カツラシユウホウ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
カツラシュウホウから転送)
移動先: 案内検索
カツラシユウホウ
品種 サラブレッド
性別
毛色 栗毛
生誕 1955年3月19日
死没 (不明)
プリメロ
ミネノマツ
母の父 セフト
生国 日本の旗 日本
生産 タイヘイ牧場
馬主 牧市太郎
調教師 藤本冨良
競走成績
生涯成績 25戦13勝
獲得賞金 1073万6400
テンプレートを表示

カツラシユウホウは、日本で生産・調教された競走馬1957年最優秀3歳牡馬1958年中央競馬クラシック三冠競走すべてに出走し、すべての競走で2着に入るという珍記録を作ったことでも知られる。

馬齢は、特記のない限り2000年以前に使用された旧表記(数え年)とする。

経歴[編集]

1957年9月29日に行われた中山競馬場の新馬戦でデビュー、同時に初勝利を挙げた。2着と1着を繰り返しながら朝日杯3歳ステークスに出走、重馬場での施行だったがこれに優勝した。これによって、啓衆賞最優秀3歳牡馬に選ばれた。

4歳シーズンはクラシック三冠路線の有力候補の筆頭として目され、年明けからオープン競走2戦を勝利した。しかし、皐月賞ではレコードタイム決着となった接戦の末にタイセイホープにクビ差敗れ、東京優駿(日本ダービー)ではダイゴホマレにハナ差で屈し、菊花賞でもコマヒカリに半馬身差をつけられて敗れた。同年の有馬記念のファン投票では得票数1位で選出されるが、故障により出走を回避している。

5歳では59キログラムの斤量を背負って中京記念を勝利し、4月の天皇賞(春)に出走した。しかし同世代の3番人気トサオーにクビ差で破れ、またしても大競走で2着となった。翌年11月のオープン競走2着を最後に引退した。

引退後は種牡馬になっているが、1972年に用途変更、以後の詳細は不明である。

3歳から6歳まで25戦に出走し、連対(2着以内)を外したのはダービー直後の中山4歳ステークス5着のみという非常に高い連対率であった。ファンの人気も集め、出走した競走うちの20戦で1番人気に支持されていた。

中央競馬の三冠競走で全て2着という記録は、タカハタ1952年に作った皐月賞・東京優駿・優駿牝馬(オークス)ですべて2着の「変則三冠競走全2着」や、ヴィルシーナ2012年に作った、桜花賞・オークス・秋華賞ですべて2着の「牝馬三冠競走全2着」の記録があるが、「牡馬クラシック三冠競走で全2着」という記録は今のところカツラシユウホウのみのものである。管理調教師の藤本冨良は、「最後のツメが甘いという印象を受けるかも知れないが、この馬が出るときは、相手馬に走りすぎてしまうのが1頭いたということです。同じ馬には二度と負けなかったわけだから。私はそれまで、競馬に運なんかあるかと疑っていたんだが、その馬の運とか、馬主さんの運というものが、勝負にはついて回るんだなと感じたのはこの馬からですよ」と語っている[1]

アメリカ合衆国三冠路線では、1978年アリダーケンタッキーダービープリークネスステークスベルモントステークスの3競走で全て2着に入る記録を作っている。地方競馬では1995年南関東地方競馬三冠羽田盃東京ダービー東京王冠賞)でコンサートボーイが記録している。

血統表[編集]

カツラシユウホウ血統ブランドフォード系 / Gallinule 5x5=6.25%) (血統表の出典)
父系

プリメロ
*Primero
1931 鹿毛 イギリス
父の父
Blandford
1919 黒鹿毛 アイルランド
Swynford John o'Gaunt
Canterbury Pilgrim
Blanche White Eagle
Black Cherry
父の母
Athasi
1917 鹿毛 アイルランド
Farasi Desmond
Molly Morgan
Athgreany Galloping Simon
Fairyland

ミネノマツ
1946 鹿毛 日本
セフト
*Theft
1932 鹿毛 イギリス
Tetratema The Tetrarch
Scotch Gift
Voleuse Volta
Sun Worship
母の母
第五オーグメント
1936 鹿毛 日本
Shian Mor Buchan
Orlass
オーグメント Gallon
第二アストニシメント F-No.7-c
母系(F-No.)
5代内の近親交配
出典

出典[編集]

  1. ^ 『名馬づくり60年』p.211

参考文献[編集]

関連項目[編集]

  • 国持一洋 - 当時存在した全ての特別競輪で2位を経験。

外部リンク[編集]