スパイグラス・メディア・グループ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Spyglass Media Group LLC.
商号
Spyglass Media Group
以前の社名
Spyglass Entertainment(1998–2012)
元の種類
Private
業種 映画
前身 キャラバン・ピクチャーズ
設立 1998年
2019年 (relaunch)
創業者 ゲイリー・バーバー
ロジャー・バーンボーム
解散 2012 (original)
本社 センチュリーシティ英語版
主要人物
  • ゲイリー・バーバー (Chairman & CEO)[1]
  • Lauren Whitney (president, TV)[2]
  • Damien Marin (president, worldwide distribution and acquisitions)[3]
製品 映画
所有者
ウェブサイト spyglassmediagroup.com
Spyglass Entertainment
種類
子会社
業種 映画
前身 キャラバン・ピクチャーズ
設立 1998年
創業者 ゲイリー・バーバー
ロジャー・バーンバウム
本社
主要人物
ジェフリー・チャーノフ
ジョナサン・グリックマン
親会社 サーベラス・キャピタル・マネジメント

スパイグラス・メディア・グループLLC.(Spyglass Media Group LLC.、旧称:スパイグラス・エンターテインメントSpyglass Entertainment)は、1998年にゲイリー・バーバーロジャー・バーンボームによって設立されたアメリカ映画製作会社。スパイグラスとは、日本語で小型望遠鏡という意味。

社歴[編集]

スパイグラス・エンターテインメント[編集]

1998年8月21日、モーガン・クリーク・プロダクションズの前副会長兼COOであるゲイリー・バーバーは、キャラバン・ピクチャーズの前代表であるロジャー・バーンボームを共同設立者として、スパイグラス・エンターテインメントを設立した。この会社は、ディズニーが出資していたこともあり、ディズニーと5年間の配給契約を結ぶこととなった。バーンボームは、当時のディズニー・スタジオのチーフ、ジョー・ロスに促されてキャラバン社を退職していた。ロスは、ディズニーが年間の製作量を減らしていることから、ニュー・リージェンシー・プロダクションのような独立採算の製作会社を設立することを勧めたのだ。キャラバン社に残っていた3作品が公開された後、キャラバン社は活動を停止した。また、ディズニー社からは、同社の映画プロジェクトのリストと、先行投資として1,000万ドルから2,000万ドルの初期資金の提供を受けた[5]。スパイグラスはウォルト・ディズニー・スタジオを拠点に活動していた。1998年10月29日、欧州のメディアコングロマリットであるキルヒ・グループとメディアセットが、ドイツ、イタリア、スペイン、ポーランド、旧ソ連において、5年以上にわたり、15本から25本の映画の劇場、ビデオ、テレビの配給権に投資した[6]M・ナイト・シャマラン監督の『シックス・センス』(1999年公開)がスパイグラスの最初の作品となり、全世界で6億6100万ドルの興行収入を記録[7]

2000年5月23日には、北欧のSvensk Filmindustri、ポルトガルのLusomundoとともに、ディズニーはスパイグラス社が発行する10%の新株を引き受けて、スパイグラス社の資金調達に協力した[8][9]。2003年3月7日、スパイグラス・エンターテイメントは、Village Roadshowとオーストラリア、ニュージーランド、ギリシャにおける4年間の配給契約に合意した[10]

2002年8月6日、Spyglass Entertainmentはテレビ部門を立ち上げ、小規模なスクリーンプロジェクトに注力していた。『Miracles』はスパイグラス社のテレビ部門でサポートする予定のプロジェクトの一つである[11]

同年、小規模な独立系映画配給会社であるIntermediaとの合併を試みたが、失敗に終わった[12]

2003年12月、スパイグラス社はディズニーとの契約を終了し、ドリームワークスと4年間のファーストルック非独占的共同出資・製作契約に合意した。この契約は最終的なものではなかった。その後、ドリームワークス社との関係はうまくいかなかった。こうして2003年9月23日、Spyglassは代わりにソニー・ピクチャーズと同様の契約を結んだ。スパイグラス社はソニーの敷地内ではなく、ロサンゼルスのウェストウッドにあるマードックプラザに移転した[7]

2010年3月25日までにスパイグラス社はサーベラス・キャピタル・マネジメントに買収された[13]

