アストロアーツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
株式会社アストロアーツ
AstroArts Inc.
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
151-0063
東京都渋谷区富ヶ谷2-41-12
富ヶ谷小川ビル1F
設立 1981年7月[1]
業種 情報・通信業
事業内容 ソフトウェア開発
デジタルプラネタリウム企画・制作
科学館・博物館向け展示用システム制作
雑誌・書籍等の編集・制作
代表者 大熊正美(代表取締役社長)
資本金 4,250万円
従業員数 20名
外部リンク https://www.astroarts.co.jp
特記事項:2002年に株式会社アストロアーツ(旧社)から全事業と商号を継承。
テンプレートを表示

株式会社アストロアーツは、東京都渋谷区に本社を置く日本のソフトウェア会社および出版社。主に天文関連のソフトウェアと雑誌を手掛けている。

沿革[編集]

  • 1990年3月 - 株式会社アスキー 出版局 アストロアーツプロジェクトが、星空年鑑・ディスク付き書籍「アストロガイド1990」を発売。
  • 1991年
  • 1992年 - 大熊正美が代表取締役社長に就任[3]
  • 1993年9月 - 東京都新宿区西新宿に事務所を移転。
  • 1996年12月 - 天文雑誌「スカイウオッチャー」を編集していた有限会社エヌジーシーを吸収合併。
  • 1997年
    • 2月 - 立風書房から天文雑誌「スカイウオッチャー」の編集制作を受託。
    • 2月 - 天体画像処理ソフト「ステライメージ」を発売。
    • 7月 - 皆既月食をインターネットライブ中継。
    • 10月 - オンラインショップを開始。
  • 2000年11月 - 天文誌「月刊星ナビ」を創刊。
  • 2002年
    • 7月 - アスキーの「マルチメディア図鑑シリーズ」事業を継承。
    • 9月 - 株式会社アストロアーツが、株式会社アストロアーツ(旧社)の営業権を継承。
    • 10月 - 東京都渋谷区富ヶ谷に事務所を移転
  • 2006年12月 - デジタルプラネタリウム「ステラドームプロ」1号機を平塚市博物館に納入。
  • 2009年3月 - ニンテンドーDS「星空ナビ」を開発、アスキー・メディアワークスより発売。
  • 2012年10月 - Windowsタブレット用天文シミュレーションアプリ「M+Stellar(エムステラ)」を発売

ソフトウェア[編集]

  • ステラナビゲータ - 天文シミュレーションソフトウェア
  • ステライメージ - 天体画像処理ソフトウェア
  • ステラショット - 天体撮影ソフトウェア
  • エクリプスナビゲータ - 日食シミュレーションソフト

モバイルアプリ[編集]

  • アストロガイド
  • iステラ - iPhone・iPod touch用星図表示アプリ。
  • スマートステラ - Android端末用星図表示アプリ。

出版[編集]

  • 月刊星ナビ(発売:KADOKAWA、毎月5日発売[4]
  • アストロガイド 星空年鑑

脚注[編集]

  1. ^ 定型処理はPCにまかせ、画像調整は直感的に行えるWindows用天体画像処理ソフトウェア「ステライメージ8」を発売”. アストロアーツ. 2018年7月9日閲覧。
  2. ^ おかげさまで アストロアーツ 25年”. アストロアーツ. 2018年7月9日閲覧。
  3. ^ テレビゲームのちょっといいおはなし・9 (PDF)”. 一般社団法人コンピュータエンターテインメント協会. 2018年7月9日閲覧。
  4. ^ 「星ナビ」、アストロアーツ、2000年全国書誌番号:00115466

関連項目[編集]

外部リンク[編集]