ウェズリー・マシューズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ウェズリー・マシューズ
Wesley Matthews
RCBCWesleyMatthews1 cropped.jpg
2011年のマシューズ
ダラス・マーベリックス  No.23
ポジション SG/SF
背番号 23
身長 196cm (6 ft 5 in)
体重 100kg (220 lb)
ウィングスパン 203cm  (6 ft 8 in)[1]
シューズ ナイキ
基本情報
本名 Wesley Matthews,Jr.
愛称 Wes
ラテン文字 Wesley Matthews
誕生日 (1986-10-14) 1986年10月14日(32歳)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 テキサス州サンアントニオ
出身 マーケット大学
ドラフト 2009年 ドラフト外 
選手経歴
2009-2010
2010-2015
2015-
ユタ・ジャズ
ポートランド・トレイルブレイザーズ
ダラス・マーベリックス

ウェズリー・マシューズ (Wesley Matthews,Jr.1986年10月14日 - )は、アメリカ合衆国のプロバスケットボール選手。身長196cm、体重100kg。シューティングガードスモールフォワードを兼務するスイングマンNBAダラス・マーベリックスに所属している。

来歴[編集]

ウェズリー・ジュニアは、バスケットボール選手だった父、ウェズ・マシューズサンアントニオ・スパーズでプレーしていた時に、テキサス州サンアントニオで生まれた。その後もアメリカ各地やヨーロッパ諸国を点々とする生活を送った後、高校はウィスコンシン州のジェームス・マディソン・メモリアル高校に通い、サッカー部でも活躍した。大学はマーケット大学で4年間プレーし、4年生時は平均18.3点を記録したものの、2009年のNBAドラフトでは、どのチームからも指名されず、ユタ・ジャズのトレーニングキャンプに参加し、選手契約を勝ち取る。ルーキーシーズンからローテーションに加わり、全82試合に出場した。

2010年夏に制限付きフリーエージェントとなり、ポートランド・トレイルブレイザーズから提示された5年3400万ドルのオファーシートにサイン。一方ジャズは、カルロス・ブーザーらとの契約交渉を控えていたこともあり、評価が急上昇しマシューズの再契約を見送り、ブレイザーズへの移籍が決まった。

ブレイサーズ移籍後は、引退を余儀無くされたブランドン・ロイに代わり、シューティングガードの先発選手として奮闘し、2013-14シーズンはレギュラーシーズン全試合にスターターとして出場する堅牢さを見せたが、2015年3月5日のダラス・マーベリックス戦で、左足のアキレス腱を断裂する重傷を負ってしまった[2]

2015年7月9日、ダラス・マーベリックスと4年契約を締結[3]。2015-16シーズン開幕戦のフェニックス・サンズでスターターで出場し、111-95で勝利に貢献。前述の重傷から見事に復帰[4]。12月6日のワシントン・ウィザーズ戦では、36得点に加え10本の3ポイントシュートを決めた[5]

2016年11月30日、サンアントニオ・スパーズ戦でシーズンハイとなる26得点を記録したが、ゲームは94–87で敗れた[6]。12月中に3回26得点を記録した[7]。 Matthews set a new season high on February 3, 2017年2月17日ポートランド・トレイルブレイザーズ戦でシーズンハイを27得点に伸ばした[8]。 2017年11月18日、ミルウォーキー・バックス戦でシーズンハイの22得点を記録した[9]。2017年12月8日、更にシーズンハイを29得点に伸ばした[10]。2018年1月24日、ヒューストン・ロケッツ戦で7本の3ポイントを含む29得点を記録した[11]。2018年2月13日、サクラメント・キングス戦で、マブスで7番目となる500 3ポイント成功数を記録した[12]。2018年3月12日、足の負傷によって残りシーズン全休が決まった。

NBAスタッツ[編集]

略称説明
  GP 出場試合数   GS  先発出場試合数  MPG  平均出場時間
 FG%  フィールドゴール成功率  3P%  スリーポイント成功率  FT%  フリースロー成功率
 RPG  平均リバウンド  APG  平均アシスト  SPG  平均スティール
 BPG  平均ブロック   TO  平均ターンオーバー  PPG  平均得点
 太字  キャリアハイ    リーグリーダー    優勝シーズン  NBA FINAL CHAMP.png

レギュラーシーズン[編集]

シーズン チーム GP GS MPG FG% 3P% FT% RPG APG SPG BPG PPG
2009–10 ジャズ 82 48 24.7 .483 .382 .829 2.3 1.5 .8 .2 9.4
2010–11 トレイルブレイザーズ 82 69 33.6 .449 .407 .844 3.1 2.0 1.2 .1 15.9
2011–12 トレイルブレイザーズ 66 53 33.8 .412 .383 .860 3.4 1.7 1.5 .2 13.7
2012–13 トレイルブレイザーズ 69 69 34.8 .436 .398 .797 2.8 2.5 1.3 .3 14.8
2013–14 トレイルブレイザーズ 82 82 34.0 .441 .393 .837 3.5 2.4 1.3 .3 16.4
2014–15 トレイルブレイザーズ 59 59 34.0 .449 .391 .748 3.7 2.3 1.3 .2 16.1
2015–16 マーベリックス 78 78 33.9 .388 .360 .863 3.1 1.9 1.0 .2 12.5
Career 519 459 32.5 .435 .387 .829 3.1 2.0 1.1 .2 14.0


