S&P 500配当貴族指数

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

S&P 500配当貴族指数(エスアンドピー500 はいとうきぞくしすう、英語: S&P 500 Dividend Aristocrats)は、S&Pダウ・ジョーンズ・インデックスの株価指数。25年間以上にわたって、連続増配を行うアメリカ合衆国の上場企業、配当貴族のうち、S&P 500に採用される優良大型株のパフォーマンスを測る目的で設計されている[1]2005年5月より算出開始された[2]

指数は抽出された銘柄に均等配分する構成で、株価の変動に対しては、年4回構成比率の、また、指数構成銘柄については前年の配当実績をもとに毎年1月に見直される[3]

なお、日本においては、2015年よりTOPIX(東証株価指数)構成銘柄の中で、時価総額(500億円以上)と流動性(1日3億円以上の売買代金)の基準を満たす銘柄について、10年以上にわたって配当水準を維持、または増配した銘柄で構成される「S&P/JPX配当貴族指数」が算定されている[1]

2021年現在指数採用銘柄の中で最長記録を持つ企業はザ コカ・コーラ カンパニーで、連続増配記録は58年である[3]

概要[編集]

指数の採用条件は、連続増配25年以上の他、時価総額30億米ドル以上であること、1日の平均取引額500万ドル以上であることが挙げられる[3]

2019年1月現在の構成銘柄をセクター別で見ると、Consumer Staples(生活必需品、23.4%)、Industrials(資本財、21.6%)、Materials(素材、11.8%)の順にウエイトが高く、これら3セクターで全体の56.8%を占めている。S&P 500のセクター構成は、Information Technology(情報技術、19.9%)、Health Care(ヘルスケア、15.5%)、Financials(金融、13.5%)となっており、銘柄構成が大きく異なっている[2]

2021年6月現在指数に組み込まれている65銘柄のうち、8割超の銘柄が時価総額100億ドルを超えており、大型株中心に構成されている[4]

高配当の特性から、投資家からは、成長投資に回さず、配当に回していると評価され、成長株と比較して、割安に放置される傾向にある。一方で相場の下落局面においては、収益を安定的に配当に回すことができるキャッシュフローの潤沢さや収益の安定性、株主還元姿勢から下落硬直性があるとされる。一例として、2008年の世界金融危機においては、S&P 500が4割近く下落したのに対して、配当貴族指数の下落率は22%にとどまっている[4]

構成銘柄[編集]

以下の銘柄により構成されている[5][6]

銘柄 ティッカーシンボル セクター
3M MMM Industrials
A.O. スミス英語版 AOS Industrials
アボット・ラボラトリーズ ABT Health Care
アッヴィ ABBV Health Care
アフラック生命保険 AFL Financials
エアープロダクツ・アンド・ケミカルズ英語版 APD Materials
アルベマール ALB Materials
アムコア AMCR Materials
アーチャー・ダニエルズ・ミッドランド ADM Consumer Staples
アトモス・エナジー英語版 ATO Utilities
オートマチック・データ・プロセシング英語版 ADP Information Technology
ベクトン・ディッキンソン BDX Health Care
ブラウン・アンド・ブラウン英語版 BRO Financials
ブラウン-フォーマン英語版 (クラスB) BF.B Consumer Staples
カーディナルヘルス英語版 CAH Health Care
キャタピラー CAT Industrials
シェブロン CVX Energy
Chubb CB Financials
チャーチ・アンド・ドワイト英語版 CHD Consumer Staples
シンシナティ・ファイナンシャル英語版 CINF Financials
シンタス英語版 CTAS Industrials
クロロックス英語版 CLX Consumer Staples
ザ コカ・コーラ カンパニー KO Consumer Staples
コルゲート・パーモリーブ CL Consumer Staples
コンソリデーテッド・エジソン英語版 ED Utilities
ドーバー DOV Industrials
エコラボ ECL Materials
エマソン・エレクトリック EMR Industrials
エセックス・プロパティー・トラスト英語版 ESS Real Estate
エクスペディターズ・インターナショナル・オブ・ワシントン英語版 EXPD Industrials
エクソンモービル XOM Energy
フェデラル・リアルティ・インベストメント・トラスト英語版 FRT Real Estate
フランクリン・テンプルトン・インベストメンツ BEN Financials
ジェネラル・ダイナミクス GD Industrials
ジェニュイン・パーツ英語版 GPC Consumer Discretionary
ホーメル HRL Consumer Staples
イリノイ・ツール・ワークス ITW Industrials
IBM IBM Information Technology
ジョンソン・エンド・ジョンソン JNJ Health Care
キンバリー・クラーク英語版 KMB Consumer Staples
レゲット・アンド・プラット英語版 LEG Consumer Discretionary
リンデグループ LIN Materials
ロウズ LOW Consumer Discretionary
マコーミック英語版 MKC Consumer Staples
マクドナルド MCD Consumer Discretionary
メドトロニック MDT Health Care
ネクステラ・エナジー NEE Utilities
ニューコア NUE Materials
ペンテア英語版 PNR Industrials
ペプシコ PEP Consumer Staples
PPGインダストリーズ PPG Materials
プロクター・アンド・ギャンブル PG Consumer Staples
リアルティ・インカム英語版 O Real Estate
ローパー・テクノロジーズ英語版 ROP Industrials
S&P グローバル SPGI Financials
シャーウィン・ウィリアムズ英語版 SHW Materials
スタンレー・ブラック&デッカー SWK Industrials
シスコ (英語版) SYY Consumer Staples
Tロウ・プライス・グループ英語版 TROW Financials
ターゲット・コーポレーション TGT Consumer Discretionary
VF英語版 VFC Consumer Discretionary
WWグレインジャー英語版 GWW Industrials
ウォルグリーン・ブーツ・アライアンス WBA Consumer Staples
ウォルマート WMT Consumer Staples
ウエスト・ファーマシューティカル・サービシズ英語版 WST Health Care

