バトラー (ペンシルベニア州)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
バトラー
Butler, Pennsylvania
—    —
サウスサイド地区からのバトラーの眺め
バトラー郡におけるバトラー市の位置
バトラーの位置(ペンシルベニア州内)
バトラー
バトラー
ペンシルベニア州におけるバトラー市の位置
座標: 北緯40度51分38秒 西経79度53分41秒 / 北緯40.86056度 西経79.89472度 / 40.86056; -79.89472
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ペンシルベニア州の旗 ペンシルベニア州
バトラー郡
設立 1802年[1]
法人化(ボロ) 1816年[1]
法人化(市) 1918年[1]
行政
 - 種別 市長・市政委員会方式
 - 市長 トマス・P・ドナルドソン(共和党
面積
 - 計 2.7mi2 (7.0km2)
 - 陸地 2.7mi2 (7.0km2)
人口 (2010年国勢調査)
 - 計 13,757人
等時帯 東部標準時 (UTC-5)
 - 夏時間 東部夏時間 (UTC-4)
郵便番号 16001, 16002, 16003
市外局番 724
ウェブサイト cityofbutler.org

バトラー: Butler)は、アメリカ合衆国ペンシルベニア州バトラー郡の都市であり、同郡の郡庁所在地である[2]ピッツバーグ市の北35マイル (56 km) にあり、ピッツバーグ大都市圏に属している。2010年国勢調査での人口は13,757 人だった[3]。雑誌「スミソニアン」の2012年5月号では、「アメリカの優良な小さい町」の第7位に挙げられた[4]

歴史[編集]

バトラー中心街

バトラーの名前はリチャード・バトラー少将から採られた[5]。バトラーは1791年に現在のオハイオ州西部におけるウォバシュの戦い(別名セントクレアの敗北)で戦死した。

1803年、ジョンとサミュエルのカニンガム兄弟がバトラーの村初の開拓者になった。この兄弟は入植した後で、今後やってくる開拓者のために土地の区画配置を決めた[5]。1817年、村はボロとして法人化された[5]。初期の開拓者はアイルランド人スコットランド人の子孫であり、コネチカット州から西に移って来ていた。1802年、ドイツ系移民が到着し始め、翌年にはジーリアノープルの町を設立した。1805年にジョージ・ラップが入って来た後、ハーモニーの町を設立し、より多くの開拓者がそれに続いた。1832年にはドイツからジョン・A・ローブリングがサクソンバーグに入植し、この頃には郡がドイツ系開拓者で溢れていた。

バトラーはその歴史の大半を通じて製造業の中心地だった。1902年、スタンダード・スティール・カー社がバトラーでその最大の鉄道車両製造施設を開設した。最初期の全て鋼製の車両が建造されたのもここだった。伝説的な投資家、美食家、宝石収集家のダイアモンド・ジム・ブラディが1902年にスタンダード・スティール・カー社を興したのもここであり、同社は1934年にプルマン・パレス・カー社と合併してプルマン・スタンダード社を作った。この会社は独占禁止法に触れて、政府から解体されることになった。プルマン・スタンダードの工場は1982年に閉鎖され、2005年には解体された。その跡地は現在小規模ショッピング・センターとなっており、新しいバトラー交通局のインターモーダル施設も入っている。2011年、バトラー交通局が元のプルマン・スタンダード工場の認識のために、バスターミナルに有蓋ばら積み用貨車を移した。この貨車は1974年にこの工場で建造されたものだった[6]

市内に本社を置いたもう1つの著名企業は、アメリカン・オースティン・カー社(1929年-1941年)だった。この会社は後にアメリカン・バンタム・カー社と名前を変えた。バンタムは1930年代を通じて小さく燃料効率の良い自動車の初期製造者だった。現在のジープはアメリカン・バンタムが創作したものであり、プロトタイプはバトラーの工場で製造された。大きな軍需産業はウィリスとフォードになり、バンタムの工場は第二次世界大戦で失敗した。今日、郡庁舎の通り向かいのプラザにある記念碑は、バンタムがジープを作ったことを記念するものである。

バトラー市にはフォード・モーターの最初期のディーラーが1918年に設立され、現在も残っている[7]

バトラーに本社があり、自動車産業に関連があったのがレインボー・ラバー社であり、1930年代後半には多くのゴム製玩具と並んで、オールズモビルの精密な模型である「ラバートイ」を作った[8]

1950年代、横断歩道にベルを設置した最初期の都市となり、今日まで続いている。

バトラーはマーズの町を経由してピッツバーグと結びついており、1907年、ピッツバーグ・アンド・バトラー路面鉄道、1908年にはピッツバーグ・ハーモニー・バトラー・アンド・ニューキャッスル鉄道でエバンスシティまで、都市間トロリー鉄道が敷かれた。マーズの路線は1931年4月に廃線となり、エバンスシティ線も1931年8月15日に閉止された。トロリーはバスに置き換わった。

地理[編集]

アメリカ合衆国国勢調査局に拠れば、市域全面積は2.7平方マイル (7.0 km2)であり、全て陸地である。

市内を流れるコノケネッシング・クリークは2000年に国内で2番目に汚染度の強い水路に挙げられた[9]

