ジョー・ベイメル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
この記事の項目名には以下のような表記揺れがあります。
  • ジョー・バイメル
ジョー・ベイメル
Joe Beimel
IMG 1757 Joe Beimel.jpg
ロッキーズ時代(2010年5月31日)
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 ペンシルベニア州エルク郡セントメアリーズ英語版
生年月日 (1977-04-19) 1977年4月19日(41歳)
身長
体重
6' 3" =約190.5 cm
205 lb =約93 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 1998年 MLBドラフト18巡目(全体538位)でピッツバーグ・パイレーツから指名
初出場 2001年4月8日 ヒューストン・アストロズ
最終出場 2015年10月3日 オークランド・アスレチックス
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

ジョゼフ・ロナルド・ベイメルJoseph Ronald Beimel , 1977年4月19日 - )は、アメリカ合衆国ペンシルベニア州エルク郡セントメアリーズ英語版出身の元プロ野球選手投手)。左投左打。

メディアによっては「バイメル」と表記される。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

1996年MLBドラフト26巡目(全体773位)でテキサス・レンジャーズから指名されたが、契約には至らなかった。

パイレーツ時代[編集]

1998年MLBドラフト18巡目(全体538位)でピッツバーグ・パイレーツから指名され、6月5日に契約。A-級エリー・シーウルブズ英語版(現:マホーニングバレー・スクラッパーズ)でプロデビュー。17試合に登板して1勝4敗・防御率6.32だった。

1999年はA級ヒッコリー・クロウダッズでプレーし、29試合に登板して5勝11敗・防御率4.43だった。

2000年はA+級リンチバーグ・ヒルキャッツとAA級アルトゥーナ・カーブでプレー。AA級リンチバーグでは10試合に登板し、1勝6敗・防御率4.16だった。

2001年は開幕ロースター入りし、4月8日ヒューストン・アストロズ戦で先発起用されメジャーデビュー。5回を投げ、5安打2失点3四球3奪三振に抑え、メジャー初勝利を挙げた。2度目の登板となった4月11日シンシナティ・レッズ戦からリリーフに転向。7月13日デトロイト・タイガース戦から先発に復帰したが、8月31日のレッズ戦から再びリリーフに転向した。この年は42試合に登板し、7勝11敗・防御率5.23だった。

2002年も開幕ロースター入りし、53試合に登板。2勝5敗・防御率4.64だった。

2003年も開幕ロースター入りし、69試合に登板。1勝3敗・防御率5.05だった。オフの12月19日にパイレーツと1年契約に合意した[1]

2004年3月31日に放出された[2]

ツインズ時代[編集]

2004年4月11日ミネソタ・ツインズとマイナー契約を結んだ[3]。AAA級ロチェスター・レッドウイングスで49試合に登板し、2勝4敗2セーブ・防御率6.97だった。9月5日にツインズとメジャー契約を結び[4]、3試合に登板。防御率は43.20だった。オフの10月5日DFAとなり[5]10月9日FAとなった。

デビルレイズ時代[編集]

2004年12月14日タンパベイ・デビルレイズとマイナー契約を結んだ[6]

2005年はAAA級ダーラム・ブルズで開幕を迎え、7月3日にデビルレイズとメジャー契約を結んだ[7]。2試合に登板後、7月13日にAAA級ダーラムへ降格した[8]。8月31日にメジャーへ再昇格した。この年は7試合に登板し、防御率は3.27だった。オフの11月22日にDFAとなった[9]

ドジャース時代[編集]

2006年1月24日ロサンゼルス・ドジャースとマイナー契約を結んだ[10]。AAA級ラスベガス・フィフティワンズで開幕を迎え、5月1日にドジャースとメジャー契約を結んだ[11]。この年は62試合に登板し、2勝1敗2セーブ・防御率2.96だった。

2007年は開幕ロースター入りし、自己最多の83試合に登板し、4勝2敗1セーブ・防御率3.88だった。

2008年2月1日にドジャースと1年契約に合意し、開幕ロースター入りした。この年は71試合に登板し、5勝1敗・防御率2.02だった。オフの10月30日にFAとなった。

ナショナルズ時代[編集]

2009年3月18日ワシントン・ナショナルズと契約した[12]。開幕ロースター入りし、45試合に登板。1勝5敗1セーブ・防御率3.40だった。

ロッキーズ時代[編集]

2009年7月31日にライアン・マシューズロビンソン・ファビアンとのトレードコロラド・ロッキーズへ移籍した[13]。移籍後は26試合に登板し、0勝1敗・防御率4.02だった。オフの11月9日にFAとなった。

2010年3月23日にロッキーズとマイナー契約で再契約し[14]、AAA級コロラドスプリングス・スカイソックスで開幕を迎えた。4月16日にロッキーズとメジャー契約を結んだ[15]。この年は71試合に登板し、1勝2敗・防御率3.40だった。オフの11月1日にFAとなった。

ロッキーズ退団後[編集]

