ケプラー443b

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ケプラー443b[1][2]
太陽系外惑星 太陽系外惑星の一覧
Kepler-443b.jpg
ケプラー443bの想像図
主星
恒星 ケプラー443
星座 はくちょう座
赤経 (α) 19h 14m 26.53s
赤緯 (δ) +49° 58′ 7.08″
視等級 (mV) 6.83
距離 2539.5+124
−147
 ly
(779+38
−45
 pc)
質量 (m) 0.738 ± 0.033 M
半径 (r) 0.706 ± 0.028 R
温度 (T) 4723 ± 100 K
金属量 [Fe/H] -0.01 ± 0.1
年齢 3.2+7.3
−0.4
 Gyr
軌道要素
軌道長半径 (a) 0.495+0.075
−0.186
AU
離心率 (e) 0.11+0.11
−0.15
周期 (P) 177.6993 ± 0.0031 d
軌道傾斜角 (i) 89.94+0.13
−0.06
°
物理的性質
半径 (r) 0.208 ± 0.018 RJ
(2.33 ± 0.2 R)
表面温度 (T) 246 K
発見
発見日 2015年
発見者 ケプラーチーム
発見方法 トランジット法
観測場所 ケプラー宇宙望遠鏡
現況 論文公表済
他の名称
KOI-4745b,KOI-4745.01,KIC 11757451b,2MASS J19142653+4958070b

ケプラー443b(英語:Kepler-443b)とは地球から見てはくちょう座の方向に約2540光年離れたところにある恒星ケプラー443公転している太陽系外惑星である。

特徴[編集]

大きさの比較
海王星 ケプラー443b
海王星 Exoplanet

ケプラー443bは地球の2.33倍の半径を持ち、ケプラー443から0.495AUの距離を117.7日かけて公転している。この距離はケプラー443のハビタブルゾーン(液体のが存在できる領域)内を公転している。その為ケプラー443bは表面温度が246K(-27℃)と生命が存在していくには適切な環境であるとされており、生命が存在する可能性がある。

関連項目[編集]

出典[編集]

  1. ^ Kepler Discoveries Table”. Kepler Mission (205-06-17). 2015年6月17日閲覧。
  2. ^ Extrasolar Planet Encyclopaedia:Kepler-443b”. Extrasolar Planet Encyclopaedia (2015年6月17日). 2015年6月17日閲覧。