ダレン・オディー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ダレン・オディー Football pictogram.svg
Darren O'Dea 2011.jpg
EURO2012予選ロシア戦(2011年9月)
名前
ラテン文字 Darren O'Dea
基本情報
国籍 アイルランドの旗 アイルランド
生年月日 (1987-02-04) 1987年2月4日(32歳)
出身地 ダブリン
身長 185cm
体重 85kg
選手情報
在籍チーム スコットランドの旗 ダンディーFC
ポジション DF (CB, LSB)
背番号 6
利き足 左足
ユース
アイルランドの旗 ホーム・ファーム
2005-2006 スコットランドの旗 セルティック
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2006-2012 スコットランドの旗 セルティック 49 (4)
2009 イングランドの旗 レディング (laon) 8 (0)
2010-2011 イングランドの旗 イプスウィッチ (loan) 20 (0)
2011-2012 イングランドの旗 リーズ (loan) 35 (2)
2012-2013 カナダの旗 トロント 26 (1)
2013-2014 ウクライナの旗 メタルルフ・ドネツィク 16 (2)
2014-2015 イングランドの旗 ブラックプール 19 (0)
2015 インドの旗 ムンバイ・C 9 (0)
2016- スコットランドの旗 ダンディー 37 (2)
代表歴2
0000-2007 アイルランドの旗 アイルランド U-19
2007-2008 アイルランドの旗 アイルランド U-21 10 (1)
2009- アイルランドの旗 アイルランド[1] 20 (1)
1. 国内リーグ戦に限る。2017年3月14日現在。
2. 2014年5月12日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ダレン・オディーDarren O'Dea, 1987年2月4日 - )は、アイルランドダブリン出身の同国代表サッカー選手ダンディーFC所属。ポジションはセンターバックオディー (O'Dee) [2]ともオデイ (O'Day) とも発音される[3]

セルティックFCでキャリアを始め、2006-07シーズンにトップチームへ昇格した後は、同シーズン、2007-08シーズンとスコティッシュ・プレミアリーグ2連覇を経験し、2008年にスコティッシュカップ、2009年にスコティッシュリーグカップをそれぞれ1回獲得した。2009-10シーズン前半はフットボールリーグ・チャンピオンシップレディングFCで半年過ごし、シーズン後半はセルティックに復帰。一時的に主将を務めたが、以降はセルティックでの出場機会はなく、2010-11、2011-12シーズンはそれぞれフットボールリーグ・チャンピオンシップのイプスウィッチ・タウンFCリーズ・ユナイテッドAFCへ貸し出された。2012年から2013年はトロントFCに在籍していた。

アイルランド代表としては、U-21での主将を経てA代表でプレーしており、UEFA EURO 2012の登録メンバーだった。

経歴[編集]

クラブ[編集]

初期[編集]

バスケットボール選手の両親、特に母は代表選手であった[4]家庭に生まれてダブリンで育ったオディーは、サッカー以外にもクロンキーン・セカンダリースクール在学中にはゲーリックフットボールに親しんでいた[5]

故郷のホーム・ファームFCでサッカー選手としてのキャリアを始め、後にプロとなるオーウェン・ガーヴァン (en) 、クリス・マッキャン (en) 、シェーン・サップル (en) と共にプレーをする[6]中でU-15セルティックFCを相手に2得点を挙げる活躍がトミー・バーンズ (en) 監督の目に留まり、セルティックの下部組織に入団した[4]

セルティック[編集]

セルティックの下部組織とリザーブチームで育成された後、2006年9月にスコティッシュリーグカップセント・ミレンFC戦でトップチームから初出場を飾り[7]、それから2ヶ月後のインヴァネス・カレドニアン・シッスルFC戦で後半からスコティッシュ・プレミアリーグ初出場をする。12月6日のUEFAチャンピオンズリーグ 2006-07でのFCコペンハーゲン戦で負傷したスティーヴン・マクマナスに代わってUEFAチャンピオンズリーグ初出場、それから4日後のダンファームリン・アスレティックFC戦で初先発出場を果たす[8]と、12月16日のダンディー・ユナイテッドFC戦で初得点[9]、2007年1月2日のキルマーノックFC戦で2得点目を挙げた[10]。また、同2006-07シーズンは、デビューシーズンながらもセルティックのために重要な役割を果たした。リーグ戦で10試合以上に出場して優勝に貢献すると、UEFAチャンピオンズリーグ 2006-07ベスト16のスタディオ・ジュゼッペ・メアッツァでのACミラン戦では、最終的にアディショナルタイムカカの得点を許し、引き分けに持ち込まれてしまったが、試合後に相手DFで主将のパオロ・マルディーニから若手らしからぬ落ち着いたパフォーマンスを賞賛され[11]、また、ゴードン・ストラカン監督にも感銘を与えた結果として2007年3月13日に契約を3年延長した[12]

