WASP-12b

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
WASP-12b
木星との大きさの比較
木星との大きさの比較
星座 ぎょしゃ座
分類 太陽系外惑星
巨大ガス惑星
発見
発見日 2008年4月1日[1]
発見者 Cameronら
(スーパーWASPプロジェクト)
発見場所 南アフリカ天文台
発見方法 トランジット法
軌道要素と性質
軌道の種類 周回軌道
軌道長半径 (a) 0.0229 ± 0.0008 au[2]
近点距離 (q) 0.0218 au
遠点距離 (Q) 0.0240 au
離心率 (e) 0.049 ± 0.015[2]
公転周期 (P) 1.091423 ± 0.000003 [2]
軌道傾斜角 (i) 83.1+1.4
−1.1
°[2]
近点引数 (ω) -74+13
−10
°[2]
通過時刻 2454508.9761 ± 0.0002 BJD[2]
準振幅 0.226 ± 0.004 km/s[2]
WASP-12の惑星
衛星の数 衛星が存在する可能性有り
位置
元期:J2000.0[3]
赤経 (RA, α) 06h 30m 32.79s[3]
赤緯 (Dec, δ) +29° 40′ 20.3″[3]
距離 871 光年[1]
(427 ± 90 パーセク[4])
物理的性質
半径 1.736 ± 0.092 RJ[4]
質量 1.404 ± 0.099 MJ[4]
平均密度 0.337 ± 0.039 g/cm3[4]
表面重力 3.066 ± 0.031 (log g)[4]
表面温度 2,525 K[4]
年齢 17 ± 8 億年[5]
大気の性質
大気圧 不明
一酸化チタン[5] 割合不明
酸化バナジウム[5] 割合不明
[5] 割合不明
酸化ヨウ素[5] 割合不明
二酸化炭素[5] 割合不明
メタン[5] 割合不明
一酸化炭素[5] 割合不明
水素[5] 割合不明
シアン化水素[5] 割合不明
炭素[5] 割合不明
別名称
別名称
2MASS J06303279+2940202 b
Template (ノート 解説) ■Project

WASP-12bは、惑星の通過を観測するスーパーWASPプロジェクトでWASP-12の周囲を公転しているのが発見された太陽系外惑星ホット・ジュピターある。2008年4月1日に発見が公表された[1]。主星から非常に近い軌道を公転しているため、主星からのエネルギーの流れによって、太陽系外惑星でも特に密度が低いものの一つである。地球が太陽の周りを365日で公転するのと比べ、1日と少しで親星の周りを公転する。親星からの距離は地球と太陽の間の44分の1で、木星とほぼ同じ軌道離心率を持つ。2013年12月3日ハッブル宇宙望遠鏡を使用して観測を行った科学者らによって、大気の外層からが検出されたという報告がなされた[6][7][8]

2014年7月には、NASA太陽に似た恒星を公転している、WASP-12b、HD 209458 bHD 189733 bの3つの太陽系外惑星が、従来よりも大気が乾燥していると発表した[9]

特徴[編集]

炭素に富んだWASP-12bの大気が、主星に吸収される想像図。

WASP-12から非常に近い軌道にあるため、潮汐力によって惑星は卵形に引き延ばされ、1年に10-7木星質量(18京9000兆t)ずつ大気が主星にはぎ取られている[10]。いわゆる潮汐熱により、表面温度は2500K以上になっている。

2010年5月20日、ハッブル宇宙望遠鏡による観測で、WASP-12bが主星に「吸収されている」ことが判明した。それ以前にも、惑星が恒星に吸収される現象がある事は私的されていたが、はっきりとその現象が確認されたのは、WASP-12bが初めてである。WASP-12bは、1000万年後には主星に吸収され完全に消滅するとみられる[11][12][13]

また、ハッブル宇宙望遠鏡の宇宙起源分光器(COS)を使った、WASP-12bの大気の観測も行われた。この観測結果は、北京大学のShu-lin Liらによって、2009年2月ネイチャーで発表された。その結果、質量が木星よりも40%大きいにも関わらず、大気は木星半径の3倍にまで膨らんでいることが判明した。

炭素の含有量[編集]

最近の観測で、WASP-12bは炭素酸素の含有量の比率を表したC/O比における炭素の割合から、炭素に富んだ巨大ガス惑星である事が示されている。その割合は、太陽を有意に超えており、観測によるWASP-12bのC/O比の適合値はおよそ1で、これに対し、太陽は0.54である。C/O比は、炭素に富んだ惑星が、惑星系内に形成された可能性がある事を示唆している[14]。その観測を行った研究者の一人は「酸素よりも炭素が多いと、ダイヤモンドグラファイトなどの純粋な炭素の岩石を含む」と発言している[15]

また発表では、「WASP-12bのような炭素に富んだ巨大ガス惑星は他に観測されていないが、理論上では、炭素を主体とする岩石惑星では、無数のパターンの組成がある事が予測されている。例えば、地球サイズの場合、内部はダイヤモンドやグラファイトに満たされ、地球のシリケート組成とは対照的である。」と述べられた[14]。この発言を、メディアが次々と報道している[16]。中には、WASP-12bを「ダイヤモンド惑星」と呼ぶものもある[17]

WASP-12bの場合は、炭素は一酸化炭素メタンとして存在している[18]

衛星の可能性[編集]

