株価平均型株価指数

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

株価平均型株価指数(かぶかへいきんがたかぶかしすう)は株価指数の算出方式の一つ。組入銘柄の株価合計を、銘柄数で除算して求めるものである。主としてダウ平均株価が採用する方式で「ダウ式平均株価指数」とも呼ばれる。

概要[編集]

株価の騰落率ではなく騰落金額の平均を示す指数である。株価が100円の銘柄も数万円の銘柄も等しく平均化される事から、発行済株式数は少ないが価格が高い一部の値がさ株の価格変動に左右されやすい性質がある。このため極端な例では、指数は上昇しても値下がり銘柄のほうが多いという状況もあり得る。

騰落率を示す指数方式として、時価総額加重平均型株価指数がある。

株価平均型を採用している主要な株価指数[編集]