FTSE中国50指数

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

FTSE中国50指数: FTSE China 50 Index: 富时中国50指数)とは、香港証券取引所に上場している中国企業のH株レッドチップPチップの50銘柄からなる FTSE Russell時価総額加重平均型株価指数香港ドル建てと米ドル建てで公表されている。似た名称でFTSE中国A50指数があるが、別物である。[1]

同じような株価指数としてハンセン中国企業指数があり、本指数と同じく50銘柄から構成されている。

構成銘柄[編集]

2022年9月現在、FTSE中国A50指数の方は、重み付けの大きい方から貴州茅台酒(酒造企業)、寧徳時代新能源科技(電池メーカー)、招商銀行であるのに対して、FTSE中国50指数の方は、テンセントアリババグループ美団とIT系が上位を占めていて、構成は大きく異なる。[2][3]

沿革[編集]

2001年4月19日に指数は作られた。2001年3月16日を5,000とする。[1]

ETF・先物[編集]

過去10年間の利回り
コード レバレッジ 年利
FXI 1倍 -0.76%[4]
XPP 2倍 -8.93%[5]
YINN 3倍 -17.34%[6]
2022年末現在。米ドル建て、配当込み。

米国では下記 ETF が上場している。

先物は下記が上場している。

参照[編集]

外部リンク[編集]