惑星の光度曲線を研究しているロシアの天文学者は、WASP-12bの周りを、少なくとも1つの太陽系外衛星が公転している事を示す、規則的な光度の変化を捉えたと発表した[19]。しかし、ホット・ジュピターでは地質学的に短い時間の中で、大きな衛星は失ってしまうと考えられており、この主張は否定されている[20]

予想された衛星の特徴
軌道長半径(au) 不明
質量(ME) 0.57 - 6.4

画像[編集]

関連項目[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c WASP Planets”. SuperWASP. 2017年3月18日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g Hebb; Collier-Cameron, A.; Loeillet, B.; Pollacco, D.; Hébrard, G.; Street, R. A.; Bouchy, F.; Stempels, H. C. et al. (2009). “WASP-12b: THE HOTTEST TRANSITING EXTRASOLAR PLANET YET DISCOVERED”. The Astrophysical Journal 693 (2): 1920–1928. arXiv:0812.3240. Bibcode 2009ApJ...693.1920H. doi:10.1088/0004-637X/693/2/1920. http://www.iop.org/EJ/abstract/0004-637X/693/2/1920. 
  3. ^ a b c WASP-12b -- Extra-solar Confirmed Planet”. SIMBAD. 2017年3月18日閲覧。
  4. ^ a b c d e f Tucker Chan et al. (2011年3月31日). “The Transit Light Curve project. XIV. Confirmation of Anomalous Radii for the Exoplanets TrES-4b, HAT-P-3b, and WASP-12b”. arXiv:1103.3078v2 [astro-ph.EP]. doi:10.1088/0004-6256/141/6/179. 
  5. ^ a b c d e f g h i j k Planet WASP-12 b”. The Extrasolar Planet Encyclopaedia. 2017年3月19日閲覧。
  6. ^ Staff (2013年12月3日). “Hubble Traces Subtle Signals of Water on Hazy Worlds”. NASA. 2017年3月19日閲覧。
  7. ^ Mandell, Avi M.; Haynes, Korey; Sinukoff, Evan; Madhusudhan, Nikku; Burrows, Adam; Deming, Drake (3 December 2013). “Exoplanet Transit Spectroscopy Using WFC3: WASP-12 b, WASP-17 b, and WASP-19 b”. Astrophysical Journal 779 (2): 128. arXiv:1310.2949. Bibcode 2013ApJ...779..128M. doi:10.1088/0004-637X/779/2/128. http://iopscience.iop.org/0004-637X/779/2/128/article 2017年3月19日閲覧。. 
  8. ^ 5つの惑星の大気に水の兆候”. AstroArts (2013年12月5日). 2017年3月19日閲覧。
  9. ^ Harrington, J.D. (2014年7月24日). “RELEASE 14-197 - Hubble Finds Three Surprisingly Dry Exoplanets”. NASA. 2017年3月19日閲覧。
  10. ^ Li, Shu-lin; Miller, N.; Lin, Douglas N. C. & Fortney, Jonathan J. (2010), “WASP-12b as a prolate, inflated and disrupting planet from tidal dissipation”, ネイチャー 463 (7284): 1054-1056, doi:10.1038/nature08715 
  11. ^ 中日新聞 2010年5月23日付朝刊3面
  12. ^ Hubble Finds a Star Eating a Planet nasa.gov. 2010-05-20. Retrieved on 2017-03-19.
  13. ^ 太陽のような星に破壊される惑星”. AstroArts (2010年3月2日). 2017年3月19日閲覧。
  14. ^ a b Madhusudhan, N.; Harrington, J.; Stevenson, K. B.; Nymeyer, S.; Campo, C. J.; Wheatley, P. J.; Deming, D.; Blecic, J. et al. (2010). “A high C/O ratio and weak thermal inversion in the atmosphere of exoplanet WASP-12b”. Nature 469 (7328): 64–67. arXiv:1012.1603. Bibcode 2011Natur.469...64M. doi:10.1038/nature09602. PMID 21150901. 
  15. ^ Carbon-Rich Planet: A Girl's Best Friend?”. U.S. News & World Report (2010年12月10日). 2017年3月19日閲覧。
  16. ^ Lorianna De Giorgio (2010年12月10日). “Carbon-rich planet could house diamonds”. Toronto Star. 2017年3月19日閲覧。
  17. ^ “Diamond planet found by Keele University astronomers”. BBC News Online. (2010年12月9日). http://news.bbc.co.uk/local/stoke/hi/people_and_places/nature/newsid_9272000/9272801.stm 
  18. ^ Intagliata, Christopher (2010年12月9日). “Exoplanet Strikes Carbon Pay Dirt”. Scientific American. http://www.scientificamerican.com/podcast/episode.cfm?id=exoplanet-strikes-carbon-paydirt-10-12-09 
  19. ^ Российские астрономы впервые открыли луну возле экзопланеты (ロシア語) - "Studying of a curve of change of shine of WASP-12b has brought to the Russian astronomers unusual result: regular splashes were found out.<...> Though stains on a star surface also can cause similar changes of shine, observable splashes are very similar on duration, a profile and amplitude that testifies for benefit of exomoon existence."
  20. ^ http://adsabs.harvard.edu/abs/2002ApJ...575.1087B

外部リンク[編集]

ウィキメディア・コモンズには、WASP-12bに関するカテゴリがあります。