2011年1月28日に古巣・パイレーツとマイナー契約を結び[16]、A+級ブラデントン・マローダーズで開幕を迎えた。4月15日にパイレーツとメジャー契約を結んだ[17]が、5月28日に左肘の故障で、15日間の故障者リスト入りした[18]7月15日に復帰した[19]。この年は35試合に登板し、1勝1敗・防御率5.33だった。8月23日にDFAとなり[20]8月30日に放出された[21]

2012年2月6日にレンジャーズとマイナー契約を結んだ[22]が、開幕前の3月26日に放出された[23]5月1日トミー・ジョン手術を受けた。

2013年5月18日アトランタ・ブレーブスとマイナー契約を結んだ。この年はAAA級グウィネット・ブレーブスでプレー。30試合に登板し、1勝2敗・防御率4.36だった。オフの11月5日にFAとなった。

マリナーズ時代[編集]

2014年1月24日シアトル・マリナーズとマイナー契約を結んだ[24]スプリングトレーニングでは8試合に登板し、0勝1敗・防御率3.68だった[25]3月28日にマリナーズとメジャー契約を結び[26]、開幕ロースター入りした。4月1日ロサンゼルス・エンゼルス戦で8回2死から約3年ぶりの登板を果たし、一塁牽制で一塁走者のデビッド・フリースを仕留め、0球で降板した[27]。この年は56試合に登板し、3勝1敗・防御率2.20だった。

2015年3月6日にレンジャーズと1年契約を結んだが[28]、オープン戦では3イニングで11失点を喫して23日に解雇された[29]。4月2日にマイナー契約でマリナーズと再契約し、5月4日にメジャー契約となり25人枠入りする。この年は、2年連続50試合以上となる53試合に投げ、通算登板試合数が650を突破。47.1イニングで8本もホームランを被弾し、防御率も3.99まで上昇したが、一定の出場機会を得た。オフの11月2日にFAとなった[30]

独立リーグ時代[編集]

2017年4月24日独立リーグアトランティックリーグニューブリテン・ビーズ英語版と契約[31]。6月25日に引退を表明。

人物[編集]

2005年のデビルレイズ時代から使用している背番号「97」は、息子・アンドリューの誕生年・1997年から[32]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2001 PIT 42 15 0 0 0 7 11 0 -- .389 511 115.1 131 12 49 4 6 58 3 0 72 67 5.23 1.56
2002 53 8 0 0 0 2 5 0 5 .286 389 85.1 88 9 45 12 4 53 2 0 49 44 4.64 1.56
2003 69 0 0 0 0 1 3 0 12 .250 276 62.1 69 7 33 6 4 42 0 1 35 35 5.05 1.64
2004 MIN 3 0 0 0 0 0 0 0 0 --- 15 1.2 8 1 2 0 0 2 0 0 8 8 43.20 6.00
2005 TB 7 0 0 0 0 0 0 0 0 --- 51 11.0 15 1 4 1 0 3 1 0 4 4 3.27 1.73
2006 LAD 62 0 0 0 0 2 1 2 10 .667 295 70.0 70 7 21 3 0 30 6 1 26 23 2.96 1.30
2007 83 0 0 0 0 4 2 1 16 .667 281 67.1 63 1 24 6 1 39 3 2 30 29 3.88 1.29
2008 71 0 0 0 0 5 1 0 12 .833 214 49.0 50 0 21 4 3 32 1 1 11 11 2.02 1.45
2009 WSH 45 0 0 0 0 1 5 1 10 .167 172 39.2 38 3 15 4 1 24 2 1 17 15 3.40 1.34
COL 26 0 0 0 0 0 1 0 3 .000 68 15.2 19 2 4 1 0 11 2 0 7 7 4.02 1.47
'09計 71 0 0 0 0 1 6 1 13 .143 240 55.1 57 5 19 5 1 35 4 1 24 22 3.58 1.37
2010 71 0 0 0 0 1 2 0 20 .333 188 45.0 46 5 15 3 0 21 2 1 18 17 3.40 1.36
2011 PIT 35 0 0 0 0 1 1 0 7 .500 117 25.1 34 6 9 1 1 17 0 0 17 15 5.33 1.70
2014 SEA 56 0 0 0 0 3 1 0 9 .750 184 45.0 39 4 14 4 1 25 3 0 12 11 2.20 1.18
2015 53 0 0 0 0 2 1 1 6 .667 196 47.1 49 8 16 3 1 22 1 0 25 21 3.99 1.37
MLB:13年 676 23 0 0 0 29 34 5 110 .460 2957 680.0 719 66 272 52 22 379 26 7 331 307 4.06 1.46
  • 2017年度シーズン終了時

背番号[編集]

  • 53(2001年 - 2003年)
  • 50(2004年)
  • 97(2005年 - 2011年、2014年 - 2015年)

脚注[編集]

