エグゼクティブ・エージェンシー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Royal Coat of Arms of the United Kingdom (HM Government).svg
この記事は
イギリスの政治と政府
に関する記事群の一部である。
ポータルアイコン イギリスポータル

エグゼクティブ・エージェンシー: executive agency)とは、管理上及び予算上、本省から分離して設置され、イギリス政府、スコットランド政府、ウェールズ政府及び北アイルランド執政府の執行機能の一部を実行する政府内の行政機関である。執行機関と訳されることもある。また、単にエージェンシーともいう。非大臣省 (Non-ministerial departments及び非政府部門公共機構 (Non-departmental public bodyクアンゴ)は、省大臣の統制から真に法的かつ憲法的に分離されるが、エージェンシーは、そのいずれとも全く異なる政治機構 (machinery of government) の装置 (devices) である。イギリスのエージェンシー制度を範にした制度は、他のいくつかの国々で導入されている。

各省の所管するエージェンシーの一覧[編集]

2016年8月上旬現在のイギリス政府の情報による[1]

内閣府[編集]

ビジネス・エネルギー・産業戦略省[編集]

コミュニティ・地方自治省[編集]

文化・メディア・スポーツ省[編集]

教育省[編集]

環境・食糧・農村地域省[編集]

運輸省[編集]

保健省[編集]

外務・英連邦省[編集]

大蔵省[編集]

国防省[編集]

司法省[編集]

その他の国々での事例[編集]

いくつかの国には、英国のエージェンシー制度を範とした制度がある。

アメリカ合衆国では、クリントン政権がこのモデルを輸入したが、その名称はPerformance-Based Organizations (PBOs) に修正された[2]

カナダでは、Special Operating Agenciesの名称の下、制限付きでエージェンシー制度が採用された[3]

このほか、オーストラリアジャマイカ日本タンザニアでも、英国のエージェンシー制度の影響を受けた行政機構が設立された。

参考資料[編集]

関連項目[編集]

出典[編集]

  1. ^ Departments, agencies and public bodies”. www.gov.uk. 2016年8月4日閲覧。
  2. ^ Roberts, Alasdair. Performance-Based Organizations: Assessing the Gore Plan. Public Administration Review, Vol. 57, No. 6, pp. 465-478, December 1997.
  3. ^ Roberts, Alasdair. Public Works and Government Services: Beautiful Theory Meets Ugly Reality. HOW OTTAWA SPENDS, G. Swimmer, ed., pp. 171-203 Ottawa: Carleton University Press, 1996