2010年12月20日、ゲイリー・バーバーロジャー・バーンボームは、当時破産から脱却したばかりだったメトロ・ゴールドウィン・メイヤーの持ち株会社であるMGM Holdingsの共同会長兼CEOに就任した。当初の計画ではスパイグラス・ライブラリーがMGMに加えられていたが、後に計画から外された[14]

スパイグラス・メディア・グループ[編集]

2019年3月13日、バーバーとランタン・エンタテインメントは、イーグル・ピクチャーズとシネワールドを出資者として迎え入れ、スパイグラス・メディア・グループとして会社を立て直した。ランタン社は過半数の出資を行い、また、同社の映画ライブラリーとミラマックス映画の続編の権利をスパイグラスに譲渡した。バーバーは、スパイグラスの商標と、彼が製作に貢献した旧スパイグラスのライブラリーの続編やリメイクの権利を所有している。同社はすべてのプラットフォーム向けにコンテンツを制作することを計画している[1][15]。スパイグラス社はニューヨークの旧Lantern Entertainment/TWCのオフィスを閉鎖する一方で、部門間で合わせて15人のスタッフをレイオフした[16]

2019年4月1日、ミラマックスのテレビ部門担当社長であるローレン・ホイットニーがスパイグラス社における同職に就任した[2]。ダミアン・マリンはMGMからバーバーの後を追って、2019年9月3日にスパイグラスのワールドワイド・ディストリビューションおよび買収担当社長に就任した[3]

2019年4月16日にAT&Tワーナー・ブラザースがスパイグラスの株式を購入したことで、スタジオとファーストルック契約を結んだ[17]。スパイグラスは2019年8月1日にミラマックスの一部を買収する可能性に関与していたが、2週間でその計画から離脱した[18][19]

スパイグラスの復活後初のグリーンリット作品は、2019年5月6日に発表された『ヘルレイザー』フランチャイズのリバイバル作品である[20]。2019年11月に同社がスティーブン・キングの『The Institute』本の権利を獲得したことで、ジャック・ベンダーとデヴィッド・E・ケリーがペアを組み、ミニシリーズとして企画開発・製作を行うことになった。また、ベンダーはスパイグラス社とテレビドラマのファーストルック契約を結んだ[21]

MGMフィジカル・プロダクション社長のPeter Oillataguerreは、バーバー直属のスパイグラス・メディア・グループのプロダクション社長に任命された[22]

2021年7月15日、ライオンズゲートは、それまでスパイグラス社が所有していたワインスタイン・カンパニーの映画ライブラリーの大半を買収しただけでなく、スパイグラス社の20%の株式を取得し、同社とテレビのファーストルック契約を結んだ[4]

海外での製作映画配給担当企業[編集]

製作作品フィルモグラフィ[編集]

1990年代[編集]

邦題
原題
公開日 配給会社 備考 製作費 興行収入
ハーモニーベイの夜明け
Instinct
1999年6月4日 ブエナ・ビスタ・ピクチャーズ ディズニー・レーベルのタッチストーン・ピクチャーズより公開、バーバラ・ボイル/マイケル・テイラー・プロダクションとの共同製作; 製作作品第1作目 $80 million $34.1 million
シックス・センス
The Sixth Sense
1999年8月6日 ディズニー・レーベルのハリウッド・ピクチャーズより公開、The Kennedy/Marshall CompanyBarry Mendel Productionsとの共同製作。 $40 million $672.8 million
インサイダー
The Insider
1999年11月5日 ディズニー・レーベルのタッチストーン・ピクチャーズから公開、Forward PassEric Roth Productionsとの共同製作。 $68 million $60.2 million

2000年代[編集]