2009年3月15日にスコティッシュリーグカップ決勝戦のグラスゴー・レンジャーズFCとのオールドファームでは、延長戦開始90秒に頭で先制点を挙げ、試合終了間際にエイダン・マクギーディペナルティーキックによって2-0で優勝した[13][14]。2010年1月にレディングFCの期限付き移籍から復帰すると、同月の5試合全てに先発出場してレギュラーに返り咲き、さらにマクマナスとガリー・コールドウェルの退団以降は主将に任命される程にトニー・モウブレイ (en) 監督から信頼を寄せられた[15]

他クラブに期限付き移籍で過ごした後、2012年6月1日に契約満了に伴い放出された。契約には1年間の延長オプションが付随されていたものの、オディー本人が行使しないことを決定し、チームに感謝して入団先を探すために退団した[16]

レディングへの期限付き移籍

2009年9月1日にブレンダン・ロジャーズ監督率いるフットボールリーグ・チャンピオンシップレディングFCへ2010年1月1日までの期限付き移籍で加入し[17]、9月12日の本拠地でのドンカスター・ローヴァーズFC戦で初出場を飾った。加入当初はセルティックへの復帰に難色を示す程に順調だった[18]ものの、チームが低迷して残留争いに突入すると控えが定位置となっていた。しかし、期限付き移籍が終了した1月の移籍市場でセルティックに復帰後は、モウブレイ監督及びニール・レノン監督の下で定位置を確保している[19]

イプスウィッチ・タウンへの期限付き移籍

ダニエル・マイストロヴィッチの加入の影響からレノン監督の構想外となったため、2010年8月17日にロイ・キーン監督率いるフットボールリーグ・チャンピオンシップのイプスウィッチ・タウンFCへ5ヶ月の期限付き移籍で加入する[19]。キーン監督解任後にポール・ジュエル監督が就任すると、契約更新の処遇が揺らいだ[20]が、最終的にシーズン終了まで期限付き移籍が延長され[21]フットボールリーグカップアーセナルFC戦で同試合の最優秀選手に選出されるパフォーマンスを披露した[22]。2010-11シーズン終了後にイプスウィッチ・タウンから完全移籍を提示されたが、セルティックへの復帰を決意した[23]。なお、復帰後に定位置を確保することが出来なかった場合は、定期的な出場機会を得るために他クラブへの移籍を考えていることを明かした[24]

リーズ・ユナイテッドへの期限付き移籍

代表でのことを考慮してセルティックで定位置を確保したかった[25]が、2011-12シーズン開始時に先発を掴めず退団の意思を表明した[26]。それに対してレノン監督はオディーを期限付き移籍に出す必要性を感じたため[27]、2011年8月4日にフットボールリーグ・チャンピオンシップのリーズ・ユナイテッドAFCへのシーズン終了までの期限付き移籍が決定し[28]、背番号48が手渡された[29]。なお、入団会見で13歳の頃に同クラブのトライアルに参加していたことを明かした[30]サウサンプトンFCとのシーズン開幕戦 (1-3) に左サイドバックの位置で初出場を飾り[31]、リーグカップのブラッドフォード・シティAFC戦では、代表に招集されていたことで未出場だった[32]リー・ブロンビー (en) が負傷したため、ハル・シティAFC戦では慣れ親しんだセンターバックで起用された[33]

10月18日にエランド・ロードでのコヴェントリー・シティFC戦 (1-1) で移籍後初得点を挙げ[34]、続くピーターバラ・ユナイテッドFC戦 (3-2) で試合終了間際に2試合連続得点にして決勝点を挙げた。なお、シアーノ・ベッキオ (en) が自身の得点と主張していたが、ボレーキックの際にラインを越えたと判断され、オディーの記録に加算されている[35]。10月30日のカーディフ・シティFC戦では、自身のミスからジョー・メイソン (en) に得点を決められ、試合後に頭部を負傷したことによる視力の問題でミスをしたと釈明した[36]。2012年3月24日のミルウォールFC戦でイエローカード通算10枚目を提示されたことで4月の2試合は出場停止となる[37]と、さらに、4月17日のブラックプールFC戦でアンヘルに対するファールでイエローカード2枚目による退場処分となり、シーズン残りの欠場が決定した[38]。シーズン前半戦が終了後、2012年1月の移籍市場、又は期限付き移籍が終了する前までにリーズへの完全移籍を望んでいた[39]ものの、4月20日にニール・ウォーノック (en) 監督からクラブが完全移籍での獲得を望んでいないことを伝えられて退団となった[40]

