ケプラー442b

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ケプラー442b[1]
太陽系外惑星 太陽系外惑星の一覧
Kepler442b(comp).jpg
ケプラー442bと地球(想像図)
主星
恒星 ケプラー442
星座 こと座
赤経 (α) 19h 01m 27.98s[1]
赤緯 (δ) +39° 16′ 48.3″[1]
視等級 (mV) 14.976[2]
距離 1120 ly
(342+19
−22
[2] pc)
質量 (m) 0.609+0.030
−0.026
[2] M
半径 (r) 0.598+0.023
−0.024
[2] R
温度 (T) 4402 ± 100[2] K
金属量 [Fe/H] -0.37 ± 0.10[2]
年齢 2.9+8.1
−0.2
[2] Gyr
物理的性質
質量 (m) 2.3+5.9
−1.3
[3] M
半径 (r) 1.34+0.11
−0.18
[2] R
表面温度 (T) 233[3] K
軌道要素
軌道長半径 (a) 0.409+0.209
−0.060
[2] AU
離心率 (e) 0.04+0.08
−0.04
[2]
周期 (P) 112.3053+0.0024
−0.0028
[2] d
軌道傾斜角 (i) 89.94+0.06
−0.12
[2]°
発見
発見日 2015年
発見者 Kepler Mission
発見方法 トランジット法
観測場所 ケプラー宇宙望遠鏡
現況 論文公表済
他の名称
KOI-4742.01,KOI-4742b,WISE J190127.98+391648.2b,KIC-4138008b,2MASS J19012797+3916482b
参照データベース
Extrasolar Planets
Encyclopaedia
data
SIMBAD data
Exoplanet Archive data
Open Exoplanet Catalogue data

ケプラー442b英語: Kepler-442b)は、地球から約1100光年(342パーセク)離れていて、地球からはこと座にあるK型主系列星ケプラー442を周回する太陽系外惑星である。地球に近いサイズの惑星であり、主星のハビタブルゾーン(生命が存在する可能性がある領域)内に存在すると考えられている[4]

ケプラー442bはアメリカ航空宇宙局 (NASA) のケプラー探査機により、トランジット法2015年に発見された。観測時のKepler Object of Interest英語版(KOI)における名称はKOI-4742.01[1]

特徴[編集]

ケプラー442bは地球の1.34倍の半径を持ち、6割から7割の確率で岩石で構成された岩石惑星であるとされている[5]。主星のケプラー442から0.409AU離れた軌道を112.3日で公転している。この軌道はケプラー442から0.274AUから0.681AU[6]離れた位置に広がるハビタブルゾーンの中間に位置する。そのため、表面温度は地球とほぼ同じと推定されており、表面には液体生命が存在できるかもしれない。

ケプラーが発見した、ハビタブルゾーンに位置する地球型惑星
(2015年1月6日地点)[4]

出典[編集]

  1. ^ a b c d Kepler Discoveries Table”. kepler.nasa.gov. 2015年4月26日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h i j k l Torres, Guillermo; Kipping, David M.; Fressin, Francois; Caldwell, Douglas A.; Twicken, Joseph D.; Ballard, Sarah; Batalha, Natalie M.; Bryson, Stephen T. et al. (2015年). “Validation of Twelve Small Kepler Transiting Planets in the Habitable Zone”. arXiv:1501.01101v2 [astro-ph.EP]. 
  3. ^ a b The Habitable Exoplanets Catalog - Planetary Habitability Laboratory @ UPR Arecibo”. 2016年2月3日閲覧。
  4. ^ a b NASA's Kepler Marks 1,000th Exoplanet Discovery, Uncovers More Small Worlds in Habitable Zones”. NASA (2015年1月6日). 2016年2月4日閲覧。
  5. ^ ハビタブルゾーンの系外惑星を8個発見”. AstroArts (2015年1月1日). 2016年2月6日閲覧。
  6. ^ Planetary Habitability Laboratory - Graphical Catalog Results”. プエルトリコ大学アレシボ校(Planetary Habitability Laboratory). 2016年2月6日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]