SET指数

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

SET指数: SET Index)は、タイ証券取引所上場の全銘柄を対象として、算出・公表されている株価指数

同証券取引所上場株を対象とした株価指数として他に、SET50指数、SET100指数、mai指数があり、併せて記述する。

SET指数[編集]

タイ証券取引所メインボードに上場する全銘柄が対象の時価総額加重平均型株価指数1975年4月30日の指数を100として、新規上場および上場廃止を都度調整し算出を行っている[1]

指数の推移[編集]

1975年以来のSET指数の推移を示す。

年末終値 対前年増減率
1975 84,08
1976 82,70 -1,64
1977 181,59 119,58
1978 257,73 41,93
1979 149,40 -42,03
1980 124,67 -16,55
1981 106,62 -14,48
1982 123,50 15,83
1983 134,47 8,88
1984 142,29 5,82
1985 134,95 -5,16
1986 207,20 53,54
1987 284,94 37,52
1988 386,73 35,72
1989 879,19 127,34
1990 612,86 -30,29
1991 711,36 16,07
1992 893,42 25,59
1993 1.682,85 88,36
1994 1.360,09 -19,18
1995 1.280,81 -5,83
1996 831,57 -35,07
1997 372,69 -55,18
1998 355,81 -4,53
1999 481,92 35,44
2000 269,19 -44,14
2001 303,85 12,88
2002 356,48 17,32
2003 772,15 116,60
2004 668,10 -13,48
2005 713,73 6,83
2006 679,84 -4,75
2007 858,10 26,22
2008 449,96 -47,56
2009 734,54 63,25
2010 1.032,76 40,60
2011 1.025,32 -0,72
2012 1.391,93 35,76
2013 1.298,71 -6,70
2014 1.497,67 15,32

SET50指数[編集]

タイ証券取引所メインボードに上場する銘柄のうち時価総額が大きく流動性の高い50銘柄が対象の時価総額加重平均型株価指数。1996年6月17日に制定され、1995年8月16日の指数を1000として半年毎に対象銘柄を見直し算出を行っている[1]

SET100指数[編集]

タイ証券取引所メインボードに上場する銘柄のうち時価総額が大きく流動性の高い100銘柄が対象の時価総額加重平均型株価指数。もともと、SET50指数があったが上場銘柄が増えてきたため採用銘柄を100に増やした新たな指数を制定した。2005年4月30日の指数を1000として半年毎に対象銘柄を見直し算出を行っている[1]

mai指数[編集]

タイ証券取引所mai市場(en:Market for Alternative Investment)に上場する全銘柄が対象の時価総額加重平均型株価指数。2002年9月2日の指数を100として新規上場および上場廃止を都度調整し算出を行っている[1]

構成銘柄[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d SET Index Methodology (PDF)” (英語). タイ証券取引所. 2015年8月23日閲覧。

外部リンク[編集]