ティム・タフェル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ティム・タフェル
Tim Teufel
Teufel2016.jpg
2016年
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 コネチカット州フェアフィールド郡グリニッジ
生年月日 (1958-07-07) 1958年7月7日(59歳)
身長
体重
6' 0" =約182.9 cm
175 lb =約79.4 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 二塁手
プロ入り 1980年 MLBドラフト2巡目(全体38位)でミネソタ・ツインズから指名
初出場 1983年9月3日
最終出場 1993年9月28日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴
  • ニューヨーク・メッツ (2012 - 2016)

ティモシー・ショーン・タフェルTimothy Shawn Teufel, 1958年7月7日 - )はアメリカ合衆国コネチカット州フェアフィールド郡グリニッジ出身の元プロ野球選手二塁手)。右投右打。


経歴[編集]

1978年MLBドラフト16巡目(全体398位)でミルウォーキー・ブルワーズから指名されるが、入団せず。翌1979年MLBドラフトでも3巡目(全体48位)でシカゴ・ホワイトソックスから指名されるがまたも入団を拒否した。3度目のドラフトとなった1980年MLBドラフトでは2巡目(全体38位)でミネソタ・ツインズから指名され、ようやくプロ入り。

1980年後半から1982年途中まではAA級オーランド・ツインズでプレーし、AAA級トレド・マッドヘンズに昇格。1983年には打率.323・27本塁打・100打点の活躍で、メジャーの登録枠が40人に増える9月にメジャーに昇格し、9月3日にメジャー初出場を果たす。いきなり打ちまくり、特に9月16日の試合では2本塁打を含む5打数5安打の活躍。

1984年は157試合に出場し、打率.262・14本塁打・61打点を記録するが、この年がほとんどキャリアハイの成績となった。

1985年も138試合に出場するが、守備面の不安もあり、この年限りでビリー・ビーンら3選手とのトレードで、ニューヨーク・メッツへ移籍。メッツでは、ウォーリー・バックマンとのツー・プラトン(併用)となり、主に左投手先発の試合のみの起用となった。6月上旬までは打率2割2分前後の不振にあえいでいたが、6月10日フィリーズ戦では延長11回の熱戦に終止符を打つ代打サヨナラ満塁本塁打を放つ。7月19日には遠征先のヒューストンで、チームメイトのロン・ダーリングボブ・オヘーダリック・アギレラと共にバーで非番警官と喧嘩して逮捕されるという「事件」も起こした。この年、最終的な打率は.247に終わったが、一発長打もある打撃でチームの地区優勝に貢献。チームはボストン・レッドソックスとのワールドシリーズに進出。しかし、その第1戦ではタフェルのタイムリーエラーによって0-1で敗戦と、大事な場面で守備面の課題を露呈してしまった。第5戦ではタイムリーヒットを打つがチームは敗戦し、2勝3敗と追い込まれた。最終的にメッツが第6戦、第7戦に勝ち、ワールドチャンピオンにはなったが、少し心残りのシリーズとなった。

1987年は97試合の出場で打率.308を記録し、出塁率.398、長打率.545と好成績を残した。

1988年は2割前後の低打率で、故障もあり不本意な成績に終わる。チームは地区優勝を果たすが、シーズン終盤にメジャー昇格したグレッグ・ジェフリーズに追い出される形でリーグチャンピオンシップシリーズには1試合しか出番がなく、翌1989年には衰えの目立つベテランキース・ヘルナンデスとの併用で一塁での起用も多くなった。

1990年は80試合の出場に終わり、1991年は開幕から打率.118の大不振で、5月31日ギャリー・テンプルトン英語版とのトレードで、サンディエゴ・パドレスへ移籍。パドレスでは二塁の他に三塁手でも起用され、メッツ時代の後半よりも出場機会は増えたが1992年までは2割2分台の低打率に終わる。

1993年4月14日には自身2度目の5打数5安打を記録するが、シーズン打率は.250。この年チームは101敗を喫し、若返りを図る方針で解雇され、そのまま現役を引退した。

引退後、2001年2002年はメッツ傘下のマイナーで巡回インストラクターをつとめ、2003年にはA-級ブルックリン・サイクロンズで監督を務める。

2004年2005年はA+級セントルーシー・メッツ英語版の監督を務める。一年おいて、2007年1月11日にA級サバンナ・サンドナッツ英語版の監督に就任したのを皮切りに、2011年までメッツ傘下の球団で監督を歴任。2012年から2016年までメッツで三塁コーチを務めた。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1983 MIN 21 82 78 11 24 7 1 3 42 6 0 0 2 0 2 0 0 8 1 .308 .325 .538 .863
1984 157 652 568 76 149 30 3 14 227 61 1 3 2 4 76 8 2 73 18 .262 .349 .400 .749
1985 138 496 434 58 113 24 3 10 173 50 4 2 7 4 48 2 3 70 14 .260 .335 .399 .734
1986 NYM 93 318 279 35 69 20 1 4 103 31 1 2 3 3 32 1 1 42 6 .247 .324 .369 .693
1987 97 350 299 55 92 29 0 14 163 61 3 2 3 2 44 2 2 53 7 .308 .398 .545 .943
1988 90 309 273 35 64 20 0 4 96 31 0 1 2 4 29 1 1 41 6 .234 .306 .352 .658
1989 83 254 219 27 56 7 2 2 73 15 1 3 0 2 32 1 1 50 4 .256 .350 .333 .683
1990 80 192 175 28 43 11 0 10 84 24 0 0 1 1 15 1 0 33 5 .246 .304 .480 .784
1991 20 36 34 2 4 0 0 1 7 2 1 1 0 0 2 0 0 8 0 .118 .167 .206 .373
SD 97 363 307 39 70 16 0 11 119 42 8 2 4 2 49 4 1 69 8 .228 .334 .388 .722
'91計 117 399 341 41 74 16 0 12 126 44 9 3 4 2 51 4 1 77 8 .217 .319 .370 .689
1992 101 279 246 23 55 10 0 6 83 25 2 1 0 1 31 3 1 45 7 .224 .312 .337 .649
1993 96 231 200 26 50 11 2 7 86 31 2 2 3 1 27 0 0 39 9 .250 .338 .430 .768
通算:11年 1073 3562 3112 415 789 185 12 86 1256 379 23 19 27 24 387 23 12 531 85 .254 .336 .404 .740

背番号[編集]

  • 11 (1983年 - 1991年途中、2016年)
  • 20 (1991年途中 - 1993年)
  • 18 (2012年 - 2015年)

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]