プレーオフ[編集]

シーズン チーム GP GS MPG FG% 3P% FT% RPG APG SPG BPG PPG
2010 ジャズ 10 10 37.1 .386 .357 .813 4.4 1.7 1.8 .5 13.2
2011 トレイルブレイザーズ 6 6 33.7 .474 .381 .842 1.2 1.0 .7 .2 13.0
2014 トレイルブレイザーズ 11 11 38.7 .412 .324 .813 3.8 1.3 1.3 .5 14.5
2016 マーベリックス 5 5 34.6 .333 .286 .789 3.6 1.2 1.2 .0 13.0
Career 32 32 36.6 .401 .331 .814 3.5 1.3 1.3 .3 13.6

プレースタイル[編集]

厳しいディフェンスをする選手として知られている。相手チームのエースシューターに密着ディフェンスを行い、チャンスを摘み取っていく。オフェンスでは3ポイントシュートを得意とする3&Dのウィング。プロ意識も高く、安定したスタッツを維持する計算の立つ選手である。

その他[編集]

  • 父で同姓同名のウェズリー・マシューズ・シニアも元バスケットボール選手で、現役時代はサンアントニオ・スパーズロサンゼルス・レイカーズなどでプレーしたことがあり、1987~88年のレイカーズのNBA2連覇も経験している。
  • 2015年7月、ポートランド・トレイルブレイザーズからFA宣言していたマシューズは、ダラス・マーベリックスと契約したが、これには深い訳があった。マシューズは以前からデアンドレ・ジョーダンと一緒にプレーすることを望んでいたらしく、ジョーダンがマーベリックスと仮契約したためにマシューズもマーベリックスと契約した。仮にジョーダンが、それまで所属していたロサンゼルス・クリッパーズと再契約した場合は、クリッパーズと契約するつもりだったという。しかしジョーダンは、猶予期間が明けた7月9日に、クリッパーズ陣営の説得に応じて、マーベリックスとの事前合意を破棄してクリッパーズと再契約してしまった。そこでマーク・キューバンオーナーはマシューズと面談し、「もし彼 (ジョーダン) と一緒にプレーしたいのなら、君も我々との関係を断ってくれてもいいんだ」と呼び掛けたが、マシューズは「僕はマーベリックスの一員として闘うつもりだ」と返答したという。その男気に意気を感じたマーベリックス陣営は、事前合意していた4年5700万ドルの契約を見直し、前述の重傷からのリハビリ中だったにも拘らず4年7000万ドルのマックス契約を与えた。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Wesley-Matthews”. draftexpress.com (2009年). 2017年閲覧。...
  2. ^ Wesley Matthews to miss rest of season with torn Achilles tendon”. Yahoo.com (2015年3月6日). 2015年3月7日閲覧。
  3. ^ Report: Wes Matthews to join Dallas Mavericks on four-year deal”. Yahoo.com (2015年7月2日). 2015年7月3日閲覧。
  4. ^ 8 Dallas players reach double figures, Mavs rout Suns 111-95
  5. ^ Matthews scores 36 points, Mavericks beat Wizards 116-104
  6. ^ Mills helps Spurs rally to beat Mavericks 94-87”. ESPN.com (2016年11月30日). 2016年12月1日閲覧。
  7. ^ Wesley Matthews 2016-17 Game Log”. Basketball-Reference.com. 2017年11月19日閲覧。
  8. ^ Ferrell leads Mavericks to 108-104 win over Trail Blazers”. ESPN.com (2017年2月3日). 2017年11月19日閲覧。
  9. ^ Mavericks stop 4-game slide with win against Bucks”. ESPN.com (2017年11月18日). 2017年11月19日閲覧。
  10. ^ Middleton's clutch shooting lifts Bucks over Mavs 109-102”. ESPN.com (2017年12月8日). 2017年12月8日閲覧。
  11. ^ Harden, Rockets make it 6 straight over Mavs with 104-97 win”. ESPN.com (2018年1月24日). 2018年1月24日閲覧。
  12. ^ Randolph keys big first half as Kings top Mavericks 114-109”. ESPN.com (2018年2月13日). 2018年2月14日閲覧。
  13. ^ Wesley Matthews 'was pissed off' that Portland didn't even offer him a contract, or phone call”. Yahoo!sports (2015年7月30日). 2015年11月16日閲覧。

外部リンク[編集]