K2-18b

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
K2-18b
K2-18bの想像図。奥には主星K2-18と、K2-18を公転する別の惑星K2-18cも描かれている。 (提供: ESA/Hubble, M. Kornmesser)
K2-18bの想像図。奥には主星K2-18と、K2-18を公転する別の惑星K2-18cも描かれている。
(提供: ESA/Hubble, M. Kornmesser)
星座 しし座
分類 太陽系外惑星
スーパー・アース?
サブ・ネプチューン?[1]
軌道の種類 周回軌道
天文学上における意義
ハビタブルゾーン内を公転する惑星としては初めて大気から水蒸気が検出された惑星
発見
発見年 2015年[2][3]
発見者 ケプラー宇宙望遠鏡[2]
(K2ミッション)
発見方法 トランジット法[3]
位置
元期:J2000.0[4]
赤経 (RA, α) 11h 30m 14.5176249117s[4]
赤緯 (Dec, δ) +07° 35′ 18.257210626″[4]
固有運動 (μ) 赤経: -80.377 ミリ秒/年[4]
赤緯: -133.142 ミリ秒/年[4]
距離 124.0 ± 0.3 光年
(38.025 ± 0.079 パーセク[5]
軌道要素と性質
軌道長半径 (a) 0.1429+0.006
−0.0065
au[6]
(21,377,840+897,600
−972,400
km)
近点距離 (q) 0.1143 au
遠点距離 (Q) 0.1715 au
離心率 (e) 0.20 ± 0.08[6]
公転周期 (P) 32.939623+0.000095
−0.000100
[6]
軌道傾斜角 (i) 89.5785+0.0079
−0.0088
°[7]
近点引数 (ω) -5.70+46.40
−33.80
°[6][8][注 1]
通過時刻 2457264.39144 ± 0.00065 BJD[6]
準振幅 3.55+0.57
−0.58
m/s[6]
K2-18の惑星
物理的性質
直径 34,582 ± 829 km
半径 2.711 ± 0.065 R[5]
表面積 3.749×109 km2
体積 2.158×1013 km3
質量 8.63 ± 1.35 M[5]
平均密度 2.4 ± 0.4 g/cm3[5]
表面重力 11.5 ± 1.9 m/s2[5]
(1.17 ± 0.19 G
脱出速度 19.9 ± 1.6 km/s[5]
表面温度 272 ± 15 K(-1 ± 15 [2]
265 ± 5 K(-8 ± 5 ℃)[5]
284 ± 15 K(11 ± 15 ℃)[6]
大気の性質
大気圧 不明
水素[9] 割合不明
ヘリウム[9] 割合不明
水蒸気[3] 0.1 - 50%[9][10]
別名称
別名称
EPIC 201912552 b
EPIC 201912552.01
2MASS J11301450+0735180 b
Template (ノート 解説) ■Project

K2-18bは、地球からしし座の方向に約124光年離れた位置にある赤色矮星K2-18の周囲を公転している太陽系外惑星である。ハビタブルゾーン内に位置する太陽系外惑星としては史上初めて大気中から水蒸気が検出されたことで知られている[9][10][11][12]

発見と観測[編集]

K2-18bは2015年に、アメリカ航空宇宙局(NASA)が太陽系外惑星探査のために打ち上げたケプラー宇宙望遠鏡の延長ミッション「K2ミッション」による観測で発見された[2][12]。K2ミッションも含めて、ケプラー宇宙望遠鏡は惑星が地球から見て主星の手前を通過する際に生じるわずかな主星の減光を観測することで惑星を発見する、トランジット法と呼ばれる観測方法で発見された。主星K2-18が太陽よりも小規模で暗い赤色矮星であるため、発見当初から大気を観測できる可能性があるとされていた[2]

2015年に発表された発見論文ではK2-18系までの距離は34 ± 4 パーセク(111 ± 13 光年)とされていたが[2]、後にガイア計画による観測でK2-18系までの距離は38.025 ± 0.079 パーセク(124.0 ± 0.3 光年)に改められている[5]

特徴[編集]

大きさの比較
海王星 K2-18b
海王星 Exoplanet

高精度視線速度系外惑星探査装置(HARPS)などを用いた観測では、K2-18bの質量は地球の8.63倍、半径は2.711倍で、地球と海王星の中間の規模を持つ惑星とされている[5]。表面の重力の強さは海王星(11.15 m/s2)とほぼ同等である[5]。主星K2-18からは約2100万 km離れた軌道を約33日で公転しており[6]、主星に近いためK2-18bは潮汐固定を起こしており、常に片面を主星K2-18に向けていると考えられている[7]。この軌道は液体の状態で存在出来るK2-18のハビタブルゾーン内に位置していることが2017年に行われたスピッツァー宇宙望遠鏡による観測で判明している[7]。2018年にCloutierらは発表した研究論文では表面温度は、265 K(-8℃)とされており[5]、他の研究でもいずれも同程度の温度となっている[2][6]