邦題
原題
公開日 配給会社 備考 製作費 興行収入
ミッション・トゥ・マーズ
Mission to Mars
2000年3月10日 ブエナ・ビスタ・ピクチャーズ ディズニー・レーベルのタッチストーン・ピクチャーズより公開、Jacobson Companyと共同製作 $100 million $111 million
僕たちのアナ・バナナ
Keeping the Faith
2000年4月14日 ディズニー・レーベルのタッチストーン・ピクチャーズから公開され、バーンボーム/バーバー・プロダクション、Koch Co.Blumberg/ノートン・プロダクション、Triple Threat Talentとの共同製作。 $29 million $59.9 million
シャンハイ・ヌーン
Shanghai Noon
2000年5月26日 ディズニー・レーベルのタッチストーン・ピクチャーズから公開され、バーンボーム/バーバー・プロダクションズとJackie Chan Films Ltd.との共同製作。 $55 million $100.5 million
クールボーダー
Out Cold
2001年11月21日 ディズニー・レーベルのタッチストーン・ピクチャーズから公開、バーンボーム/バーバー・プロダクションズとThe Donners' Companyとの共同製作。 $24 million $14.8 million
モンテ・クリスト伯
The Count of Monte Cristo
2002年1月25日 ディズニー・レーベルのタッチストーン・ピクチャーズから公開、バーンボーム/バーバー・プロダクションズとの共同製作。 $35 million $75.4 million
コーリング
Dragonfly
2002年2月22日 ユニバーサル・ピクチャーズ Gran Via ProductionsShady Acres Entertainmentとの共同製作、Buena Vista Internationalによる海外配給 $60 million $52.3 million
サラマンダー
Reign of Fire
2002年7月12日 ブエナ・ビスタ・ピクチャーズ ディズニー・レーベルのタッチストーン・ピクチャーズから公開、バーンボーム/バーバー・プロダクションズとThe Zanuck Companyとの共同製作。 $60 million $82.2 million
ケイティ
Abandon
2002年10月18日 パラマウント・ピクチャーズ Lynda Obst Productionsとの共同製作、Buena Vista Internationalによる海外配給 $25 million $12.3 million
リクルート
The Recruit
2003年1月31日 ブエナ・ビスタ・ピクチャーズ ディズニー・レーベルのタッチストーン・ピクチャーズから公開、バーンボーム/バーバー・プロダクションズとEpsilon Motion Picturesによる共同製作。 $46 million $101.2 million
シャンハイ・ナイト
Shanghai Knights
2003年2月7日 ディズニー・レーベルのタッチストーン・ピクチャーズから公開され、バーンボーム/バーバー・プロダクションズとJackie Chan Films Ltd.との共同製作。 $50 million $88.3 million
ブルース・オールマイティ
Bruce Almighty
2003年5月23日 ユニバーサル・ピクチャーズ Shady Acres EntertainmentPit Bull Productionsとの共同製作、海外配給はBuena Vista International $81 million $484.6 million
シービスケット
Seabiscuit
2003年7月7日 ドリームワークス・ピクチャーズザ・ケネディ/マーシャル・カンパニーLarger Than Life Productionsとの共同製作、海外配給はブエナ・ビスタ・インターナショナル $87 million $148.3 million
スカーレット・ヨハンソンの百点満点大作戦
The Perfect Score
2004年1月30日 パラマウント・ピクチャーズ Roger Birnbaum ProductionsMTVフィルムズTollin/Robbins Productionsとの共同製作 N/A $10.8 million
connie & carla コニー&カーラ
Connie and Carla
2004年4月16日 ユニバーサル・ピクチャーズ バーンボーム/バーバー・プロダクションズとの共同製作 $27 million $11.3 million
Mr. 3000
Mr. 3000
2004年9月17日 ブエナ・ビスタ・ピクチャーズ ディズニー・レーベルのタッチストーン・ピクチャーズから公開、Dimension Filmsバーンボーム/バーバー・プロダクションズ、ザ・ケネディ/マーシャル・カンパニーとの共同製作。 $30 million $21.8 million
キャプテン・ウルフ
The Pacifier
2005年3月4日 ディズニー・レーベルのウォルト・ディズニー・ピクチャーズより公開、バーンボーム/バーバー・プロダクションズとの共同製作。 $56 million $198.6 million
銀河ヒッチハイク・ガイド
The Hitchhiker's Guide to the Galaxy
2005年4月29日 ディズニー・レーベルのタッチストーン・ピクチャーズから公開、バーンボーム/バーバー・プロダクションズ、Hammer & TongsEveryman Picturesとの共同製作。 $45–50 million $104.5 million
レジェンド・オブ・ゾロ
The Legend of Zorro
2005年10月28日 ソニー・ピクチャーズ リリーシング sソニー・レーベルのコロンビア ピクチャーズより公開、アンブリン・エンターテインメントパークス/マクドナルド・プロダクションズとの共同製作。 $65 million $142.4 million
SAYURI
Memoirs of a Geisha
2005年12月9日 配給元はソニー・レーベルのコロンビア ピクチャーズ、共同製作はドリームワークス・ピクチャーズアンブリン・エンターテインメントRed Wagon Entertainment、海外配給はBuena Vista International。 $85 million $162.2 million
