HD 189733 b

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
HD 189733 b
太陽系外惑星 太陽系外惑星の一覧
Exoplanet Comparison HD 189733 b.png
木星との比較図
主星
恒星 HD 189733 A
星座 こぎつね座
赤経 (α) 20h 00m 43.7133s
赤緯 (δ) +22° 42′ 39.070″
視等級 (mV) 7.66
距離62.9 ly
(19.3 pc)
スペクトル分類 K1-K2V
質量 (m) 0.8 ± 0.4 M
半径 (r) 0.781 ± 0.051 R
温度 (T) 4939 ± 158 K
金属量 [Fe/H] -0.03 ± 0.04
年齢 >0.6 Gyr
軌道要素
軌道長半径(a) 0.03099 ± 0.0006 AU
(4.636 ± 0.09 Gm)
近点距離 (q) 0.03096 AU
(4.632 Gm)
遠点距離 (Q) 0.03102 AU
(4.641 Gm)
離心率 (e) 0.0010 ± 0.0002
周期(P) 2.2185733 ± 0.00002 d
    (53.245759 h)
軌道傾斜角 (i) 85.76 ± 0.29°
通過時刻 (Tt) 2,453,988.80336 ± 0.00024 JD
準振幅 (K) 205 ± 6 m/s
物理的性質
質量(m)1.13 ± 0.03 MJ
半径(r)1.138 ± 0.027 RJ
表面重力(g)21.2 m/s²
表面温度 (T) 1117 ± 42 K
発見
発見日 2005年10月5日
発見者 G. W. マーシー
発見方法 ドップラー偏移法
トランジット法
観測場所 オート=プロヴァンス天文台
現況 確認
参照データベース
Extrasolar Planets
Encyclopaedia
data
SIMBADdata
Exoplanet Archivedata
Open Exoplanet Cataloguedata
HD 189733 b の「地図」

HD 189733 bは、地球から63光年離れたこぎつね座HD 189733(厳密には HD 189733 A)という恒星の周囲を回る惑星である。2005年10月5日にフランスの天文学者たちによって発見された。この惑星は主星にきわめて近い軌道を回っている木星型惑星ホット・ジュピター)である。

2007年に、スピッツァー宇宙望遠鏡によって惑星表面の温度が観測された。場所によって温度が異なり、興味深いことに最も温度が高い場所は主星が真上に見える場所から30度ほどずれていた。この惑星は潮汐力によって自転と公転が同期しているが、時速9,600km以上という強烈な風が熱を運んでいるのだろうと考えられている。アメリカ航空宇宙局 (NASA) は HD 189733 b の表面の温度分布図を発表した。これは史上初の太陽系外惑星の「地図」である。

2007年7月11日には、ジョヴァンナ・チネッティらのチームがスピッツァー宇宙望遠鏡による観測で惑星の大気中に水蒸気を検出したと発表した。ハッブル宇宙望遠鏡によって行われた追観測では水蒸気だけでなくメタンも検出された。この惑星のような高温の環境で、水蒸気とメタンが一酸化炭素に変化せずに存在している理由は不明である。

2013年7月、ハッブル宇宙望遠鏡での可視光線のスペクトルを分析、波長を求めた所、深いアジュール・ブルー(鮮やかな青色、空色)の色との結果が導き出された[1]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 計算によると惑星HD189733bはブルー=国際研究チーム ウォール・ストリート・ジャーナル 2013-7-12

関連項目[編集]

外部リンク[編集]