  1. ^ Pirates, Joe Biemel agree to terms”. MLB.com Pirates Press Release (2003年12月19日). 2014年4月30日閲覧。
  2. ^ Pirates release Beimel”. MLB.com Pirates Press Release (2004年3月31日). 2014年4月30日閲覧。
  3. ^ Mark Sheldon (2004年4月11日). “Notes: Mientkiewicz off to fast start”. MLB.com. 2014年4月30日閲覧。
  4. ^ Patrick Donnelly (2004年9月5日). “Notes: Second is fine with Cuddyer”. MLB.com. 2014年4月30日閲覧。
  5. ^ Mark Sheldon (2004年10月5日). “Notes: Jones in starting lineup”. MLB.com. 2014年4月30日閲覧。
  6. ^ Rays sign seven to minor league deals”. MLB.com Rays Press Release (2004年12月14日). 2014年4月30日閲覧。
  7. ^ Bill Chastain (2005年7月3日). “Notes: Devil Rays shuffle roster”. MLB.com. 2014年4月30日閲覧。
  8. ^ Jordan Bastian (2005年7月14日). “Notes: Borowski ready to contribute”. MLB.com. 2014年4月30日閲覧。
  9. ^ Rays sign RHP Chad Harville”. MLB.com Rays Press Release (2005年11月22日). 2014年4月30日閲覧。
  10. ^ Ken Gurnick (2006年1月24日). “Dodgers invite pair of vets to camp”. MLB.com. 2014年4月30日閲覧。
  11. ^ Ken Gurnick (2006年5月1日). “Notes: Carter gets sent down”. MLB.com. 2014年4月30日閲覧。
  12. ^ Washington agrees to terms on one-year contract with free-agent left-handed pitcher Joe Beimel”. MLB.com Nationals Press Release (2009年3月18日). 2014年4月30日閲覧。
  13. ^ Rockies acquire LHP Joe Beimel from Nationals”. MLB.com Rockies Press Release (2009年7月31日). 2014年4月30日閲覧。
  14. ^ Rockies sign Beimel to Minors deal”. MLB.com Rockies Press Release (2010年3月23日). 2014年4月30日閲覧。
  15. ^ LHP Joe Beimel selected to Rockies Major League roster”. MLB.com Rockies Press Release (2010年4月16日). 2014年4月30日閲覧。
  16. ^ Pirates Agree To Terms With Left-Handed Pitcher Joe Beimel On A Minor League Cont\ract”. MLB.com Pirates Press Release (2011年1月28日). 2014年4月30日閲覧。
  17. ^ Jenifer Langosch (2011年4月15日). “Pirates add Beimel to roster, designate Olson”. MLB.com. 2014年4月30日閲覧。
  18. ^ Jenifer Langosch (2011年5月28日). “Beimel lands on DL; Pirates recall Moskos”. MLB.com. 2014年4月30日閲覧。
  19. ^ Rowan Kavner (2011年7月15日). “Beimel activated after lengthy DL stint”. MLB.com. 2014年4月30日閲覧。
  20. ^ Pirates Recall RHP Ross Ohlendorf”. MLB.com Pirates Press Release (2011年8月23日). 2014年4月30日閲覧。
  21. ^ Richard Dean (2011年8月30日). “Hurdle weighing options regarding callups”. MLB.com. 2014年4月30日閲覧。
  22. ^ T.R. Sullivan (2012年2月6日). “Rangers add Beimel, Jackson to NRIs”. MLB.com. 2014年4月30日閲覧。
  23. ^ T.R. Sullivan (2012年3月26日). “Rangers cut down left-handed candidates”. MLB.com. 2014年4月30日閲覧。
  24. ^ Mariners sign LHP Joe Beimel & RHP Mark Rogers to Minor League contractsWith invitations to Major League Spring Training”. MLB.com Mariners Press Release (2014年1月24日). 2014年4月30日閲覧。
  25. ^ 2014 Spring Training STATISTICS”. MLB.com. 2014年4月30日閲覧。
  26. ^ Greg Johns (2014年3月29日). “Miller to start at shortstop as Mariners make cuts”. MLB.com. 2014年4月30日閲覧。
  27. ^ Greg Johns (2014年4月1日). “Scores for Apr 1, 2014”. ESPN MLB. 2014年5月1日閲覧。
  28. ^ Laymance, Austin (2015年3月6日). “Rangers sign Beimel to one-year deal to beef up bullpen”. MLB.com. http://m.rangers.mlb.com/news/article/111517458/texas-rangers-sign-reliever-joe-beimel-to-one-year-deal 2015年3月7日閲覧。 
  29. ^ Sullivan, T.R. (2015年3月23日). “Rangers send down top prospect Gallo, catchers Telis, Alfaro”. MLB.com. http://m.rangers.mlb.com/news/article/114533662/rangers-send-down-top-prospect-joey-gallo-catchers-tomas-telis-jorge-alfaro 2015年3月25日閲覧。 
  30. ^ Transactions | mariners.com” (英語). MLB.com (2015年11月2日). 2015年11月4日閲覧。
  31. ^ Brad Carroll (2017年4月24日). “Joe Beimel, Brandon League form fearsome backend of bullpen for New Britain Bees” (英語). Newbritain Herald. 2017年4月28日閲覧。
  32. ^ Joe Beimel Stats”. MLB.com. 2014年4月30日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]