南極物語
Eight Below
2006年2月17日 ブエナ・ビスタ・ピクチャーズ ディズニーレーベルのウォルト・ディズニー・ピクチャーズから公開され、Mandeville Filmsザ・ケネディ/マーシャル・カンパニーとの共同製作。 $40 million $120.5 million
DEATH GAME デスゲーム
Stay Alive
2006年3月24日 配給元はディズニー・レーベルのハリウッド・ピクチャーズ、共同製作はEndgame EntertainmentWonderland Sound and Visionバーンボーム/バーバー・プロダクションズ。海外配給担当はユニバーサル・ピクチャーズ $20 million $27.1 million
スティック・イット!
Stick It
2006年4月28日 ディズニー・レーベルのタッチストーン・ピクチャーズから公開され、バーンボーム/バーバー・プロダクションズ、Gail Lyon ProductionsJessica Bendinger Productionsとの共同製作。 $20 million $31.9 million
ルックアウト/見張り
The Lookout
2007年3月30日 ディズニー・レーベルのミラマックス・フィルムズから公開され、Laurence Mark Productionsパークス-マクドナルド・プロダクションズ、バーンボーム/バーバー・プロダクションズとの共同製作。 $16 million $5.4 million
臨死
The Invisible
2007年4月27日 ディズニー・レーベルのハリウッド・ピクチャーズから公開、バーンボーム/バーバー・プロダクションズ、MacariEdelstein Productionsとの共同製作。 N/A $26.8 million
エバン・オールマイティ
Evan Almighty
2007年6月22日 ユニバーサル・ピクチャーズ レラティビティ・メディアオリジナル・フィルムShady Acres Entertainmentバーンボーム/バーバー・プロダクションズとの共同製作。 $175 million $173.4 million
鉄ワン・アンダードッグ
Underdog
2007年8月3日 ブエナ・ビスタ・ピクチャーズ ディズニーレーベルのウォルト・ディズニー・ピクチャーズから公開され、バーンボーム/バーバー・プロダクションズ、Jay Polstein Productions、Classic Mediaとの共同製作 $25 million $65.3 million
燃えよ!ピンポン
Balls of Fury
2007年8月29日 Rogue Pictures Intrepid Picturesバーンボーム/バーバー・プロダクションズとの共同製作。 N/A $41.1 million
幸せになるための27のドレス
27 Dresses
2008年1月18日 20世紀フォックス フォックスのレーベルであるフォックス2000ピクチャーズから公開され、バーンボーム/バーバー・プロダクションズとDune Entertainment III, LLCとの共同製作。 $30 million $160.3 million
ミート・ザ・ジェンキンズ
Welcome Home Roscoe Jenkins
2008年2月8日 ユニバーサル・ピクチャーズ ステューバー-ペアレント・プロダクションズとの共同製作 $35 million $43.6 million
パラサイト・バイティング 食人草
The Ruins
2008年4月4日 パラマウント・ピクチャーズ パラマウントレーベルのドリームワークス・ピクチャーズより公開、Red Hour Filmsとの共同製作。 $8 million $22.3 million
ハプニング
The Happening
2008年6月13日 20世紀フォックス Dune EntertainmentUTV Motion PicturesBlining Edge Picturesとの共同製作。 $48 million $163.4 million
愛の伝道師 ラブ・グル
The Love Guru
2008年6月20日 パラマウント・ピクチャーズ co-production with Nomoneyfun FilmsMichael de Luca Productionsとの共同製作。 $62 million $40.9 million
ウォンテッド
Wanted
2008年7月3日 ユニバーサル・ピクチャーズ レラティビティ・メディアMarc Platt ProductionsKickstart Productionsトップ・カウ・プロダクションとの共同製作。 $75 million $341.4 million
オー!マイ・ゴースト
Ghost Town
2008年9月19日 パラマウント・ピクチャーズ パラマウントレーベルのドリームワークス・ピクチャーズから公開され、Pariahとの共同製作。 $20 million $27.1 million
幸せのきずな
Flash of Genius
2008年10月3日 ユニバーサル・ピクチャーズ バーンボーム/バーバー・プロダクションズとStrike Entertainmentとの共同製作 $20 million $4.8 million
フォー・クリスマス
Four Christmases
2008年12月3日 ワーナー・ブラザース・ピクチャーズ ワーナー・レーベルのニューライン・シネマより公開、バーンボーム/バーバー・プロダクションズ、Wild West Picture Show ProductionsおよびType A Filmsとの共同製作。 $80 million $163.7 million
スター・トレック
Star Trek
2009年7月4日 パラマウント・ピクチャーズ バッド・ロボット・プロダクションズとの共同製作 $150 million $385.7 million
G.I.ジョー
G.I. Joe: The Rise of Cobra
2009年8月7日 ハズブロdi Bonaventura Picturesとの共同製作 $175 million $302.5 million
インビクタス/負けざる者たち
Invictus
2009年12月30日 ワーナー・ブラザース・ピクチャーズ Revelations EntertainmentMace Neufeld ProductionsMalpaso Productionsとの共同製作。 $50–60 million $122.2 million