トロント[編集]

2012年8月3日にメジャーリーグサッカートロントFCへ完全移籍する[41]。リーグで2番目に悪い守備を立て直すため期待を寄せられ、練習で早速リーダーシップを発揮していた[42]オディーは、18日のスポーティング・カンザスシティ戦 (0-1) で初出場を飾り[43]、9月上旬には、股関節手術のためシーズンを終了するトルステン・フリンクスから主将を引き継いだ[44]。2013年7月3日、同じくカナダを拠点とし、ライバル関係にあるモントリオール・インパクト戦 (3-3) で初得点を挙げた[45]

2013年7月13日、特別指定外の選手としては最高年俸を受け取っていたことでサラリーキャップの年俸総額の上限に空きを作るため、トロントを退団することとなった[46][47]

メタルルフ・ドネツク[編集]

2013年7月19日にウクライナ・プレミアリーグFCメタルルフ・ドネツィクと3年契約を締結する[48]。翌日のFCカルパティ・リヴィウ戦 (1-1) で初出場を飾り[49]、出場2試合目の敵地でのFCヴォルスクラ・ポルタヴァ戦で初得点を挙げた[50]

ダンディー[編集]

2016年1月7日、スコティッシュ・プレミアシップダンディーFCとシーズン終了までの契約で加入した[51]

代表[編集]

アイルランド代表としては、U-19、U-21でプレーし、それから1年も経たない内にA代表にまで招集された。2007年3月3日にドン・ギブンス (en) 監督の下でU-21代表に招集されて[52]主将を務めると、その1週間後には24日のウェールズと28日のスロバキアとのUEFA EURO 2008予選へ向けてA代表に初招集された[53][54]

2008年5月13日、ジョバンニ・トラパットーニ新監督が最初に指揮する2010 FIFAワールドカップ・ヨーロッパ予選ブルガリア代表戦とイタリア代表戦に向けて招集され[55]、2009年9月8日の親善試合での南アフリカ戦でポール・マクシェインに代わって後半から初出場を飾る[56]。2010年5月下旬の親善試合でのパラグアイ戦とアルジェリア戦で再招集され、28日のアルジェリア戦 (3-0) で早期に負傷したジョン・オシェイに代わって代表2試合目に出場し、無失点に貢献した[57]。11月のアビバ・スタジアムでのノルウェー戦で初先発出場を果たした[1]。2011年3月26日のUEFA EURO 2012予選マケドニア戦で公式戦初先発出場を果たす[1]と、8月10日のクロアチア戦で後半から出場して代表10試合目を記録し、先発出場した9月6日のロシア戦 (0-0) でリチャード・ダンとの連携したプレーは目を見張るものがあった[1]

クラブと代表の両方での活躍から、クラブでの同僚エイダン・ホワイト (en) と共にFAIインターナショナル・フットボール・アワーズ英語版年間最優秀若手選手部門の候補に選出され[58]、2012年2月にFAIの授賞式で最優秀若手選手賞を受賞した[59]

2012年10月16日の2014 FIFAワールドカップ・ヨーロッパ予選でのフェロー諸島戦で代表初得点を挙げた[60]

私生活[編集]

2006年にメリッサ・チョン (Melissa Chung) と出会って付き合う[61]。2010年12月には第1子となる娘を授かり[62]、2011年6月にメリッサと結婚した[63]

2010年、ナイトクラブでギャングの彼女と会話していたところをギャングに関係性を誤解され、拳銃で膝を撃つと脅された[64]

タイトル[編集]

アイルランド代表
クラブ

セルティックFC

個人

脚注[編集]

