エペイ・ウドゥ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
エペイ・ウドゥ
Ekpe Udoh
Ekpe Udoh March 2012.jpg
ミルウォーキー・バックスでのウドー (2012年)
ユタ・ジャズ  No.33
ポジション PF/C
背番号 33
身長 208cm (6 ft 10 in)
体重 111kg (245 lb)
ウィングスパン 220cm  (7 ft 3 in)
シューズ ナイキ
基本情報
本名 Ekpedeme Friday Udoh
愛称 "Ekpe"
ラテン文字 Ekpe Udoh
誕生日 (1987-05-20) 1987年5月20日(31歳)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 オクラホマ州の旗 オクラホマ州エドモンド
出身 ベイラー大学
ドラフト 2010年 6位 
選手経歴
2010-2012
2012-2014
2014-2015
2015-2017
2017-
ゴールデンステート・ウォリアーズ
ミルウォーキー・バックス
ロサンゼルス・クリッパーズ
トルコの旗 フェネルバフチェ・ユルケル
ユタ・ジャズ
受賞歴

エペイ・ウドゥ (Ekpedeme Friday "Ekpe" Udoh[ɛˈp ˈjuːd] 1987年5月21日 - )は、アメリカ合衆国オクラホマ州エドモンド出身のプロバスケットボール選手。NBAユタ・ジャズに所属している。ポジションはパワーフォワード/センター

来歴[編集]

オクラホマ州の高校卒業後、2006年にミシガン大学に進学したウドーだったが、2008年にベイラー大学に転校。NCAAの規定により2009-2010シーズンから出場が認められ、BIG-12のルーキーチームやオールディフェンスチームなどに選出されるなど飛躍のシーズンをおくったウドーは、2010年のNBAドラフトへのエントリーを表明[1]。全体6位という高評価を受けゴールデンステート・ウォリアーズから指名されたが、その後右手首を負傷していたことが判明[2]。結局手術を余儀無くされ、NBAデビューは2010年12月10日のマイアミ・ヒート戦までずれ込んだ。

その後も攻撃力の乏しさが仇となり、伸び悩んだウドーは、2012年3月13日に、アンドリュー・ボーガットらとのトレードで、モンタ・エリスクワミ・ブラウンと共にミルウォーキー・バックスに放出された[3]。因みにボーガットはその後2015年にウォリアーズでNBAチャンピオンを経験。一方バックスが獲得したエリスは2013年で退団。ブラウンは負傷の影響で不出場に終わり、ウドーもさしたる活躍が出来なかったこともあり、ミルウォーキーのメディアやファンから「バックス史上最悪のトレード」と酷評されてしまった。結局ウドーは2013-2014シーズン終了後にウオリファイング・オファーの提示を受けることも出来ず、完全FAになった。

2014年9月4日、ロサンゼルス・クリッパーズと契約[4]。クリッパーズでは33試合の出場にとどまり、平均出場時間も約4分に終わった。

2015年7月28日、NBAのチームと契約することが出来なかったウドーは、TBLフェネルバフチェ・ユルケルと契約[5]。リーグカップ優勝を経験し、ユーロリーグでも活躍した。更に2016-17シーズンはユーロリーグで優勝に導き、MVPも受賞した。

2017年7月12日、ユタ・ジャズと2年650万ドルの契約を結び、念願のNBA復帰を果たした[6]

その他[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]