2010年代[編集]

邦題
原題
公開日 配給会社 備考 製作費 興行収入
リープ・イヤー うるう年のプロポーズ
Leap Year[23]
2010年1月8日 ユニバーサル・ピクチャーズ 共同製作:BenderSpinkバーンボーム/バーバー・プロダクションズ $19 million $32.6 million
伝説のロックスター再生計画!
Get Him to the Greek[24]
2010年6月4日 レラティビティ・メディアApatow Productionsとの共同製作 $40 million $91.3 million
奇人たちの晩餐会 USA
Dinner for Schmucks[25]
2010年7月30日 パラマウント・ピクチャーズ パラマウントレーベルのドリームワークス・ピクチャーズより公開。Parkes/MacDonald ProductionsReliance Big PicturesEveryman Picturesとの共同製作。 $69 million $86.9 million
ツーリスト
The Tourist[26]
2010年12月10日 ソニー・ピクチャーズ リリーシング ソニー・レーベルのコロンビア ピクチャーズから公開され、GK Filmsバーンボーム/バーバー・プロダクションズ、スタジオカナルとの共同製作 $100 million $278.3 million
僕が結婚を決めたワケ
The Dilemma[27]
2011年1月14日 ユニバーサル・ピクチャーズ イマジン・エンターテインメントWild West Picture Show Productionsとの共同製作。 $70 million $69.7 million
抱きたいカンケイ
No Strings Attached[28]
2011年1月21日 パラマウント・ピクチャーズ パラマウントレーベルのDW Studiosから公開され、Cold Spring PicturesThe Montecito Picture Companyとの共同製作。 $25 million $149.2 million
フットルース 夢に向かって
Footloose[29]
2011年10月14日 MTVフィルムズ、Dylan Sellers Productions、Zadan/Meron Productions、Weston Picturesとの共同製作 $24 million $63.5 million
君への誓い
The Vow[30]
2012年2月10日 Sony Pictures Releasing ソニー・レーベルのスクリーン・ジェムズから公開され、バーンボーム/バーバー・プロダクションズとの共同製作。 $30 million $196.1 million

2020年代[編集]

邦題
原題
公開日 配給会社 備考
スクリーム
Scream[31]
2022年1月14日 パラマウント・ピクチャーズ, スパイグラス・メディア・グループ(一部のマーケット) co-production with Paramount, Radio Silence, Project X[32]

企画開発中[編集]

邦題
原題
配給会社 備考
Hellraiser[20][33] Hulu co-production with Phantom Four Films
Perfect Strangers[34] TBA co-production with Eagle Pictures, 3 Marys Entertainment and Hoorae
Short Circuit[35] TBA co-production with Project X Entertainment and Rehab Entertainment
Untitled Spy Kids film[36] TBA co-production with Skydance Media and Troublemaker Studios

出典[編集]

