サラダの国のトマト姫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
サラダの国のトマト姫
ジャンル アドベンチャー
対応機種 PC-8801
PC-8001mkII
PC-6001mkII
FM-7/77
MZ-1500/2000
X1
SMC-777
MSX
MS-Windows [WIN]
ファミリーコンピュータ [FC]
iアプリ (i)
EZアプリ (ez)
Wii (バーチャルコンソール)
ニンテンドー3DS(バーチャルコンソール)
開発元 ハドソン
発売元 ハドソン
人数 1人
メディア [PC-88] 5インチFD
[FM-77] 3.5インチFD
[MZ-1500] QD
[MSX] テープメディア
[FC] ROMカートリッジ
発売日 [PC-88] 1984年7月
[MSX] 1985年
[FC] 1988年5月27日
[WIN] 2003年6月5日
(i) 2004年7月23日
[Wii] 2010年1月19日
[3DS]2012年9月19日
テンプレートを表示

サラダの国のトマト姫』(サラダのくにのトマトひめ)は、ハドソンが発売したアドベンチャーゲーム。通称はサラトマ

概要[編集]

擬人化された野菜たちによって繰り広げられるストーリーを描いたメルヘン風のアドベンチャーゲームである。サラダの国のトマト姫には、以下の3バージョンがあり、その内容は大きく異なっている(詳細は後述)。

また移植版として以下の4つがある。

物語[編集]

サラダ王国には様々な野菜や果物たちが、オニオン王の統治の下で平和に暮らしていた。しかし、ある日、パンプキン率いるカボチャ一族がクーデターを起こし、オニオン王は倒れサラダ王国を乗っ取られてしまう。パンプキンはカボチャ大王を名乗り野菜たちに圧政を敷くが、これに対し野菜たちはオニオン王の娘・トマト姫を中心に反乱軍を結成し国王軍に対抗した。しかし、トマト姫は国王軍の兵士に誘拐され、城に幽閉されてしまった。プレイヤーはキュウリ戦士となり、トマト姫を救うため旅立つ。

キュウリ戦士は人々から情報を集め、ある時はサーベルで国王軍のバナナやナスと戦い、またある時は巨大ロボット「ダイコーン」を操り国王軍のメカ「ウォーメロン」に対抗する。そして、首尾良く城にたどり着いたキュウリ戦士はカボチャ大王の弱点を知り、見事弱点をついてトマト姫を助け出すのであった。

特徴[編集]

8bitパソコン版[編集]

当時のパソコンゲーム市場でブームとなりつつあったアドベンチャーゲームの初期ヒット作として知られている。

オリジナルのパソコン版では1984年当時の一般的なグラフィック付きコマンド入力式アドベンチャーゲームとなっている。画面は上下に2分割されており、画面の5分の4を占める上部がグラフィック表示領域であり、5分の1を占める下部がテキスト表示領域でコマンド入力もここで行う。

グラフィックは、当時では珍しいプロのイラストレーターの起用により、ポップな色遣いと大胆なパース・直線多用による独特の絵柄が特徴(これは、画面に直線を引くLINE命令で描画していたという技術的理由もある)。PC-6001版およびPC-8001mkII版は、4色という限られた色数にも関わらず、タイルパターンを駆使した中間色でカラフルな画面を実現しているが、MSX版は線画のみで白と青のモノクロ画面だった。

当時のアドベンチャーゲームとしてはめずらしくオープニングにBEEP音を駆使して曲が流れた。

前年にハドソンから発売された『デゼニランド』が、アメリカ製のアドベンチャーゲームのシステムを踏襲した英単語入力のみ対応だったのに対して、日本語(カタカナ)によるコマンド入力も受け付けるようになり、英語の辞書が必要なくなったことでプレイヤーの幅を広げることになった。とは言えコマンド入力式特有の難解さは健在であり、特にシナリオ終盤ではコマンド「wait」(日本語の場合「マツ」)をヒントも無しに何回も入力しなければいけない。

ファミリーコンピュータ版[編集]

ファミリーコンピュータ版では大幅なアレンジが加わっており、その中でも最も大きなものはコマンド選択式のアドベンチャーゲームになったことで、これにより単語探しに起因していたパソコン版の高い難易度を大幅に下げている。ハードの描画方式の違いから、グラフィックも一新され、子供向けの絵柄に書き直された。表示フォントは通常ファミコンで使われるものの2倍のサイズであり、ファミコン用ゲームとしては珍しくかな漢字交じりの表示を採用している。

ゲーム内容は通常のアドベンチャーパートのほかに3Dダンジョンが追加されている。また、コマンド「たたかう」を選択すると戦闘モードに入り、ここでは「あっち向いてホイ」で勝負を決める。

ストーリー上の変更点としては、パソコン版では序盤に登場した脇役のかきっぱちが仲間になり、共に旅をするようになっている。また、地球のヒトと同じ姿をした「ノーミン族」という種族が登場し、トマト姫の異母姉妹・アップルリサはオニオン王とノーミン族の母親の間の子である。

ハドソン独特の笑いのツボを抑えた演出と、ファンタジー色あふれる世界観で、当時の小中学生の女性にも、多くのファンがいる。

ファミコン版の発売時の雑誌広告には、前年の1987年に発行の俵万智の大ベストセラー歌集「サラダ記念日」より、「親は子を育ててきたと言うけれど勝手に赤い畑のトマト」という歌が抜粋されコピーとして使われた。

ファミリーコンピュータ版はゲームボーイアドバンスWiiバーチャルコンソールなどに移植されているが、一部のセリフが差別表現に抵触するためか、別のセリフに変更されている(例:ふろうしゃ→なまけもの)。

携帯アプリ版[編集]

ファミコン版からさらにキャラクター・背景の画像が一新されている他、全三章に分割して別商品として配信する形態を取っている。かつての8bitパソコン版と比較すると容易に結末に辿り着ける。

関連項目[編集]

デゼニランド
パソコン版本作の前年に発売された、同一作者によるコマンド入力式アドベンチャーゲーム。難解さは本作を上回る。
デゼニワールド
デゼニランドの続編。カボチャ大王が登場する。

外部リンク[編集]