ストレーツ・タイムス指数

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ストレーツ・タイムス指数
FTSE Straits Times Index
Straits Times Index.png
1987年から2012年までの推移
算出開始 1966年
運営者
[1]
取引所 シンガポール証券取引所
構成銘柄数 30
種類 大型株
時価総額
  • S$262,718百万
  • (2014年2月28日現在)
[1]
算出方法 時価総額加重平均型
ウェブサイト FTSE STI

ストレーツ・タイムス指数(ストレーツ・タイムスしすう、ST指数、: FTSE Straits Times Index(ST Index))は、シンガポール証券取引所における株価指数。同証券取引所に上場する銘柄のうち上位30銘柄で構成される、時価総額加重平均型株価指数である。

算出はFTSEグループが行い、FTSEグループとシンガポール証券取引所、SPH Data Services Pte Ltd[2]の共同名義で公表されている[3]

1966年Straits Times Industrials Index (STII)の名称で算出が開始され、1998年8月に「Industrials」の枠を撤廃すると共に名称をST指数へと変更、2008年1月に構成銘柄数が30に限定されると共に、FTSEグループが加わり、現在の算出・公表形態となっている。

現在、FTSEグループが算出するシンガポールの株価指数群「FTSE ST Index Series」の一つと位置づけられているが、本指数は特に知られ、シンガポール証券取引所のベンチマーク指数として広く参照されている。

指数の推移[編集]

年末終値 対前年増減率
1970 139,06
1971 198,69 42,88
1972 432,73 117,79
1973 265,57 -38,63
1974 150,82 -43,21
1975 236,76 56,98
1976 254,81 7,62
1977 264,24 3,70
1978 349,16 32,14
1979 435,41 24,70
1980 660,82 51,77
1981 780,78 18,15
1982 732,32 -6,21
1983 1.002,03 36,83
1984 812,61 -18,90
1985 620,04 -23,70
1986 891,30 43,75
1987 823,58 -7,60
1988 1.038,62 26,11
1989 1.481,33 42,62
1990 1.154,48 -22,06
1991 1.490,70 29,12
1992 1.524,40 2,26
1993 2.425,68 59,12
1994 2.239,56 -7,67
1995 2.266,54 1,20
1996 2.216,79 -2,19
1997 1.529,84 -30,99
1998 1.392,73 -8,96
1999 2.479,58 78,04
2000 1.926,83 -22,29
2001 1.623,60 -15,74
2002 1.341,03 -17,40
2003 1.764,52 31,58
2004 2.066,14 17,09
2005 2.347,34 13,61
2006 2.985,83 27,20
2007 3.482,30 16,63
2008 1.761,56 -49,41
2009 2.897,62 64,49
2010 3.190,04 10,09
2011 2.646,35 -17,04
2012 3.167,08 19,68
2013 3.167,43 0,01
2014 3.365,15 6,24
2015 2.882,73 -14,33
2016 2.880,76 -0,07
2017 3.402,92 18,13
最高値
2007年10月11日 終値 3875,77
2007年10月10日 最高値 3906,16

構成銘柄[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b "Straits Times Index Factsheet" (PDF). FTSE. 
  2. ^ シンガポールプレスホールディングス(SPH)の出資企業。SPHは日刊紙「ストレーツ・タイムス(The Straits Times)」を発行するメディア企業。
  3. ^ GROUND RULES FOR THE Straits Times Index (PDF)”. FTSEグループ (2015年5月). 2015年8月23日閲覧。

外部リンク[編集]