変更履歴[編集]

銘柄 ティッカーシンボル セクター 削除or追加 日付
ピープルズ・ユナイテッド・ファイナンシャル英語版 PBCT Financials 削除 2022年4月4日[7]
ブラウン・アンド・ブラウン英語版 BRO Financials 追加 2022年2月1日[8]
チャーチ・アンド・ドワイト英語版 CHD Consumer Staples 追加 2022年2月1日[8]
AT&T T Communications 削除 2022年2月1日[8]

脚註[編集]

  1. ^ a b 初めてでもわかりやすい用語集 配当貴族 (はいとうきぞく)”. SMBC日興証券. 2021年7月24日閲覧。
  2. ^ a b 山下耕太郎 (2019年3月13日). “配当貴族指数とは?日米の指数比較と投資するための4つの方法”. モトリーフール. 2021年7月24日閲覧。
  3. ^ a b c Micchel (2021年4月16日). “「配当貴族」の中でも、ここ10年で特に増配率の高い3銘柄”. モトリーフール. 2021年7月24日閲覧。
  4. ^ a b 石原順 (2021年6月1日). “配当貴族指数銘柄の「配当利回りランキング」トップ20!”. マネクリ. マネックス証券. 2021年7月24日閲覧。
  5. ^ Hall, Jason (2021年7月12日). “S&P 500's Best Dividend Aristocrats”. The Motley Fool. https://www.fool.com/investing/stock-market/types-of-stocks/dividend-stocks/dividend-aristocrats/ 
  6. ^ Divine, John (2021年5月7日). “2021's Dividend Aristocrats List: All 65 Stocks”. U.S. News & World Report. https://money.usnews.com/investing/stock-market-news/articles/dividend-stocks-aristocrats 
  7. ^ “Constituent Change Announced for the S&P 500 Dividend Aristocrats Index”. S&P ダウ・ジョーンズ・インデックス. (2022年3月29日). https://www.spglobal.com/spdji/en/documents/indexnews/announcements/20220329-1451109/1451109_s&p500dividendaristocratsmar292022.pdf 
  8. ^ a b c “Constituent Change Announced for the S&P 500 Dividend Aristocrats Index”. S&P ダウ・ジョーンズ・インデックス. (2022年1月24日). https://www.spglobal.com/spdji/en/documents/indexnews/announcements/20220124-1449363/1449363_spdaudp2022rebalanceannouncement.pdf 

外部リンク[編集]

  • 公式ウェブサイト(日本語)
  • S&P 500 Dividend Aristocratsのビジネスデータ: