フィリピン総合指数

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

フィリピン総合指数(フィリピンそうごうしすう、英語: PSE Composite Index)は、フィリピン株価指数PSEiの略称も用いられる。以前は、PHISIXの略称が使用されていた。フィリピン証券取引所英語版に上場する30銘柄で構成される[1]

広範なフィリピン経済全体の指標としての信頼性に疑問は呈されているものの[2]、フィリピンの代表的株価指数として、フィリピンのビジネス環境の指標として頻繁に言及されている[3]

商工業・不動産・鉱業・石油セクターの主要銘柄で構成される時価総額加重平均型株価指数である。1994年9月30日を基準日とし、その日の時価総額を2922.21(基準値)として算出される[4]

構成銘柄は年最低2回以上見直しが行われる。構成銘柄数は30である。

要件[編集]

フィリピン総合指数に採用される要件は以下の2つがある。[5]

  • 浮動株比率15%以上であること(浮動株基準株価指数)。
    • 2018年までは12%以上とされていた。
  • 流動性と時価総額基準に適合すること。

指数の推移[編集]

以下の表は1980年以来のフィリピン総合指数の推移である[6]

年末終値 対前年増減数 対前年増減率
(%)
1980 256.78
1981 183.91 −72.87 −28.38
1982 170.36 −13.55 −7.37
1983 167.49 −2.87 −1.68
1984 100.29 −67.20 −40.12
1985 131.19 30.90 30.81
1986 424.81 293.62 223.81
1987 813.17 388.36 91.42
1988 841.65 28.48 3.50
1989 1,104.57 262.92 31.24
1990 651.78 −452.79 −40.99
1991 1,151.87 500.09 76.73
1992 1,256.22 104.35 9.06
1993 3,196.08 1,939.86 154.42
1994 2,785.81 −410.27 −12.84
1995 2,594.18 −191.63 −6.88
1996 3,170.56 576.38 22.22
1997 1,869.23 −1,301.33 −41.04
1998 1,968.78 99.55 5.33
1999 2,142.97 174.19 8.85
2000 1,494.50 −648.47 −30.26
2001 1,168.08 −326.42 −21.84
2002 1,018.41 −149.67 −12.81
2003 1,442.37 423.96 41.63
2004 1,822.83 380.46 26.38
2005 2,096.04 273.21 14.99
2006 2,982.54 886.50 42.29
2007 3,621.60 639.06 21.43
2008 1,872.85 −1,748.75 −48.29
2009 3,052.68 1,179.83 63.00
2010 4,201.14 1,148.46 37.62
2011 4,371.96 170.82 4.07
2012 5,812.73 1,440.77 32.95
2013 5,889.83 77.10 1.33
2014 7,230.57 1,340.74 22.76
2015 6,952.08 −278.49 −3.85
2016 6,840.64 −111.44 −1.60
2017 8,558.42 1,717.78 25.11
2018 7,466.02 −1,092.40 −12.76
2019 7,815.26 349.24 4.68

構成銘柄[編集]

2020年8月17日入替時点での構成銘柄である[7]

銘柄 ティッカーシンボル セクター指数
アボイティス・エクイティー・ベンチャー英語版 PSEAEV PSE Holding Firms Index
アボイティズ・パワー英語版 PSEAP PSE Industrial Index
アライアンス・グローバル・グループ英語版 PSEAGI PSE Holding Firms Index
アヤラ・コーポレーション PSEAC PSE Holding Firms Index
アヤラ・ランド英語版 PSEALI PSE Property Index
バンク・オブ・ザ・フィリピン・アイランズ英語版 PSEBPI PSE Financials Index
バンコ・デ・オロ英語版 PSEBDO PSE Financials Index
ブルームベリー・リゾーツ・コーポレーション PSEBLOOM PSE Services Index
DMCI ホールディングス英語版 PSEDMCI PSE Holding Firms Index
エンペラドール英語版 PSEEMP PSE Industrial Index
ファースト・ジェン PSEFGEN PSE Industrial Index
グローブ・テレコム英語版 PSEGLO PSE Services Index
GTキャピタル・ホールディングス英語版 PSEGTCAP PSE Holding Firms Index
インターナショナル・コンテナ・ターミナル・サービス英語版 PSEICT PSE Services Index
JGサミット・ホールディングス PSEJGS PSE Holding Firms Index
ジョリビー・フード・コーポレーション PSEJFC PSE Industrial Index
LTグループ PSELTG PSE Holding Firms Index
メガワールド コーポレーション英語版 PSEMEG PSE Property Index
マニラ電力 PSEMER PSE Industrial Index
メトロ・パシフィック・インベストメンツ PSEMPI PSE Holding Firms Index
メトロポリタン銀行 PSEMBT PSE Financials Index
PLDT PSETEL PSE Services Index
ピュアゴールド・プライス・クラブ英語版 PSEPGOLD PSE Services Index
ロビソンズ ランド英語版 PSERLC PSE Property Index
ロビンソン・リテール・ホールディングス PSERRHI PSE Services Index
サン・ミゲル (企業) PSESMC PSE Holding Firms Index
セキュリティバンク PSESECB PSE Financials Index
SMインベストメンツ英語版 PSESM PSE Holding Firms Index
SMプライム・ホールディングス英語版 PSESMPH PSE Property Index
ユニバーサル・ロビーナ PSEURC PSE Industrial Index

記録[編集]

区分 最高値
終値 9,041.20 2018年1月26日
場中 9,078.37 2018年1月29日

関連項目[編集]

脚註[編集]

  1. ^ The Philippine Stock Exchange”. The Philippine Stock Exchange. 2014年9月17日閲覧。
  2. ^ Heydarian, Richard Javad (2013年3月20日). “Philippine Stocks Crash: Symptom of Growing Economic Imbalances”. HuffPost. https://www.huffingtonpost.com/richard-javad-heydarian/philippine-stocks-crash-s_b_2900518.html 2018年7月31日閲覧。 
  3. ^ Balaba, Jeaneth Michelle L. (June 20–22, 2017). “DOES THE STOCK MARKET DRIVE THE PHILIPPINE ECONOMY?”. DLSU Research Congress 2017. http://www.dlsu.edu.ph/conferences/dlsu-research-congress-proceedings/2017/RVREBM/RVREBM-I-003.pdf 2018年7月31日閲覧。 
  4. ^ iFinance 金融経済用語集 フィリピン総合指数”. 2020年10月31日閲覧。
  5. ^ Resane, Andrea Mei B. (2018年2月13日). “No change in PSE index; sectors undergo revamp” (英語). BusinessWorld. http://bworldonline.com/no-change-pse-index-sectors-undergo-revamp/ 2018年3月27日閲覧。 
  6. ^ Committee for Financial Technical Assistance in Asia: The Stock Markets in Asia, Institute of Global Financial Studies, Foundation for Advanced Information and Research, Tokio 1994
  7. ^ Dumlao-Abadilla, Doris (2020年8月7日). “Emperador in, Semirara out of PSEi” (英語). INQUIRER.net. 2020年9月21日閲覧。

外部リンク[編集]