  1. ^ a b c d Lang, Brent (2019年3月13日). “Gary Barber Teams With Lantern Entertainment to Launch Spyglass Media Group” (英語). Variety. https://variety.com/2019/film/news/gary-barber-lantern-weinstein-company-mgm-1203162530/ 2019年3月13日閲覧。 
  2. ^ a b Otterson, Joe (2019年3月25日). “Miramax President of TV Lauren Whitney Exits to Join Spyglass Media Group” (英語). Variety. https://variety.com/2019/tv/news/miramax-tv-lauren-whitney-1203170218/ 2019年3月28日閲覧。 
  3. ^ a b Lang, Brent (2019年9月3日). “Spyglass Taps Damien Marin as Distribution and Acquisitions President” (英語). Variety. https://variety.com/2019/film/news/spyglass-damien-marin-1203321563/ 2019年12月10日閲覧。 
  4. ^ a b Maddaus, Gene (2021年7月15日). “Lionsgate Acquires Bulk of Weinstein Film Library in Spyglass Deal”. Variety. 2021年7月16日閲覧。
  5. ^ Eller, Clauida (1998年8月21日). “Spyglass Offers Disney Lower-Risk Deals”. Los Angeles Times. http://articles.latimes.com/1998/aug/21/business/fi-15109 2019年4月10日閲覧。 
  6. ^ Mattzer, Marla (1998年10月29日). “European Firms to Invest in Spyglass”. Los Angeles Times: p. C4. https://www.latimes.com/archives/la-xpm-1998-oct-29-fi-37053-story.html 2019年4月10日閲覧。 
  7. ^ a b Dunkley, Cathy; Brodesser, Claude (2003年9月23日). “Spyglass splits” (英語). Variety. https://variety.com/2003/film/markets-festivals/spyglass-splits-1117892857/ 2019年3月28日閲覧。 
  8. ^ Eller, Claudia (2000年5月23日). “Spyglass Hopes for More Good 'Sense' in Future Projects”. Los Angeles Times: p. C1. https://www.latimes.com/archives/la-xpm-2000-may-23-fi-32930-story.html 2019年4月10日閲覧。 
  9. ^ Eller, Claudia (2002年12月10日). “Spyglass Signs Deal With DreamWorks”. Los Angeles Times. https://www.latimes.com/archives/la-xpm-2002-dec-10-fi-rup10.7-story.html 2019年4月10日閲覧。 
  10. ^ a b Dunkley, Cathy (2003年3月7日). “Roadshow taking Spyglass pix to Oz” (英語). Variety. https://variety.com/2003/film/markets-festivals/roadshow-taking-spyglass-pix-to-oz-1117881822/ 2019年3月28日閲覧。 
  11. ^ Adalian, Josef (2002年8月6日). “Spyglass spiesTV prospects” (英語). Variety. 2020年5月15日閲覧。
  12. ^ Intermedia/Spyglass: A split decision” (英語). Variety (2002年3月13日). 2020年5月15日閲覧。
  13. ^ http://archive.boston.com/business/healthcare/articles/2010/03/25/cerberuss_success_hurt_by_a_pair_of_gambles
  14. ^ McNary, Dave (2010年12月20日). “MGM restructuring becomes official”. Variety. https://variety.com/2010/film/news/mgm-restructuring-becomes-official-1118029320/ 2019年4月10日閲覧。 
  15. ^ Kilday, Gregg (2019年3月13日). “Gary Barber's Spyglass Media Group Takes Control of Former Weinstein Co. Assets”. The Hollywood Reporter. https://www.hollywoodreporter.com/news/gary-barbers-spyglass-media-group-takes-control-weinstein-assets-1194492 2019年3月19日閲覧。 
  16. ^ Friedman, Ryan (2019年3月20日). “Gary Barber's Spyglass Media Group Lays Off 15, Closes Lantern Entertainment's NYC Office”. WrapPRO. https://www.thewrap.com/members/2019/03/20/gary-barbers-spyglass-media-group-lays-off-15-closes-lantern-entertainments-nyc-office-exclusive/ 2019年3月22日閲覧。 
