ドーフィン郡 (ペンシルベニア州)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ペンシルベニア州ドーフィン郡
Dauphin County Courthouse.jpg
ハリスバーグ市にあるドーフィン郡庁舎
ドーフィン郡の位置を示したペンシルベニア州の地図
郡のペンシルベニア州内の位置
ペンシルベニア州の位置を示したアメリカ合衆国の地図
州のアメリカ合衆国内の位置
設立 1785年3月4日
郡庁所在地 ハリスバーグ
最大の都市 ハリスバーグ
面積
 - 総面積
 - 陸
 - 水

1,445 km2 (558 mi2)
1,360 km2 (525 mi2)
83 km2 (32 mi2)
人口
 - (2010年)
 - 密度

268,100人
197.1人/km2 (510人/mi2)
標準時 東部: UTC-5/-4
ウェブサイト www.dauphincounty.org

ドーフィン郡: Dauphin County[ˈdɔːfɪn])は、アメリカ合衆国ペンシルベニア州の中央部に位置するである。2010年国勢調査での人口は268,100人であり、2000年の251,798人から6.5%増加した[1]郡庁所在地は1812年から州都になっているハリスバーグ市(人口49,528人[2])であり、同郡で人口最大の都市でもある。

ドーフィン郡はハリスバーグ・カーライル大都市圏を構成する3郡の1つである。1785年3月4日にランカスター郡から分離して設立された。郡名はフランスルイ16世の長男フランス王太子ルイ=ジョセフに因んで名付けられた。ドーフィン(フランス語ではドーファン、王太子)という肩書きはフランス王位の法定推定相続人だったことを示している。郡内には1979年に炉心のメルトダウンが起こったスリーマイル島原子力発電所がある。

地理[編集]

アメリカ合衆国国勢調査局に拠れば、郡域全面積は558平方マイル (1,450 km2)であり、このうち陸地525平方マイル (1,360 km2)、水域は32平方マイル (83 km2)で水域率は5.78%である[3]。西側郡境がサスケハナ川になっている。

主要高規格道路[編集]

  • US 22.svg アメリカ国道22号線
  • US 209.svg アメリカ国道12号線
  • US 322.svg アメリカ国道322号線
  • US 422.svg アメリカ国道422号線
  • PA-39.svg ペンシルベニア州道39号線
  • PA-147.svg ペンシルベニア州道147号線
  • PA-230.svg ペンシルベニア州道230号線
  • PA-743.svg ペンシルベニア州道743号線

隣接する郡[編集]

人口動態[編集]

人口推移
人口
179018,155
180022,27022.7%
181031,88343.2%
182021,653−32.1%
183025,24316.6%
184030,11819.3%
185035,75418.7%
186046,75630.8%
187060,74029.9%
188076,14825.4%
189096,97727.4%
1900114,44318.0%
1910136,15219.0%
1920153,11612.5%
1930165,2317.9%
1940177,4107.4%
1950197,78411.5%
1960220,25511.4%
1970223,8341.6%
1980232,3173.8%
1990237,8132.4%
2000251,8055.9%
2010268,1006.5%
[4][5]

以下は2000年国勢調査による人口統計データである。

基礎データ

  • 人口: 251,798人
  • 世帯数: 102,670 世帯
  • 家族数: 66,119 家族
  • 人口密度: 185人/km2(479人/mi2
  • 住居数: 111,133 軒
  • 住居密度: 82軒/km2(212軒/mi2

人種別人口構成( )内は2010年データ

先祖による構成

  • ドイツ系:29.2%
  • アイルランド系:7.5%
  • アメリカ人:7.3%
  • イタリア系:7.2%

言語による構成

年齢別人口構成

  • 18歳未満: 24.3%
  • 18-24歳: 7.6%
  • 25-44歳: 30.1%
  • 45-64歳: 23.8%
  • 65歳以上: 14.2%
  • 年齢の中央値: 38歳
  • 性比(女性100人あたり男性の人口)
    • 総人口: 92.3
    • 18歳以上: 88.8

世帯と家族(対世帯数)

  • 18歳未満の子供がいる: 29.7%
  • 結婚・同居している夫婦: 47.6%
  • 未婚・離婚・死別女性が世帯主: 12.9%
  • 非家族世帯: 35.6%
  • 単身世帯: 30.0%
  • 65歳以上の老人1人暮らし: 10.3%
  • 平均構成人数
    • 世帯: 2.39人
    • 家族: 2.98人

政治[編集]

2010年11月時点でドーフィン郡には192,743 人の登録有権者がいた[6]