大気[編集]

先述の通り、2015年にK2-18bが発見された当初から主星K2-18の光度が小さいことから、地上の観測所と宇宙望遠鏡の両方でK2-18bの大気は将来的に観測しやすいとされていた[2]。その後2019年9月に、ユニヴァーシティ・カレッジ・ロンドン(UCL)とモントリオール大学のそれぞれ別々の研究グループがほぼ同時期にK2-18bの大気中から水蒸気の存在を示す痕跡が検出されたという研究結果を発表した[9][11]。前者のUCLのグループの研究論文は同年9月11日付で科学雑誌ネイチャーの姉妹誌であるネイチャーアストロノミー英語版に掲載され[9][13]、もう一方のモントリオール大学のグループの研究論文もarXivに投稿されている[11]

K2-18bの大気はK2-18bが主星の手前を通過する際に、惑星の大気中を通過した光を分光観測することでその大気中に水素ヘリウムに加えて、水蒸気が存在していることが確かめられた[9][10][12][13]。分光観測にはどちらのグループもハッブル宇宙望遠鏡広視野カメラ3による観測データが使用された[10][12][13][14][15]。大気中から水蒸気が検出された事例はHD 209458 b[16]WASP-12b[17]などが知られていたが、これらはいずれも恒星から至近距離を公転する木星規模の大きな惑星であった。しかしK2-18bの大気から水蒸気が検出されたことにより、K2-18bは「ハビタブルゾーン内を公転する惑星としては」初めて大気から水蒸気が検出された惑星となった[10][12][13][14]。UCLの分析ではこの観測結果が事実である確率は99.97%と算出されている[9]。大気中における詳細な水蒸気の割合は分かっていないが、UCLの研究グループはその割合は20 - 50%に及ぶとしているが、別のケースでは0.1 - 12.5%になると示している[9]。大気中に水蒸気が含まれていることから、モントリオール大学側の研究グループを率いているBjörn Bennekeは地球上と同じようにを介した小さな水循環が起きているかもしれないと述べている[12]

史上初めてハビタブルゾーン内を公転する惑星の大気から水蒸気が検出されたことから、K2-18bは大きな注目を集めた。しかし、一部の報道やNASAの発表ではK2-18bは地球よりも数倍大きな質量を持つ岩石惑星スーパー・アース地球型惑星と報じられているが[10][14][18][19]京都大学が運用している太陽系外惑星データベース「Extrasolar Planet's Catalogue」ではK2-18bは「サブ・ネプチューン(sub-Neptune)」と呼ばれる海王星よりも小型のガス惑星に分類されている[1][13]。液体の水から成るを保有するには地球のようなはっきりとした岩石から成る硬い表面が存在している必要があるが、実際にK2-18bほどの規模を持つ惑星がそのようなはっきりとした表面を持つか、あるいは海王星のように分厚い大気を抱えるガス惑星なのかを判断するのは困難とされる[12]。中にはK2-18bを「ハビタブル惑星(Habitable planet)」と報じているものもあるが[18]、ハビタブル惑星とは「生命が生存可能で、水が液体として存在できる適度な温度と気圧を持つ地球型惑星」とされているため[20]、現時点ではK2-18bをハビタブル惑星と断定することはできない。はっきりとした表面を持つかどうかが不明瞭で、さらに主星がフレアなどの強い放射線を放出する恒星活動が活発な赤色矮星で、強い放射線の影響を受けている可能性が高く[14]、仮にはっきりとした表面や液体の水が存在していたとしても地球とは大きく環境が異なるとされており、K2-18bでの地球上で考えられるような生命の存在は困難になるという懸念もある[19]。UCL側の研究グループを率いているAngelos TsiarasはK2-18bは「第2の地球ではない」「当初から地球のような惑星ではなかった」と述べている[12][13]

とはいえ、ハビタブルゾーン内にある太陽系外惑星の大気から水蒸気が検出されたことは非常に大きな発見であり、惑星がどのようにして形成されたのかを調べる手がかりになり得るとされている[19]。K2-18bは2021年打ち上げ予定のジェイムズ・ウェッブ宇宙望遠鏡や2028年打ち上げ予定のARIELの理想的な観測対象になると両方の研究グループは述べており、これらの望遠鏡のどちらも太陽系外惑星の大気組成を調べることができる機器を搭載している[15]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 出典では弧度法(rad)で表記。

出典[編集]

