Montour County, Pennsylvania, http://books.google.com/books?id=gNhFAAAAYAAJ&pg=PA1&dq=%22Montour+County%22+pennsylvania&hl=en&sa=X&ei=AmrkUZjFF_Ou4APTy4G4Ag&ved=0CDMQ6AEwAQ 2013年7月15日閲覧。 
  6. ^ http://factfinder2.census.gov
  7. ^ http://mapserver.lib.virginia.edu/
  8. ^ EdNA Archived 2011年4月29日, at the Wayback Machine.
  9. ^ アーカイブされたコピー”. 2012年4月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年11月3日閲覧。
  10. ^ http://www.localschooldirectory.com/private-school/53237/PA

外部リンク[編集]

座標: 北緯41度02分 西経76度40分 / 北緯41.03度 西経76.66度 / 41.03; -76.66