テレビテニス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
テレビテニス
TV Tennis Electrotennis.jpg
メーカー エポック社
種別 据え置き型
世代 第1世代
発売日 1975年9月12日
コントローラ入力 内蔵パドルコントローラ
売上台数 約1万台
次世代ハードウェア カセットビジョン
テンプレートを表示

テレビテニスとは1975年9月12日エポック社から発売された日本初の家庭用テレビゲーム機である[1]。発売当時の定価は、19,500円[1]。俗に「ポンテニス」と呼ばれた。

マグナボックスと技術提携し開発されたゲーム機[2]。日本初の家庭用テレビゲーム機でありながら、本体のアンテナからUHF帯の電波を発信しテレビ側のUHFチャンネルで受信するという現在でも珍しいワイヤレス機でもあった[1][3]。初年度で5000台を販売した。

ゲーム内容は、モノクロ画面に表示される左右に飛びかうボールを2人のプレイヤーパドルを使って互いに打ち合うというルール[1]。スコア機能がなかったため、本体上でスコアをカウントする為のダイヤルが付いていた[1][3]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e M.B.MOOK『懐かしファミコンパーフェクトガイド』99ページ
  2. ^ エポック社 沿革
  3. ^ a b コアムックシリーズNO.682『電子ゲーム なつかしブック』p.50.

関連項目[編集]