  1. ^ a b K2-18 b”. Extrasolar Planet's Catalogue. 京都大学. 2019年9月13日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h Montet, Benjamin T.; Morton, Timothy D.; Foreman-Mackey, Daniel; Johnson, John Asher; Hogg, David W.; Bowler, Brendan P.; Latham, David W.; Bieryla, Allyson et al. (2015). “Stellar and Planetary Properties of K2 Campaign 1 Candidates and Validation of 17 Planets, Including a Planet Receiving Earth-like Insolation”. The Astrophysical Journal 809 (1): 25. arXiv:1503.07866. Bibcode2015ApJ...809...25M. doi:10.1088/0004-637X/809/1/25. 
  3. ^ a b c Jean Schneider. “Planet K2-18 b”. The Extrasolar Planet Encyclopaedia. Paris Observatory. 2019年9月13日閲覧。
  4. ^ a b c d e Results for K2-18b”. SIMBAD Astronomical Database. CDS. 2019年9月13日閲覧。
  5. ^ a b c d e f g h i j k Cloutier, R.; Astudillo-Defru, N.; Doyon, R.; Bonfils, X.; Almenara, J.-M.; Bouchy, F.; Delfosse, X.; Forveille, T. et al. (2019). “Confirmation of the radial velocity super-Earth K2-18c with HARPS and CARMENES”. Astronomy and Astrophysics 621: A49. arXiv:1810.04731. Bibcode2019A&A...621A..49C. doi:10.1051/0004-6361/201833995. 
  6. ^ a b c d e f g h i Sarkis, Paula; Henning, Thomas; Kürster, Martin; Trifonov, Trifon; Zechmeister, Mathias; Tal-Or, Lev; Anglada-Escudé, Guillem; Hatzes, Artie P. et al. (2018). “The CARMENES Search for Exoplanets around M Dwarfs: A Low-mass Planet in the Temperate Zone of the Nearby K2-18”. The Astronomical Journal 155 (6): 257. arXiv:1805.00830. Bibcode2018AJ....155..257S. doi:10.3847/1538-3881/aac108. 
  7. ^ a b c Benneke, Björn; Werner, Michael; Petigura, Erik; Knutson, Heather; Dressing, Courtney; Crossfield, Ian J. M.; Schlieder, Joshua E.; Livingston, John et al. (2017). “Spitzer Observations Confirm and Rescue the Habitable-zone Super-earth K2-18b for Future Characterization”. The Astrophysical Journal 834 (2): 187. arXiv:1610.07249. Bibcode2017ApJ...834..187B. doi:10.3847/1538-4357/834/2/187. 
  8. ^ K2-18 b:CONFIRMED PLANET OVERVIEW PAGE”. NASA Exoplanet Archive. 2019年9月13日閲覧。
  9. ^ a b c d e f g h i Tsiaras, Angelos; Waldmann, Ingo P.; Tinetti, Giovanna; Tennyson, Jonathan; Yurchenko, Sergey N. (2019). “Water vapour in the atmosphere of the habitable-zone eight-Earth-mass planet K2-18 b”. Nature Astronomy: 1–6. arXiv:1909.05218. Bibcode2019arXiv190905218T. doi:10.1038/s41550-019-0878-9. https://www.nature.com/articles/s41550-019-0878-9. 
  10. ^ a b c d e f 地球型惑星に水蒸気 存在を初めて確認”. AFPBB News (2019年9月12日). 2019年9月13日閲覧。
  11. ^ a b c Benneke, Björn; Wong, Ian; Piaulet, Caroline (2019年). “Water Vapor on the Habitable-Zone Exoplanet K2-18b”. arXiv:1909.04642v1 [astro-ph.EP]. Bibcode2019arXiv190904642B. 
  12. ^ a b c d e f g h This may be the first known exoplanet with rain and clouds of water droplets”. Science News (2019年9月12日). 2019年9月13日閲覧。
  13. ^ a b c d e f 松村武宏 (2019年9月12日). “生命居住可能領域にある太陽系外惑星で水蒸気を初検出”. sorae.info. 2019年9月13日閲覧。
  14. ^ a b c d NASA’s Hubble Finds Water Vapor on Habitable-Zone Exoplanet for 1st Time”. NASA (2019年9月12日). 2019年9月13日閲覧。
  15. ^ a b Greshko, Michael (2019年9月11日). “Water found on a potentially life-friendly alien planet”. National Geographic. 2019年9月14日閲覧。
  16. ^ Jean Schneider. “Planet HD 209458 b”. The Extrasolar Planet Encyclopaedia. Paris Observatory. 2019年9月13日閲覧。
  17. ^ Jean Schneider. “Planet WASP-12 b”. The Extrasolar Planet Encyclopaedia. Paris Observatory. 2019年9月13日閲覧。
  18. ^ a b K2-18b: every habitable planet surely has life”. The Guardian (2019年9月12日). 2019年9月13日閲覧。
  19. ^ a b c Ghosh, Pallab (2019年9月12日). “Water found for first time on 'potentially habitable' planet”. BBC News. 2019年9月13日閲覧。
  20. ^ ハビタブル惑星(はびたぶるわくせい)とは - コトバンク”. kotobank. 2019年9月13日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]