ケプラー440b

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ケプラー440b
Kepler-440b[1][2]
星座 こと座
分類 太陽系外惑星
軌道の種類 周回軌道
発見
発見年 2015年[2]
発見者 Kepler Team
発見方法 トランジット法
軌道要素と性質
元期:J2000.0
軌道長半径 (a) 0.242+0.066
−0.041
AU[2]
(3620万3200+6133600
−9873600
km)
離心率 (e) >0.34+0.12
−0.19
[2]
公転周期 (P) 101.11141+0.00087
−0.00068
[2]
軌道傾斜角 (i) 89.93+0.07
−0.18
°[2]
通過時刻 BJD 2455756.2986+0.0028
−0.0027
[2]
ケプラー440の惑星
位置
元期:J2000.0
赤経 (RA, α) 19h 01m 23.99s[1]
赤緯 (Dec, δ) +41° 27′ 7.94″[1]
距離 850.86+52.16
−149.96
光年
(261+16
−46
パーセク[2])
物理的性質
直径 2万3700km
半径 1.86+0.24
−0.19
RE[2]
表面積 17.64623×108 km2
体積 6.970281×1012 km3
質量 7.7+33.5
−4.6
ME[3]
表面温度 273 K[3]
別名称
別名称
KOI-4087b,KOI-4087.01,KIC 6106282,2MASS J19012398+4127079
Template (ノート 解説) ■Project

ケプラー440b英語:Kepler-440b)は、地球から851光年(261パーセク)離れていて、地球からはこと座にあるK型主系列星ケプラー440を周回する太陽系外惑星である。地球に近いサイズの惑星であり、主星のハビタブル・ゾーン(生命が存在する可能性のある領域)内に存在すると考えられている[4]

ケプラー440bはアメリカ航空宇宙局(NASA)のケプラー宇宙望遠鏡により、トランジット法2015年に発見された。観測時のKepler Object of Interest英語版(KOI)における名称はKOI-4087.01[1]

特徴[編集]

大きさの比較
海王星 ケプラー440b
海王星 Exoplanet

ケプラー440bは半径が地球の1.86倍と、太陽系外惑星の中では小さい方である。太陽の半分余りの質量、半径しか持たない、K型主系列星ケプラー440から0.24AUの距離を101.1日で公転している。この軌道はケプラー440系における、惑星の表面に液体のが存在できるハビタブルゾーンに位置しているとされている。質量については分かっていないが、プエルトリコ大学アレシボ校が制作しているHabitable Exoplanets Catalogでは地球の3.1倍から41.2倍と記されている[3]


ケプラー探査機が発見した主な太陽系外惑星

参考文献[編集]

  1. ^ a b c d Kepler discoveries Table”. Kepler Mission (2015年7月2日). 2015年7月2日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h i Torres, Guillermo; Kipping, David M.; Fressin, Francois; Caldwell, Douglas A.; Twicken, Joseph D.; Ballard, Sarah; Batalha, Natalie M.; Bryson, Stephen T. et al. (2015年). “Validation of Twelve Small Kepler Transiting Planets in the Habitable Zone”. arXiv:1501.01101v2 [astro-ph.EP]. 
  3. ^ a b c The Habitable Exoplanets Catalog - Planetary Habitability Laboratory @ UPR Arecibo”. 2016年2月5日閲覧。
  4. ^ a b NASA's Kepler Marks 1,000th Exoplanet Discovery,Uncovers More Small Worlds in Habitable Zones”. NASA (2015年1月6日). 2016年2月5日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]