  1. ^ a b c d "Darren O'Dea" fai.ie
  2. ^ "Irish defender Darren O’Dea travels globe for Ireland, Toronto FC"
  3. ^ "Toronto Signs Darren O’Dea"
  4. ^ a b "Football: O'DEA: I WAS SO HOMESICK I ALMOST QUIT; Now Celtic star signs deal to 2010" thefreelibrary.com
  5. ^ "Football: O'DEA HAS ACHIEVED SIRO YET; YOUNG DUBLINER REVEALS HIS HOOPS OF CONQUERING EUROPE WITH HIS BHOYHOOD HEROES Darren wants Lions' share of glory" thefreelibrary.com
  6. ^ "O'Dea's chance to shine for Trap tonight"
  7. ^ "Celtic 2-0 St Mirren" BBC Sports
  8. ^ "Bright O'Dea is in the zone for Old Firm debut"
  9. ^ "Celtic 2-2 Dundee Utd" BBC Sports
  10. ^ "Celtic 2-0 Kilmarnock" BBC Sports
  11. ^ "Shyberry to San Siro . . . and O'Dea has hunger for more"
  12. ^ "O'Dea signs new deal with Celtic"
  13. ^ "Celtic 2-0 Rangers" BBC Sports
  14. ^ "Loyal O’Dea puts Cup final goal down to cramp"
  15. ^ "Celtic will allow manager Tony Mowbray to sign striker and defender"
  16. ^ "Darren O’Dea thanks Peter Lawwell for allowing him to leave Celtic"
  17. ^ "Celtic's O'Dea on loan at Reading"
  18. ^ "Darren O'Dea not ready for Celtic return - yet"
  19. ^ a b "Celtic's Darren O'Dea is loaned to Ipswich Town"
  20. ^ "Uncertain future for O'Dea"
  21. ^ "O'Dea extends Town stay"
  22. ^ "Loan Report: Darren O'Dea"
  23. ^ "O'Dea wants Celtic return"
  24. ^ "O'Dea waits on Celtic future"
  25. ^ "Darren O'Dea may quit Celtic"
  26. ^ "Darren O’Dea: It’s time for me to move on"
  27. ^ "Leeds United sign Darren O'Dea from Celtic"
  28. ^ "Leeds complete Darren O'Dea loan signing from Celtic"
  29. ^ "United Boss Is Aiming High"
  30. ^ "Darren's Complete And Ready To Go"
  31. ^ "United Crash At Southampton"
  32. ^ "Aidy Gets The Call To Miss Bradford Clash"
  33. ^ "Sparkling Leeds Hit Hull For Four"
  34. ^ "Injury time goal denies Leeds victory..."
  35. ^ "Leeds late show punishes Posh"
  36. ^ "Leeds salvage draw with Cardiff City after Darren O'Dea's dizzy spell"
  37. ^ "O'dea hoping for future stay"
  38. ^ "Blackpool 1 Leeds 0: Holloway's men close in on play-offs thanks to late goal"
  39. ^ "O'Dea keen on Leeds stay"
  40. ^ "Leeds United allow Darren O'Dea to leave early"
  41. ^ "Toronto FC signs defenceman Darren O'Dea"
  42. ^ "O’Dea settling in with Toronto FC"
  43. ^ "Toronto FC defeated by Sporting KC 1-0 at BMO Field"
  44. ^ "Toronto FC captain Torsten Frings to miss rest of season with hip injury"
  45. ^ "Impact erase 2-goal deficit to salvage draw with Toronto FC"
  46. ^ "Toronto FC parts ways with captain Darren O'Dea"
  47. ^ "Ex-Toronto FC captain Darren O’Dea leaves for Ukraine with no hard feelings"
  48. ^ "Ireland's Darren O'Dea signs with Ukrainian side Metalurh Donetsk"
  49. ^ "O'Dea 'not yet ready' at Donetsk"
  50. ^ "Former Celtic and Leeds United defender scores first goal for Ukrainian outfit"
  51. ^ Darren O'Dea: Dundee sign former Celtic defender”. BBC Sport (2016年1月7日). 2017年3月14日閲覧。
  52. ^ "Darren O'Dea a hit for Celtic and happy to sign an extended contract"
  53. ^ "Keogh comes in for injured Folan"
  54. ^ "Celtic goal hero Darren O'Dea called into Ireland squad"
  55. ^ "Keeper Kiely in Republic return"
  56. ^ "Rep of Ireland 1-0 South Africa - Matchtracker" rte.ie
  57. ^ "As It Happened: Rep of Ireland 3-0 Algeria" rte.ie
  58. ^ "IRISH DOUBLE ACT UP FOR AWARDS"
  59. ^ a b "Red carpet: here are your winners from last night’s FAI Awards" Archived 2014年1月16日, at the Wayback Machine.
  60. ^ "Ireland get back on track with Faroes win"
  61. ^ "Melissa Cheung is a WAG star"
  62. ^ "O’Dea will always remember"
  63. ^ "'Er, you know we're meant to be getting wed in a fortnight, darling? I can't make it.. I'm gonna be playing for Ireland' What Celtic star Darren O'Dea told model wife-to-be"
  64. ^ "Exclusive: Drugs baron threatens to gun down Celtic ace Darren O'Dea"

外部リンク[編集]