アレシボ・メッセージ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
アレシボメッセージ。注:この画像やこれ以降の画像では2進数列を図形に並べ替える際に左から右へ並べている。また色は各図形を区別するために付けられているもので、実際に送信された信号には色の情報は付いていない。

アレシボ・メッセージThe Arecibo message )とは、1974年アレシボ電波望遠鏡の改装記念式典において宇宙に送信された電波によるメッセージである。このメッセージは地球から約25,000光年の距離にあるヘルクレス座球状星団 M13 に向けて送信された。電波によるMETI(Messaging to Extra-Terrestrial Intelligence)=Active SETI(能動的な地球外知的生命体探査)の最初の例である。

概要[編集]

メッセージは1679個のビットから成り、解読者が信号の2進数列を2次元の四角形に並べ替えることを意図して作られている。

この1679という数は23と73という二つの素数の積であり、1679ビットを余りなく四角形に並べ替えようとすると、23 × 73 または 73 × 23 の2通りにしかできないことから選ばれた。このメッセージは、23行73列に並べ替えても意味のある図形にはならないが、73行23列に並べ替えると右図のように意味を持った図形となる。仮に地球外に解読者がいたとしてもこの解読方法を伝えるすべはないが、宇宙からの電磁波を受信して解析しようとする技術と知能があれば容易に上記の解読方法に気づくはず、という前提である。

このメッセージを左から右へ、また上から下へ読むと、以下のような情報が記述されている。

アレシボ・メッセージが目標である M13 の星に到着するまでには約25,000年かかる(返事が地球に返ってくるまではさらに25,000年かかる)ため、このメッセージは実際に地球外生命との交信を試みたと言うよりは、人類の技術的到達点を示したものという意味合いが強い。

このメッセージは当時コーネル大学にいて有名なドレイクの方程式を考案したフランク・ドレイクによって作られ、他にカール・セーガンなど数人も作成に関わっている。

問題点[編集]

アレシボ・メッセージの有効性については非常に議論が分かれている。球状星団は宇宙の初期(ビッグバン直後)に形成された恒星の集団であるため、生命を形成しうる重元素が非常に少なく、知的生物が発生する可能性はきわめて低いと多くの研究者が考えている。

2001年にはイギリスのチルボルトン電波天文台近くの畑に、いわゆるミステリー・サークルの作者によってアレシボ・メッセージと同じ形式のメッセージがジョークとして描かれた[1]。このメッセージによると「送信者」は頭でっかちな体をしており、3本鎖のDNAを持ち、その生命体の構成物質に珪素が含まれ、また彼らは惑星系内の3つの惑星に住み、総人口は約213億人であるかのように描かれていた。またメッセージ下端には近傍で発見されたミステリー・サークルの図が描かれていた。

解説[編集]

数字[編集]

数字

メッセージの冒頭には1から10までの数字が2進数で書かれている(上から4列目のビットが各2進数の始まり(最下位桁)の方向を表す)。

仮に2進数を知っていたとしても、この数字は表記法がやや特殊なため、符号化方法が分かりにくい。最初の7個の数字を読むためには、一番下の行のビットを無視して3桁の2進数として下から上に読む。8, 9, 10の読み方はこれらとは少し異なり、4ビット目以降のために右側にもう1列使っている。これはおそらく、1列に収まりきらないような大きな数は順次隣の列を使って表記できることを示すためにこう書かれたものと思われる。1列目に続くビットを表す列には最下行を表すビットが立っていない。

0 0 0 1 1 1 1 00 00 00
0 1 1 0 0 1 1 00 00 10
1 0 1 0 1 0 1 01 11 01
X X X X X X X X  X  X  <-最下位桁の方向を表すマーカー

DNA の構成元素[編集]

DNA の構成元素

続く図形には 1, 6, 7, 8, 15 という数字が現れており、これは水素 (H)、炭素 (C)、窒素 (N)、酸素 (O)、リン (P) の原子番号を示す。これらは DNA を構成する元素である。

ヌクレオチド[編集]

ヌクレオチド

続く行には上記の5種類の元素の数を表す数列でヌクレオチド組成式が書かれている。

例えば、最初に登場するデオキシリボース (C5OH7) は次のように書かれている。

11000
10000
11010
XXXXX

これは水素原子が7個(2進数で 111)、炭素原子が5個(2進数で 101)、窒素原子が0個、酸素原子が1個、リン原子が0個から成っていることを示している。

このようにして以下の12個の構成物質の組成式が書かれている。

デオキシリボース () アデニン () チミン () デオキシリボース ()
リン酸 () リン酸 ()
デオキシリボース () シトシン () グアニン () デオキシリボース ()
リン酸 () リン酸 ()

DNA の二重螺旋[編集]

DNAの二重螺旋

ヌクレオチドの化学式の下には DNA の二重螺旋を表す絵が描かれている。螺旋の中心にはヌクレオチドの数を表す42億9444万1822という数字が書かれている(ただし現在、ヒトゲノムに含まれている塩基対の総数は約29億個であることが分かっている)。

人間[編集]

人間の形・身長、人口

DNA の下には人間を表す絵が中央に描かれている。その隣の十字型の図形は人間の平均身長 (1,764 mm) を表している。これは、垂直に引かれている人間の身長のスケールは、水平に書かれた2進数の14をキーワードとして、このメッセージの送信電波の波長 (126 mm) の14倍、つまり1,764mmであることを表そうとしている。人間の絵をはさんだ反対側には1974年における地球の総人口である42億9,285万3,750という数が2進数で書かれている。ここでは数字の最下位桁を表すマーカーは図の左上(人間の手の近く)にあり、そこを起点に左から右、上から下へビットが続いている。

太陽系[編集]

太陽系

人間の下には太陽系が描かれており、太陽と各惑星(送信当時は冥王星も惑星とされていたので9個)を表している。

地球は太陽から3番目の惑星として他の惑星よりも1行上に描かれ、このメッセージの発信源であることが示されている。

またこの図形では各惑星と太陽がその位置とともにおおよその大きさに従って区別して描かれている。

望遠鏡[編集]

アレシボ電波望遠鏡

アレシボ・メッセージの最後の図形はアレシボ電波望遠鏡の姿を表している。望遠鏡の絵の下にはこのパラボラアンテナの口径を表す2,430という数字が書かれている。2,430にこのメッセージ電波の波長である126mmを乗じるとアンテナの口径である 306.18m という値が得られる。ここでは数字の最下位桁マーカーは2行からなる符号列の下の列の右端にあり、ここを起点に右から左へ、続けて上の行へとビットが続いている。数字の両側にある4ドットの直線はこの数字がアンテナの口径を表すものであることを示している。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]