ドーフィン郡は、サスケハナ川バレーにある他郡と同様、共和党の支持が強い郡の1つであった。郡政委員会多数と郡役人の全員は現在も共和党員である。しかし、近年は民主党への移行が進み、2008年夏には登録有権者数が逆転した。2006年のアメリカ合衆国上院議員選挙では民主党のボブ・ケイシー・ジュニアが共和党現職のリック・サントラムを破った。ドーフィン郡選挙管理委員会に拠れば、2008年アメリカ合衆国大統領選挙で、民主党のバラク・オバマが共和党のジョン・マケインに対して支持立差9.0%以上をつけ、1964年以来となる民主党候補による郡の制覇となった。他の州役人3人の当選者もドーフィン郡を制した[7]

ドーフィン郡はアメリカ合衆国下院議員ペンシルベニア州第17選挙区に属し、2013年時点では民主党議員を選出している。ペンシルベニア州議会上院では第15、第27および第48選挙区に属しており、下院では第98、第103、第104、第105および第106選挙区に属している。2013年時点で上院は共和党が3人、下院は共和党4人、民主党1人を選出している。

都市と町[編集]

ドーフィン郡の自治体、ボロは赤、タウンシップは白、国勢調査指定地域は青

ペンシルベニア州法の下では4種類の自治体がある。市、ボロ、タウンシップ、町である。

都市[編集]

ボロ[編集]

  • ベリーズバーグ
  • ドーフィン
  • エリザベスビル
  • グラッツ
  • ハリファックス
  • ハイスパイア
  • ハンメルズタウン
  • ライクンズ
  • ミドルタウン
  • ミラーズバーグ
  • パクスタン
  • ペンブルック
  • ピロー
  • ロイアルトン
  • スティールトン
  • ウィリアムズタウン

タウンシップ[編集]

  • コーンウェイゴ
  • デリー
  • イーストハノーバー
  • ハリファックス
  • ジャクソン
  • ジェファーソン
  • リード
  • ラッシュ
  • サウスハノーバー
  • サスケハナ
  • スワタラ
  • アッパーパクストン
  • ワシントン
  • ウェイン
  • ウェストハノーバー
  • ウィコニスコ
  • ウィリアムズ

国勢調査指定地域[編集]

国勢調査指定地域はアメリカ合衆国国勢調査局が人口統計データを取るために設定した地域である。州法の下では実際の司法権が及ぶ範囲ではない。村などその他の未編入領域も下記に挙げる。

  • ブレスラー
  • コロニアルパーク
  • エンホート
  • ハーシー
  • ローントン
  • レンカービル
  • リングルスタウン
  • オバーリン
  • パームデール
  • パクストニア
  • プログレス
  • ラザフォード
  • スカイラインビュー
  • ユニオンデポジット
  • ウィコニスコ

未編入の町[編集]

  • バックマンビル
  • ビューフォートファームズ
  • ディートリッヒ
  • デオデイト
  • カーソンビル
  • カタリーナ
  • エベネザー
  • エッジモント
  • エレンデールフォージ
  • エンダーズ
  • エンターライン
  • エスタートン
  • フォートハンター
  • グラントビル
  • ハノーバーデール
  • ヘックトン
  • ヒルサイドビレッジ
  • ホッカーズビル
  • ホーナーズタウン
  • イングルヌーク
  • ジェドノータ
  • キリンジャー
  • マルタ
  • マナダギャップ
  • マナダヒル
  • マタモラス
  • モントローズパーク
  • オークリー
  • オークモント
  • オバーリンガーデンズ
  • パクスタンマナー
  • パイクタウン
  • パウェルズバレー
  • リッチービレッジ
  • ロックビル
  • サンドビーチ
  • シェルズビル
  • シンガーズビル
  • スワタラ
  • ボーン
  • ウェインズビル
  • ウィンザーファームズ

教育[編集]

ドーフィン郡教育学区の区分図

高等教育機関[編集]

公共教育学区[編集]

  • 中央ドーフィン教育学区
  • デリー・タウンシップ教育学区
  • ハリファックス地域教育学区
  • ハリスバーグ教育学区
  • 下流ドーフィン教育学区
  • ミドルタウン地域教育学区
  • ミラーズバーグ教育学区
  • スティールトン・ハイスパイア教育学区
  • サスケハナ・タウンシップ教育学区
  • サスケニタ教育学区(一部はペリー郡内)
  • 上流ドーフィン教育学区
  • ウィリアムズバレー教育学区(一部はスクーカル郡内)

公立チャータースクール[編集]

郡内にはチャータースクールが設立されている[8]

  • インフィニティ・チャータースクール
  • ペンシルベニア州遠隔電子学習チャータースクール
  • シルバンハイツ科学チャータースクール
  • 首都圏芸術学校

中間ユニット[編集]

首都圏中間ユニット(第15)は州が認定した教育機関である。この機関は各教育学区、チャータースクール、私立学校、家庭教育を受けた生徒に対して、様々なサービスを行っている。例えばペンシルベニア州学術標準でマッピングされ、調整された幼稚園生から12年生まで完璧に開発されたカリキュラム、共有サービス、合同購買計画、さらには幅広い特別教育、特殊需要に合わせた講習などである。

