キコ・カレーロ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
キコ・カレーロ
Kiko Calero
KikoCalero.jpg
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 プエルトリコの旗 プエルトリコ自治連邦区サントゥルセ
生年月日 (1975-01-09) 1975年1月9日(44歳)
身長
体重
6' 1" =約185.4 cm
210 lb =約95.3 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1996年 MLBドラフト27巡目(全体799位)でカンザスシティ・ロイヤルズから指名
初出場 2003年4月2日 ブルワーズ
年俸 $500,000(2009年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
国際大会
代表チーム Flag of Puerto Rico.svg プエルトリコ
WBC 2006年

キコ・カレーロ(Kiko Calero, 1975年1月9日 - )はMLB投手。本名はエンリケ・ノマール・カレーロ(Enrique Nomar Calero)。右投右打。プエルトリコサントゥルセ出身。

2006 ワールド・ベースボール・クラシックプエルトリコ代表

経歴[編集]

プエルトリコの高校を卒業し、アメリカ合衆国フロリダ州マイアミMiami Dade Collegeに進学。1994年デトロイト・タイガースからドラフト41巡目(全体1,142位)で指名されるが、契約せず。同州マイアミガーデンズSt. Thomas Universityへ移り、1996年のドラフトで今度はカンザスシティ・ロイヤルズに指名されてプロ入りするが、それでも27巡目(全体799位)と、当時の評価はそれほど高くはなかった。

その後は長い間マイナー生活が続いたが、2003年セントルイス・カージナルスでメジャー昇格を果たすと、主にリリーフとして26試合に登板し防御率2.82という数字を残した。翌2004年はさらに投球内容が向上し、41試合登板で12ホールド・防御率2.78・WHIP0.816を記録した。ポストシーズンでもワールドシリーズ2試合を含む8試合に登板している。

これに目をつけたのがオークランド・アスレチックスだった。緊縮財政下にあるアスレチックスは、先発投手陣 "ビッグ3" のうちティム・ハドソンマーク・マルダーの2人を放出して年俸総額を削ることを決定。それと同時に、チームの方針を「絶対的な力を持った先発陣にできる限り長いイニングを投げさせるスタイル」から「先発に5、6イニングまで投げさせ安定したブルペンにつなぐスタイル」へ転換させることにした[2]

こうしてシーズン終了後の12月、カレーロはマルダーとのトレードで、ダン・ヘイレンダリック・バートンとともにアスレチックスへ移籍した。移籍1年目となる2005年には58試合、翌2006年には70試合に登板したカレーロは、2年連続で防御率3点台前半の数字を残した。しかし2007年は肩を痛めて6月に故障者リスト入りするなど46登板にとどまり、防御率も5点台後半と低迷した。

2009年は、フロリダ・マーリンズで67試合に登板。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2003 STL 26 1 0 0 0 1 1 1 1 .500 162 38.1 29 5 20 2 1 51 3 1 12 12 2.82 1.28
2004 41 0 0 0 0 3 1 2 12 .750 168 45.1 27 5 10 1 1 47 1 0 14 14 2.78 0.82
2005 OAK 58 0 0 0 0 4 1 1 12 .800 229 55.2 45 6 18 2 1 52 2 0 20 20 3.23 1.13
2006 70 0 0 0 0 3 2 2 23 .600 241 58.0 50 4 24 3 0 67 1 0 22 22 3.41 1.28
2007 46 0 0 0 0 1 5 1 9 .167 185 40.2 46 3 21 2 2 31 1 0 26 26 5.75 1.65
2008 5 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 20 4.2 3 0 3 0 0 7 0 0 3 2 3.86 1.29
2009 FLA 67 0 0 0 0 2 2 0 12 .500 239 60.0 36 1 30 4 1 69 2 0 13 13 1.95 1.10
MLB:7年 313 1 0 0 0 14 12 7 69 .538 1244 302.2 236 24 126 14 6 324 10 1 110 109 3.24 1.20

背番号[編集]

  • 40(2003年 - 2004年、2009年)
  • 50(2005年 - 2008年)

脚注[編集]

  1. ^ Florida Marlins Salaries Player Salaries and Team Payroll - MLB Baseball” (英語). ESPN.com. 2009年11月20日閲覧。
  2. ^ 小林信行 「投手王国の大変革 其の壱.「ビッグ3崩壊」アスレチックス」 『月刊スラッガー』2005年3月号、日本スポーツ企画出版社、2005年、雑誌15509-3、41-43頁。

外部リンク[編集]