ボブ・オヘーダ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ボブ・オヘーダ
Bob Ojeda
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 アメリカ合衆国 カリフォルニア州ロサンゼルス
生年月日 1957年12月17日(56歳)
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 1978年
初出場 1980年7月13日
最終出場 1994年8月22日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

ボブ・オヘーダRobert Michael Ojeda , 1957年12月17日 - )はアメリカメジャーリーグで活躍した投手。左投左打。 アメリカ合衆国カリフォルニア州ロサンゼルス出身。

人物・来歴[編集]

セコイア大学を卒業したが、ドラフトで指名されず、(日本球界に1990年まで制度として存在したドラフト外のような形で)1978年ボストン・レッドソックスに入団。

マイナーで活躍し、1980年7月17日にメジャーデビューを果たす。再度マイナー(3Aポータケット・レッドソックス)に降格。1981年6月23日には、アメリカのプロ野球(メジャー・マイナー・独立リーグ)史上最長の延長34回のロングゲーム(対ロチェスター・レッドウイングス)の勝利投手となった。この年後半にメジャーに再昇格し、6勝をあげる。翌1982年は4勝に終わったが、1983年1984年と2年連続で12勝をあげる。

レッドソックスの本拠地フェンウェイ・パークは"グリーン・モンスター"があるとはいえ、左翼が狭く右打者に有利で、そのため左投手には不利な球場で、歴史的に左腕の名投手がなかなか育たないチームであるが、この本拠地でも通算20勝17敗の好成績を収めた。これは球団の左腕投手で歴代のベスト10に入る優秀な成績である。1985年は途中リリーフに転向して9勝に終わり、この年限りでカルビン・シラルディとの交換でニューヨーク・メッツに移籍する。

メッツ移籍初年度となった1986年には、広いシェイ・スタジアムをも味方につけ18勝5敗、防御率2.57の好成績を収め、チームのワールドシリーズ出場に貢献。ドワイト・グッデンロン・ダーリングシド・フェルナンデスと四本柱を形成したが、チームの勝ち頭であった。古巣レッドソックスとのシリーズでは第3戦と第6戦に先発し、2連敗のあと先発した第3戦では勝利投手となっている。そしてシリーズは劣勢を跳ね返したメッツが逆転し、ワールド・チャンピオンとなった。

1987年は故障のため3勝に終わるが、1988年には10勝をあげ復活。しかし、9月中旬に自宅で芝刈り機を操作中に誤って左手の指先を切断する怪我を負い、ドジャースとのリーグ優勝決定シリーズには出場できず、チームは大方の予想に反してドジャースに敗れた。それでも再び立ち直り、1989年には13勝をあげた。7勝に終わった1990年限りでヒュービー・ブルックスとの交換で故郷のロサンゼルス・ドジャースに移籍。同年オフにフリーエージェントでやはり故郷のドジャースに移籍したダリル・ストロベリーとはここでもチームメイトとなった。

1991年はドジャース唯一の先発左腕投手として12勝の活躍をあげたが、チームは最後4試合で3敗して地区優勝を逃す。1992年限りでフリーエージェントでクリーブランド・インディアンスに移籍。 1993年3月22日、スプリングトレーニング(キャンプ)地のウィンターヘヴンでチームメイトのスティーブ・オリンティム・クルーズとボートで遊んでいたところ、事故に遭ってオリンとクルーズは死亡。オヘーダは一命を取り留めたものも負傷し、このシーズン終盤に復帰し2勝をあげたのみであった。 この年限りでインディアンスから自由契約となり、翌年ニューヨーク・ヤンキースに移籍するも、わずか2試合の先発で解雇。36歳の年齢もあり、そのまま現役を引退した。

引退後はしばらく球界から離れていたが、2001年にメッツの1Aブルックリン・サイクロンズの投手コーチに就任。2003年には2Aに昇格したが、シーズン途中に辞任。

2005年に発足した独立リーグ、カナディアン・アメリカン・リーグのトルネーズで、レッドソックス時代にバッテリーを組んだリッチ・ゲドマン監督のもと、コーチを務める。

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1980 BOS 7 7 0 0 0 1 1 0 -- .500 122 26.0 39 2 14 1 0 12 1 0 20 20 6.92 2.04
1981 10 10 2 0 1 6 2 0 -- .750 267 66.1 50 6 25 2 2 28 0 0 25 23 3.12 1.13
1982 22 14 0 0 0 4 6 0 -- .400 352 78.1 95 13 29 0 1 52 5 0 53 49 5.63 1.58
1983 29 28 5 0 0 12 7 0 -- .632 746 173.2 173 15 73 2 3 94 2 0 85 78 4.04 1.42
1984 33 32 8 5 1 12 12 0 -- .500 928 216.2 211 17 96 2 2 137 0 1 106 96 3.99 1.42
1985 39 22 5 0 2 9 11 1 -- .450 671 157.2 166 11 48 9 2 102 3 3 74 70 4.00 1.36
1986 NYM 32 30 7 2 1 18 5 0 -- .783 871 217.1 185 15 52 3 2 148 2 1 72 62 2.57 1.09
1987 10 7 0 0 0 3 5 0 -- .375 192 46.1 45 5 10 1 0 21 1 0 23 20 3.88 1.19
1988 29 29 5 5 1 10 13 0 -- .435 752 190.1 158 6 33 2 4 133 4 7 74 61 2.88 1.00
1989 31 31 5 2 0 13 11 0 -- .542 824 192.0 179 16 78 5 2 95 0 2 83 74 3.47 1.34
1990 38 12 0 0 0 7 6 0 -- .538 500 118.0 123 10 40 4 2 62 2 3 53 48 3.66 1.38
1991 LAD 31 31 2 1 0 12 9 0 -- .571 802 189.1 181 15 70 9 3 120 4 2 78 67 3.18 1.33
1992 29 29 2 1 0 6 9 0 -- .400 731 166.1 169 8 81 8 1 94 3 0 80 67 3.63 1.50
1993 CLE 9 7 0 0 0 2 1 0 -- .667 194 43.0 48 5 21 0 0 27 3 0 22 21 4.40 1.60
1994 NYY 2 2 0 0 0 0 0 0 -- ---- 25 3.0 11 1 6 0 0 3 0 0 8 8 24.00 5.67
通算:15年 351 291 41 16 6 115 98 1 -- .540 7977 1884.1 1833 145 676 48 24 1128 30 19 856 764 3.65 1.33
  • 各年度の太字はリーグ最高

外部リンク[編集]