人口動態[編集]

人口推移
人口
1820 225
1830 580 157.8%
1840 861 48.4%
1850 1,148 33.3%
1860 1,399 21.9%
1870 1,935 38.3%
1880 3,163 63.5%
1890 8,734 176.1%
1900 10,853 24.3%
1910 20,728 91.0%
1920 23,778 14.7%
1930 23,568 −0.9%
1940 24,477 3.9%
1950 23,482 −4.1%
1960 20,975 −10.7%
1970 18,691 −10.9%
1980 17,026 −8.9%
1990 15,714 −7.7%
2000 15,121 −3.8%
2010 13,757 −9.0%
2012(推計) 13,620 [10] −1.0%
U.S. Decennial Census

以下は2000年国勢調査による人口統計データである[11]

基礎データ

  • 人口: 15,121 人
  • 世帯数: 6,740 世帯
  • 家族数: 3,626 家族
  • 人口密度: 2,170.4人/km2(5,611.3 人/mi2
  • 住居数: 7,402 軒
  • 住居密度: 1,062.4軒/km2(2,746.8 軒/mi2

人種別人口構成

年齢別人口構成

  • 18歳未満: 23.7%
  • 18-24歳: 9.7%
  • 25-44歳: 30.3%
  • 45-64歳: 20.2%
  • 65歳以上: 16.1%
  • 年齢の中央値: 36歳
  • 性比(女性100人あたり男性の人口)
    • 総人口: 88.1
    • 18歳以上: 83.9

世帯と家族(対世帯数)

  • 18歳未満の子供がいる: 26.8%
  • 結婚・同居している夫婦: 35.0%
  • 未婚・離婚・死別女性が世帯主: 14.4%
  • 非家族世帯: 46.2%
  • 単身世帯: 40.7%
  • 65歳以上の老人1人暮らし: 16.3%
  • 平均構成人数
    • 世帯: 2.18人
    • 家族: 2.96人

収入[編集]

収入と家計

  • 収入の中央値
    • 世帯: 25,154米ドル
    • 家族: 35,893米ドル
    • 性別
      • 男性: 30,607米ドル
      • 女性: 20,950米ドル
  • 人口1人あたり収入: 16,457米ドル
  • 貧困線以下
    • 対人口: 19.1%
    • 対家族数: 14.7%
    • 18歳未満: 26.8%
    • 65歳以上: 14.5%

経済[編集]

バトラー市の主要雇用主は以下の通りである。

  • AK スティール
  • アームストロング・グループ
  • ペン・ユナイテッド・テクノロジーズ
  • VA バトラー・ヘルスケア
  • バトラー地域教育学区
  • バトラー・ヘルス・システム

見どころ[編集]

バトラー郡庁舎
ウォルター・ローリー上院議員邸
  • バトラー郡庁舎は市の中心部にある政府と司法の建物である。この建物はアメリカ合衆国国家歴史登録財に指定されている。郡庁舎から通り向かいにある広場には、戦争の記念碑など多くの興味あるものがある
  • ウォルター・ローリー上院議員邸は、ペンシルベニア州選出アメリカ合衆国上院議員ウォルター・ローリーの家屋であり、1828年に建設された。現在は博物館となり、バトラー郡歴史協会の本部になっている。アメリカ合衆国国家歴史登録財に指定されている
  • マリドン博物館[12]は中心街にあり、ペンシルベニア州西部で中国と日本の芸術と文化に焦点を当てていることでは唯一の博物館となっている
  • ケリー自動車公園(2014年まではプルマン公園)は、1934年に建設され、20年間はマイナーリーグ野球チームの本拠地に使われていた。ピッツバーグ・パイレーツの傘下チームが1951年に町から離れた。野球場として、ルー・ゲーリッグホワイティー・フォードジョー・ディマジオなどニューヨーク・ヤンキースのファームチームでプレイしていた者達がここで試合を行った。2008年に再建され、スタジアムはバトラー・ブルーソックスの本拠地になっている

地区[編集]

  • インスティテュート・ヒル
  • ジ・アイランド
  • サウスサイド
  • ノースバトラー
  • ザ・ブールバード
  • ウェストエンド
  • サウスヒルズ

教育[編集]

  • バトラー地域教育学区
  • アレゲニー=クラリオンバレー合同教育学区
  • フリーポート地域教育学区
  • カーンズシティ地域教育学区
  • マーズ地域教育学区
  • モニトー教育学区
  • スリッパリーロック地域教育学区
  • 南バトラー郡教育学区
  • セネカバレー教育学区
  • 教育学区地域職業技術訓練校
  • 教育学区コミュニティカレッジ
  • スリッパリーロック大学ペンシルベニア校

文化[編集]

歴史あるバトラー・リトル劇場[13]で地元の演劇人が演劇の公演を行っており、1941年から続いている。ミュージカル・シアター・ギルド[14]も毎年ミュージカルを公演している。2012年、ホブノブ劇団がチャールズ・ディケンズの『クリスマスキャロル』など幾つかの劇の公演を始めた。