図書館[編集]

ドーフィン郡図書館システムはハリスバーグの本館と郡内7つの支所を通じて郡民に図書館サービスを提供している民間の非営利団体である。17人の理事会が管理し、このうち5人はドーフィン郡政委員会の指名、12人は3年間任期で選出されている。このシステムはペンシルベニア州図書館システムの会員である。

私立学校[編集]

2008年時点で、ペンシルベニア州教育省[9]に登録される私立学校は次の通りである[10]

  • アームストロングバレー・クリスチャン学校 – ハリファックス
  • ベリーズバーグ・クリスチャン・アカデミー – エリザベスビル
  • ビショップ・マクデビット高校 – ハリスバーグ
  • カセドラル統合学校 – ハリスバーグ
  • コブナント・クリスチャン・アカデミー – ハリスバーグ
  • イーストショア・モンテッソリ学校 – ハリスバーグ
  • エマヌエル・ウェズレヤン・アカデミー – グラッツ
  • ガーデンスポット・アーミッシュ学校 – ミラーズバーグ
  • ガーデンスポット学校 – ミラーズバーグ
  • ゴッダード学校 – ハリスバーグ
  • ヘンゼルとグレーテル初期学習センター – ハリスバーグ
  • ハリスバーグ・アドベンチスト学校 – ハリスバーグ
  • ハリスバーグ・クリスチャン学校 – ハリスバーグ
  • ハーシー・クリスチャン学校 – ハーシー
  • ヒルサイドアーミッシュ学校 – ハリスビル
  • ヒルサイド・セブンスデーアドベンチスト学校 – ハリスバーグ
  • キーストーン数学科学アカデミー – ハリスバーグ
  • キンダーケア学習センター – ハリスバーグ
  • キンダーケア学習センター – ハーシー
  • ロンドンデリー学校 – ハリスバーグ
  • マハンタンゴ学校 – ライクンズ
  • マターズタウン学校 – ミラーズバーグ
  • ミドルタウン・クリスチャン学校 – ミドルタウン
  • ミルトン・ハーシー学校 – ハーシー
  • ノースマウンテンビュー・アーミッシュ – ミラーズバーグ
  • 北ドーフィン・クリスチャン学校 – ミラーズバーグ
  • プライド・オブ・ザ・ニーバーフード・アカデミーズ – ハリスバーグ
  • プリンス・オブ・ピース学校 – スティールトン
  • レイカーズミル学校 – エリザベスビル
  • ローリングエーカーズ学校 – ライクンズ
  • セブンソローズ・オブ BMV 学校 – ミドルタウン
  • サンシャイン学習ステーション – ミドルタウン
  • サウスマウンテンビュー学校 – スプリンググレン
  • スペックタウン学校 – ライクンズ
  • セントキャサリン・レイバー 学校 – ハリスバーグ
  • セントジョーン・オブ・アーク小学校 – ハーシー
  • セントマーガレット・メイ学校 – ハリスバーグ
  • セントスティーブンスエピスコパル学校 – ハリスバーグ
  • テンダーイヤーズ Inc. – ハーシー
  • ハリスバーグ降臨学校 – ハリスバーグ
  • ウィンディノール学校 – スプリンググレン
  • ワーズワース・アカデミー – ハリスバーグ
  • イェシバ・アカデミー – ハリスバーグ

公園とレクリエーション[編集]

郡内には2つの州立公園がある。

  • ボイド・ビッグツリー保存地域
  • ジョセフ・E・アイバーソン保存地域

脚注[編集]

  1. ^ Quickfacts.census.gov - Dauphin County Archived 2011年7月9日, at WebCite - accessed 2011-12-06.
  2. ^ Quickfacts.census.gov - Harrisburg, Pennsylvania Archived 2012年6月1日, at the Wayback Machine. - accessed 2011-12-06.
  3. ^ Census 2010 U.S. Gazetteer Files: Counties”. United States Census. 2013年4月13日閲覧。
  4. ^ http://factfinder2.census.gov
  5. ^ http://mapserver.lib.virginia.edu/
  6. ^ [1]
  7. ^ アーカイブされたコピー”. 2012年11月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年7月12日閲覧。
  8. ^ Pennsylvania Department of Education Approved Public Charter Schools, January 2010
  9. ^ EdNA Archived 2011年4月29日, at the Wayback Machine.
  10. ^ ies, National Center for Education Statistics, US Department of Education, Institute of Education Sciences, Private School Universe Survey 2008

外部リンク[編集]

座標: 北緯40度25分 西経76度47分 / 北緯40.41度 西経76.79度 / 40.41; -76.79