  17. ^ Lang, Brent (2019年4月16日). “Warner Bros. Invests in Spyglass Media” (英語). Variety. https://variety.com/2019/film/news/warner-bros-invests-in-spyglass-media-1203190618 2019年4月18日閲覧。 
  18. ^ Schwartzel, Benjamin Mullin and Erich (2019年8月1日). “Lions Gate, Spyglass Media, Viacom Are Leading Contenders to Buy Stake in Miramax”. Wall Street Journal. https://www.wsj.com/articles/lions-gate-spyglass-media-viacom-are-leading-contenders-to-buy-stake-in-miramax-11564698787 2019年12月10日閲覧。 
  19. ^ Sakoui, Anoshua (2019年8月19日). “Viacom and Lionsgate Go Head-to-Head in Fight for Miramax Stake”. Bloomberg. 2019年12月10日閲覧。
  20. ^ a b McNary, Dave (2019年5月6日). “'Hellraiser' Revival in the Works With 'Dark Knight' Writer David S. Goyer” (英語). Variety. https://variety.com/2019/film/news/clive-barker-hellraiser-spyglass-david-goyer-1203205895/ 2019年12月10日閲覧。 
  21. ^ Thorne, Will (2019年9月10日). “David E. Kelley, Jack Bender Developing Stephen King's 'The Institute' as Limited Series” (英語). Variety. https://variety.com/2019/tv/news/david-e-kelley-jack-bender-stephen-king-the-institute-series-1203330317/ 2019年12月10日閲覧。 
  22. ^ McNary, Dave (2020年4月20日). “Spyglass Hires MGM Veteran Peter Oillataguerre as President of Production” (英語). Variety. https://variety.com/2020/film/news/spyglass-mgm-peter-oillataguerre-president-production-1234584930/ 2020年5月8日閲覧。 
  23. ^ Leap Year (2010)”. AFI Catalog of Feature Films. 2018年5月31日閲覧。
  24. ^ Rechtshaffen, Michael (2010年10月14日). “Get Him to the Greek – Film Review”. The Hollywood Reporter. 2018年5月31日閲覧。
  25. ^ Dinner for Schmucks (2010)”. AFI Catalog of Feature Films. 2018年5月31日閲覧。
  26. ^ McCarthy, Todd (2010年12月8日). “Todd McCarthy's Review of 'The Tourist' With Johnny Depp and Angelina Jolie”. The Hollywood Reporter. 2018年5月31日閲覧。
  27. ^ The Dilemma”. ComingSoon.net. CraveOnline. 2011年1月10日閲覧。
  28. ^ McCarthy, Todd (2011年1月16日). “Film Review: 'No Strings Attached' Is Cutesy, Nowhere Near Hot Enough”. The Hollywood Reporter. 2018年5月31日閲覧。
  29. ^ Footloose (2011)”. AFI Catalog of Feature Films. 2018年5月31日閲覧。
  30. ^ The Vow (2012)”. AFI Catalog of Feature Films. 2018年5月31日閲覧。
  31. ^ D'Alessandro, Anthony (2020年8月28日). “'Scream' Relaunch Eyes 2022 Release, 'Snake Eyes' Rolls To 2021 & More – Paramount Release Date Changes”. Deadline Hollywood. 2020年9月7日閲覧。
  32. ^ Kroll, Justin (2020年6月24日). “New 'Scream' Movie From Spyglass Media Will Be Released by Paramount (EXCLUSIVE)” (英語). Variety. 2020年6月24日閲覧。
  33. ^ Kit, Borys (2020年4月10日). “Spyglass' 'Hellraiser' Reboot Finds Its Writing/Directing Team (Exclusive)”. The Hollywood Reporter. 2020年11月24日閲覧。
  34. ^ McNary, Dave (2019年12月4日). “Issa Rae to Star in and Produce 'Perfect Strangers' Remake” (英語). Variety. 2019年12月10日閲覧。
  35. ^ Fleming, Mike Jr. (2020年11月13日). “'Short Circuit' Remake To Get Latinx Jolt From Spyglass Media Group”. Deadline Hollywood. 2020年11月24日閲覧。
  36. ^ Kroll, Justin (2021年1月26日). “Skydance Media To Reimagine The 'Spy Kids' Franchise With Spyglass Media And Series Creator Robert Rodriguez”. Deadline Hollywood. 2021年1月26日閲覧。

外部リンク[編集]