モンロービル (ペンシルベニア州)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
モンロービル
—  ボロ  —
Monroeville, Pennsylvania
モンロービル歴史協会、元は教会
ペンシルベニア州におけるアレゲニー郡(左図)と、同郡におけるモンロービルの位置(赤色)
座標: 北緯40度25分52秒 西経79度45分55秒 / 北緯40.43111度 西経79.76528度 / 40.43111; -79.76528
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ペンシルベニア州の旗 ペンシルベニア州
アレゲニー郡
法人化(ボロ) 1951年1月25日
行政
 - ボロ首長 グレゴリー・エロセンコ
面積
 - 計 19.8mi2 (51.3km2)
 - 陸地 19.8mi2 (51.3km2)
 - 水面 0.016mi2 (0.026km2)
標高 735-1,320ft (224-402m)
人口 (2010年国勢調査)
 - 計 28,386人
等時帯 東部標準時 (UTC-5)
 - 夏時間 東部夏時間 (UTC-4)
ウェブサイト www.monroeville.pa.us

モンロービル: Monroeville)は、アメリカ合衆国ペンシルベニア州西部のアレゲニー郡の自治状態にあるボロである。ピッツバーグ市から東約15マイル (24 km) にあり、同大都市圏に属している住宅と商業開発が混ざった郊外地である。2010年国勢調査での人口は28,386 人だった[1]

歴史[編集]

モンロービルは、地域の初代郵便局長だったジョエル・モンローにちなんで町名が付けられ、18世紀半ばから後半に入植された。1849年、パットン・タウンシップとして法人化され、1951年1月25日になってモンロービル・ボロとなった[2]。1974年5月21日に自治ルール認証自治体となった[3]

地理[編集]

モンロービルはピッツバーグ市の郊外にあり、座標では北緯40度25分52秒 西経79度45分55秒 / 北緯40.43111度 西経79.76528度 / 40.43111; -79.76528に位置している[4]

アメリカ合衆国国勢調査局に拠れば、領域全面積は19.8平方マイル (51.3 km2)であり、このうち陸地19.8平方マイル (51.3 km2)、水域は0.016平方マイル (0.026 km2)で水域率は0.05%である

隣接する町[編集]

アレゲニー郡
  • ピトケアン・ボロ(モンロービルに囲まれている)
  • ノースバーセイルズ・タウンシップ(南西)
  • ウィルマーディング・ボロ(南西)
  • タートルクリーク・ボロ(西)
  • ウィルキンス・タウンシップ(西)
  • ペンヒルズ・タウンシップ(北西)
  • プラム・ボロ(北)
ウェストモアランド郡

人口動態[編集]

人口推移
人口
1960 22,446
1970 29,011 29.2%
1980 30,977 6.8%
1990 29,169 −5.8%
2000 29,349 0.6%
2010 28,386 −3.3%
2012(推計) 28,386 0.0%
Sources:[5][6][7][8]

2010年国勢調査に拠れば[7]、モンロービル・ボロの人口は28,386 人だった。人種構成は白人79.51%、アフリカ系アメリカ人12.58%、アジア系6.07%、その他の人種0.42%、ヒスパニック系1.41%だった。ピッツバーグ都市圏では人種的多様性の強い町である。

以下は2000年国勢調査による人口統計データである[7]

基礎データ

  • 人口: 29,349 人
  • 世帯数: 12,376 世帯
  • 家族数: 8,044 家族
  • 人口密度: 572.6人/km2(1,483.0 人/mi2
  • 住居数: 13,159 軒
  • 住居密度: 256.7軒/km2(664.9 軒/mi2

人種別人口構成

年齢別人口構成

  • 18歳未満: 20.4%
  • 18-24歳: 6.2%
  • 25-44歳: 27.4%
  • 45-64歳: 25.8%
  • 65歳以上: 20.3%
  • 年齢の中央値: 43歳
  • 性比(女性100人あたり男性の人口)
    • 総人口: 88.5
    • 18歳以上: 84.8

世帯と家族(対世帯数)

  • 18歳未満の子供がいる: 25.8%
  • 結婚・同居している夫婦: 52.7%
  • 未婚・離婚・死別女性が世帯主: 9.7%
  • 非家族世帯: 35.0%
  • 単身世帯: 30.8%
  • 65歳以上の老人1人暮らし: 12.1%
  • 平均構成人数
    • 世帯: 2.30人
    • 家族: 2.89人

収入[編集]

収入と家計

  • 収入の中央値
    • 世帯: 44,653米ドル
    • 家族: 53,474米ドル
    • 性別
      • 男性: 41,100米ドル
      • 女性: 30,232米ドル
  • 人口1人あたり収入: 24,031米ドル
  • 貧困線以下
    • 対人口: 6.6%
    • 対家族数: 4.9%
    • 18歳未満: 9.4%
    • 65歳以上: 6.1%

交通[編集]

