ツーリスト (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ツーリスト
The Tourist
監督 フロリアン・ヘンケル・フォン・ドナースマルク
脚本 フロリアン・ヘンケル・フォン・ドナースマルク
ジュリアン・フェローズ
ジェフリー・ナックマノフ
原作 オリジナル脚本
ジェローム・サル
製作 ゲイリー・バーバー
ロジャー・バーンボーム
ジョナサン・グリックマン
ティム・ヘディントン
グレアム・キング
製作総指揮 ロイド・フィリップス
出演者 ジョニー・デップ
アンジェリーナ・ジョリー
音楽 ジェームズ・ニュートン・ハワード
主題歌 ミューズ
スターライト
撮影 ジョン・シール
編集 ジョー・ハッシング
パトリシア・ロンメル
製作会社 スパイグラス・エンターテインメント
GKフィルムズ
スタジオカナル
配給 アメリカ合衆国の旗 コロンビア映画
日本の旗 SPE
公開 アメリカ合衆国の旗 2010年12月10日
日本の旗 2011年3月5日
上映時間 103分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
フランス語
イタリア語
ロシア語
製作費 $100,000,000[1]
興行収入 $67,631,157[1] アメリカ合衆国の旗カナダの旗
$256,255,530[1] 世界の旗
18.7億円[2]日本の旗
テンプレートを表示

ツーリスト』(The Tourist)は、2010年公開のアメリカ映画。2005年のフランス映画『アントニー・ジマー』を、ドイツ出身のフロリアン・ヘンケル・フォン・ドナースマルクがハリウッド・リメイクした作品である。

ストーリー[編集]

傷心を癒すために、イタリア(ヴェネチア)旅行に来たアメリカ人のフランク(ジョニー・デップ)が、旅路で謎の上流階級の美女のエリーズ(アンジェリーナ・ジョリー)と知り合うことで巨大な計画に巻き込まれてゆく。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
BD・DVD
フランク・トゥーペロ ジョニー・デップ 平田広明
エリーズ・クリフトン・ウォード アンジェリーナ・ジョリー 湯屋敦子
ジョン・アチソン警部 ポール・ベタニー 加瀬康之
ジョーンズ主任警部 ティモシー・ダルトン 仲野裕
レジナルド・ショー スティーヴン・バーコフ 勝部演之
英国人男性 ルーファス・シーウェル 山野井仁

製作[編集]

2008年9月時点ではフランク役にはトム・クルーズが候補に挙がっており、スパイグラスによって出演交渉がされ[3]、ほぼ決定しかけていたが、翌2009年8月、クルーズがジェームズ・マンゴールドの『ナイト&デイ』に出演する為に降板し、サム・ワーシントンが代演すると報じられた[4]。さらに同年11月、ワーシントンの降板が決まるとジョニー・デップへの交渉が開始され[5]、正式に決定した。

エリーズ役は当初シャーリーズ・セロンが演じることになっていた[4]が、2009年10月に降板し[6]、代わりにアンジェリーナ・ジョリーが抜擢された。

監督はバハラット・ナルルーリが勤める予定だったが2009年10月に降板が報じられ[6]、2010年1月、フロリアン・ヘンケル・フォン・ドナースマルクに決定した[7]。他に、アルフォンソ・キュアロンとの交渉がされていた[5]

評価[編集]

評論家の反応[編集]

評論家受けは悪く、Rotten Tomatoesによれば、154のレビューの内支持率は20%だった[8]

ロジャー・エバートが星4点満点中2点[9]ピーター・トラヴァースは星4点満点中0点という評価を下した[10]。一方、『デイリー・メール』紙は星5点中満点という評価を下した[11]

映画賞ノミネーション[編集]

批評家に酷評されたにもかかわらず、第68回ゴールデングローブ賞のミュージカル・コメディ部門の作品賞、主演男優賞、主演女優賞でノミネートされた[12][13]。ロマンティック・スリラーであるにもかかわらず本作はミュージカル・コメディ部門でノミネートされ、ハリウッド外国人記者協会がこれを発表した際にはプレスルームで笑いの声が漏れた[14]

団体 部門 候補者名 結果
ハリウッド外国人映画記者協会[12]
ゴールデングローブ賞
作品賞 (ミュージカル・コメディ部門) ノミネート
主演男優賞 (ミュージカル・コメディ部門) ジョニー・デップ ノミネート
主演女優賞 (ミュージカル・コメディ部門) アンジェリーナ・ジョリー ノミネート

興行成績[編集]

公開初週末3日間で1647万2458ドルを稼ぎ、『ナルニア国物語/第3章: アスラン王と魔法の島』(2400万5069ドル)に次いで初登場2位となった[15]

出典[編集]

  1. ^ a b c The Tourist (2010)” (英語). Box Office Mojo. Amazon.com. 2011年3月14日閲覧。
  2. ^ 2011年度(平成23年)興収10億円以上番組(平成24年1月発表)一般社団法人 日本映画製作者連盟 2012年1月26日発表
  3. ^ トム・クルーズ、ソフィー・マルソー主演のフランス映画リメイクへ出演か?”. シネマトゥデイ (2008年9月2日). 2010年9月17日閲覧。
  4. ^ a b サム・ワーシントン、トム・クルーズに代わってシャーリーズ・セロンと共演”. シネマトゥデイ (2009年8月5日). 2010年9月17日閲覧。
  5. ^ a b 混迷しているリメイク映画で、アンジェリーナ・ジョリーとジョニー・デップの共演が実現か?”. シネマトゥデイ (2009年11月6日). 2010年9月17日閲覧。
  6. ^ a b アンジェリーナ・ジョリーがシャーリーズ・セロンに代わってファム・ファタール役を演じる?”. シネマトゥデイ (2009年10月14日). 2010年9月17日閲覧。
  7. ^ アンジェリーナ・ジョリーとジョニー・デップの共演映画、ついに監督決定”. シネマトゥデイ (2010年1月14日). 2010年9月17日閲覧。
  8. ^ The Tourist (2010)”. Rotten Tomatoes. 2011年3月7日閲覧。
  9. ^ The Tourist :: rogerebert.com :: Reviews”. Chicago Sun-Times. 2011年3月14日閲覧。
  10. ^ Travers, Peter (2010年12月9日). “The Tourist” (英語). Rolling Stone. 2011年3月14日閲覧。
  11. ^ Tookey, Chris (2010年12月14日). “The Tourist: A very Jolie adventure for Johnny”. Daily Mail. 2010年12月15日閲覧。
  12. ^ a b http://www.goldenglobes.org/blog/2010/12/the-68th-annual-golden-globe-awards-nominations/
  13. ^ HFPA - Nominations and Winners 2010”. 2010年12月22日閲覧。
  14. ^ Globe Comedy Nom for 'The Tourist': Now, That's Funny”. The Hollywood Reporter (2010年12月14日). 2011年2月2日閲覧。
  15. ^ Weekend Box Office Results for December 10-12, 2010” (英語). Box Office Mojo. 2011年3月14日閲覧。

外部リンク[編集]