チマチョゴリ切り裂き事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

チマチョゴリ切り裂き事件(チマチョゴリきりさきじけん)とは、主に、1994年平成6年)5月から6月にかけて、登下校中の朝鮮学校女子生徒の制服・チマチョゴリが切り裂かれるという被害が日本各地で発生した[1]こと。

被害状況

警察に出された被害届は22件だが、朝鮮総連は被害件数124件と主張している[2]。22件のうち12件が登下校中に女子生徒が衣服を切り裂かれたとされる事件、8件が暴行および傷害事件、窃盗と強制わいせつ事件が各1件である。検挙された事件のうち、一件は性犯罪、もう一件は中学生同士の喧嘩として、政治的背景はないと警察は判断した[3]

事件の背景と評価

本件に関する新聞報道は、当初は主要な全国紙が報じたが、最後まで報じていたのは朝日新聞のみだった[4]。フリーライターの金武義がおこなった取材によれば、朝日新聞は朝鮮総連の発表の多くをニュースソースとしてそのまま報道しており、独自の調査はほとんどおこなっていなかったという[4]

金が取材した、ある全国紙社会部記者の証言によれば、記者クラブ内でも事件について疑念を呈する向きがあったが、口に出すと「進歩的(左派、革新リベラル)な」新聞記者から糾弾されるため、沈黙せざるを得なかったという[4]。金が「情報に何らかのバイアスがかかった時に、チェック機能が働かないということになるのではないか。結果的には一種のフレームアップを生み出しているのではないか」と指摘すると、記者は「フレームアップとまでは言えない」としつつも、日本国内の関心が政治問題(北朝鮮の核疑惑)から人権問題(朝鮮学校女子生徒への迫害)に移ったことを指摘し、(被害状況やマスコミ報道を利用した)朝鮮総連側の政治的キャンペーンだったと感じていると述べた[4]。金が取材をおこなった東京朝鮮中高級学校の関係者は、金の「ほとんど犯人が検挙されていない中で、どうして『民族排外主義的な日本人の仕業』と断定できるのか」との疑問に対し、「同民族の犯行であってはならないし、あってほしくないと思います。状況から見て日本の方と断定できます」と回答した[4]。金は、女子生徒がチマチョゴリを切り裂かれる被害は、北朝鮮情勢が緊迫する以前から存在していたことを、朝鮮学校の卒業生からの取材で明らかにした。また、金は朝鮮学校が女子生徒のみにチマチョゴリの着用を義務付けている(女性教師については任意)ことを指摘し、「女子生徒は在日の広告塔か」と問題提起した[4]

金の取材は、のちに朝日新聞OBの永栄潔が長谷川熙との著書「こんな朝日新聞に誰がした?」で「自分の娘を使っての自作自演なんです。娘の親は(朝鮮)総連(在日本朝鮮人総連合会)で私の隣にいた男です。北で何かあると、その男の娘らの服が切られる。『朝日』にしか載らないが、書いている記者も私は知っている」「(自作自演であったということを)書かないことに対する抵抗は幸い薄かった」と追認している。[5]

事件後の動き

日本全国の朝鮮学校ではこの事件報道をきっかけに「第二制服」が作られた。いわゆる普通の制服(ブレザー)である。1999年以降はほとんどの朝鮮学校で「第二制服」が着用されている。

日本政府は、人種差別撤廃条約に関連してこの事件に言及した[6]

また内田雅敏によると、1994年時点で「北朝鮮の『核疑惑』を理由として、日本国内において、またぞろ朝鮮人学生らに対する嫌がらせ、チマチョゴリの切り裂きなどの事態が頻発している」とある[7]

同様の記述を田中宏も行っており、「北朝鮮の核疑惑が報道されると、94年4月ごろから、またまた『チマ・チョゴリ事件』が相次いだ。チマ・チョゴリは朝鮮人学校に通う女子生徒が着用しているが、通学途中、それが切られる事件がおきるのである」とある[8]

脚注・出典

  1. ^ 原寿雄 『ジャーナリズムの思想』 岩波新書 新赤版494 ISBN 4004304946、186p
  2. ^ 1994年6月16日 朝日新開
  3. ^ 参院法務委員会
  4. ^ a b c d e f 金武義「『チマ・チョゴリ切り裂き事件』の疑惑」、『宝島30』1994年12月号、宝島社、1994年11月。
  5. ^ こんな朝日新聞に誰がした? 長谷川熙・永栄潔共著/WAC/2016年12月 出版 P179
  6. ^ 人種差別撤廃条約第1回・第2回定期報告(仮訳) IV.第4条
  7. ^ 内田雅敏 『「戦後補償」を考える』 講談社現代新書 1213 1994年8月20日第1刷発行 ISBN 4061492136、198p
  8. ^ 田中宏 『在日外国人 新版 法の壁、心の溝岩波新書 新赤版379 ISBN 4004303702、249-250p。1995年1月20日第1刷発行。1998年4月6日発行の第8刷で確認。

関連項目