アメリカ国道22号線が事業用道路としてモンロービルを通っている。パークウェイ・イースト(州間高速道路376号線)が東に延伸されてペンシルベニア・ターンパイクと接続されたときに、アメリカ国道22号線がその道路となり、元々の22号線はウィリアム・ペン・ハイウェイとして産業道路22号線となった。今日国道22号線がボロの主事業地区を通っている。この道路は、ペンシルベニア・ターンパイク(州間高速道路76号線)と共に、ペン・リンカーン・パークウェイ(州間高速道路376号線の国道22号線との合流部)の東部、アメリカ国道22号線産業道路、ペンシルベニア州道48号線が交差し、州内第3の繁華な交差点を形成している。ペンシルベニア・ターンパイクの出口57番(旧6番)がモンロービルにあり、州間高速道路76号線とのインターチェンジになっている。アメリカ国道22号線もボロの北東部にペンシルベニア州道286号線とのインターチェンジがある。

ピッツバーグ・モンロービル空港、別名ハロルド・W・ブラウン記念飛行場は、座標北緯40度27分08秒 西経79度46分29秒 / 北緯40.452290度 西経79.774768度 / 40.452290; -79.774768にある民間空港である。長さ2,280フィート (690 m) の舗装滑走路1本がある。

アレゲニー郡港湾局のバス路線がピッツバーグ中心街まで運行されており、またバスで通勤する者のためにパーク・アンド・ライド用駐車場数か所がボロ内にある。

ボロ政府[編集]

ボロの首長1人と立法委員会7人がボロ政府を構成している。委員はボロ内7つの小選挙区からそれぞれ1人が選ばれている[9]

教育[編集]

モンロービルの幼稚園から12年生は、公共教育学区であるゲイトウェイ教育学区が管轄する学校で教育を受けており、児童生徒数は3,800人である。高等教育機関としてはアレゲニー郡コミュニティカレッジ・ボイス・キャンパスや[10]ペンシルベニア州立インディアナ大学のペンセンター・イーストにある衛星施設を利用できる[11]。モンロービル会議場(イクスポマート)[12]とウェスタン・スクール・オブ・ヘルス・アンド・ビジネス・モンロービル校がモンロービル・ボロの中にある[13]

経済[編集]

モンロービルにはショッピングモールのモンロービル・モールがある。その他オフィスパークが数か所と[14]、1960年代以来の高層ホテルもある[15]

大衆文化の中で[編集]

著名な出身者[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Race, Hispanic or Latino, Age, and Housing Occupancy: 2010 Census Redistricting Data (Public Law 94-171) Summary File (QT-PL), Monroeville municipality, Pennsylvania”. U.S. Census Bureau, American FactFinder 2. 2011年9月21日閲覧。
  2. ^ Allegheny County - 2nd Class”. Pennsylvania Historical and Museum Commission. 2007年5月27日閲覧。
  3. ^ Information About Your Municipality”. Municipality of Monroeville. 2007年4月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年5月27日閲覧。
  4. ^ US Gazetteer files: 2010, 2000, and 1990”. United States Census Bureau (2011年2月12日). 2011年4月23日閲覧。
  5. ^ Number of Inhabitants: Pennsylvania”. 18th Census of the United States. U.S. Census Bureau. 2013年11月22日閲覧。
  6. ^ Pennsylvania: Population and Housing Unit Counts”. U.S. Census Bureau. 2013年11月22日閲覧。
  7. ^ a b c American FactFinder”. United States Census Bureau. 2008年1月31日閲覧。
  8. ^ Annual Estimates of the Resident Population”. U.S. Census Bureau. 2013年11月22日閲覧。
  9. ^ Monroeville Elected Officials”. Municipality of Monroeville. 2014年1月23日閲覧。
  10. ^ Boyce Campus Directory”. 2008年12月25日閲覧。
  11. ^ IUP at Monroeville Off-Campus Programs - Indiana University of Pennsylvania”. 2008年12月25日閲覧。
  12. ^ Monroeville Convention Center”. 2015年6月30日閲覧。
  13. ^ Healthcare Career Training Programs Sanford-Brown Institute - Monroeville”. 2008年12月25日閲覧。
  14. ^ https://news.google.com/newspapers?id=2q5RAAAAIBAJ&sjid=Y24DAAAAIBAJ&dq=u-parc%20regional%20industrial&pg=1936%2C8415290
  15. ^ https://news.google.com/newspapers?nid=1129&dat=19890516&id=ifJRAAAAIBAJ&sjid=Zm4DAAAAIBAJ&pg=6659,5325956
  16. ^ [1]
  17. ^ Zack and Miri Make a Porno (2008)”. IMDB. 2009年6月27日閲覧。
  18. ^ Sciretta, Peter (2008年5月30日). “Cool Stuff: Monroeville Zombie Hockey Jerseys”. Slashfilm. 2008年10月16日閲覧。
  19. ^ The Fallout Wiki page for The Mauler The Vault (www.falloutwiki.com). Retrieved on 2012-10-30.
  20. ^ Noden, Merrell (1988年9月12日). “Kingdom And The Glory”. Sports Illustrated. http://sportsillustrated.cnn.com/vault/article/magazine/MAG1067735/2/index.htm 2009年8月12日閲覧。 

参考文献[編集]

  • Getting Around: A History of Travel in Monroeville, by Louis Chandler

外部リンク[編集]