地元出身の作家が周辺地域を舞台にする小説などを著している。ステュワート・オーナンの小説『Snow Angels』はバトラーが舞台であり、パイレーツ・アレイ・フォークナー賞を受賞した。

バトラーにはバトラー郡シンフォニー協会[15]があり、バトラー中間高校公会堂を公演会場にしている。市内には多くの芸術集団もある。バトラー郡芸術家協会やバトラー芸術委員会がその例であり、地元芸術家が幾つか壁画を描いたりしている。

レジャー[編集]

バトラー・ロードレースは、5マイル (8 km) と2マイル (3.2 km) の競走であり、毎年6月に開催され、地元生徒の奨学金を集めている。

バトラー秋祭り[16]は毎年9月に開催され、車の展示会、民族料理、多様な文化の出し物が展示される。

スポーツ[編集]

  • バトラー・ブルーソックス、大学夏季野球リーグのプロスペクト・リーグに所属
  • バトラー郡ベアーズ[17]、ハートランド・フットボール・リーグ[18]に所属
  • バトラー地域ソフトボール・リーグ
  • バトラー・スポーツリーグ

交通[編集]

空港[編集]

バトラー郡空港ターミナルビル

市外に空港が2つある。バトラー郡空港は一般用途空港であり、企業用ジェット機など大型機も取り扱える。バトラー・ファームショー空港は、地域の小さな個人用飛行機を持つパイロットが使っている。

大量輸送機関t[編集]

バトラー交通局が「ザ・バス」と呼ぶバス便を運行している。

鉄道[編集]

2つの鉄道会社がバトラーで貨物便を運行している。カナディアン・ナショナル鉄道が所有するベッセマー・アンド・レイクエリー鉄道の本線が市内を通り、バッファロー・アンド・ピッツバーグ鉄道が地方便を運行している。市域の直ぐ外に大型の機関車庫を所有している。

道路[編集]

市内とその近辺を5本の幹線道が通り、西ペンシルベニア全体への接続を行っている。ペンシルベニア州道38号線の南端はアメリカ国道422号線がある市の北部にある。この国道422号線は市の北をバトラー・バイパスとなって回っている。ペンシルベニア州道68号線と同356号線が真っ直ぐ中心街に入り、州道8号線、すなわちメインストリートと交差する。

メディア[編集]

  • WBUT、AMラジオ局
  • WISR、AMラジオ局
  • WLER-FM、FMラジオ局
  • 「バトラー・イーグル」、日刊紙[19]
  • インサイド・バトラーカウンティ[20]
  • バトラー郡 PA 911 ノーティフィケーションズ、フェイスブック[21]

著名な出身者[編集]

コノクネッシング・クリーク

脚注[編集]

  1. ^ a b c Butler County, 5th class (pdf)”. Pennsylvania Historic and Museum Commission. 2010年1月15日閲覧。
  2. ^ Find a County”. National Association of Counties. 2011年6月7日閲覧。
  3. ^ Geographic Identifiers: 2010 Demographic Profile Data (G001): Butler city, Pennsylvania”. U.S. Census Bureau, American Factfinder. 2014年3月21日閲覧。
  4. ^ 20 Best Small Towns in America; Smithsonian Magazine; May 2012
  5. ^ a b c An Historical Gazetteer of Butler County, Pennsylvania, p. 118
  6. ^ Garrett, Kelly B. (2011年2月4日). “Pullman railcar honors past”. Butler Eagle 
  7. ^ Dealer Profile”. Butler County Ford. 2014年4月28日閲覧。
  8. ^ Rainbow Rubber Co 1935 Oldsmobile Coupe”. WorthPoint (July 7, 2011 (sale date)). 2014年4月28日閲覧。 “This Oldsmobile Coupe was made by Rainbow Rubber Co. circa 1935. At 3 3/4 inches long by 1 3/8 inches wide, it is made of rubber... Underneath it is marked 'Rubrtoy Oldsmobile Mfg'd by Rainbow Rubber Co. Butler, PA.'.”
  9. ^ “Pa. ranks 2nd worst in toxic dumping”. Pittsburgh Post-Gazette. (2000年2月18日). http://www.post-gazette.com/healthscience/20000218pollute2.asp 2010年11月7日閲覧。 
  10. ^ http://www.census.gov/prod/cen1990/cph2/cph-2-1-1.pdf
  11. ^ American FactFinder”. United States Census Bureau. 2008年1月31日閲覧。
  12. ^ The Maridon Museum
  13. ^ Butler Little Theatre
  14. ^ Musical Theater Guild
  15. ^ Butler County Symphony Association
  16. ^ The Butler Fall Festival
  17. ^ Butler County Bears
  18. ^ Heartland Football League
  19. ^ [1]
  20. ^ InsideButlerCounty
  21. ^ [2]

参考文献[編集]

  • Brown, Robert C. History of Butler County, Pennsylvania:...Pioneers and Representative Citizens, Etc., Etc. [Chicago]: R.C. Brown & Co., 1895. Chapter VI.Print.
  • An Historical Gazetteer of Butler County, Pennsylvania, Chicora: Mechling Bookbindery, 2006, ISBN 978-0-9760563-9-3.

外部リンク[編集]