ケプラー174d

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ケプラー174d
太陽系外惑星 太陽系外惑星の一覧
主星
恒星 ケプラー174
星座 はくちょう座?
赤経 (α) 19h 09m 45.41s[1]
赤緯 (δ) +43° 49′ 55.53″[1]
視等級 (mV) 14.287(ケプラーバンド)[1]
距離1175[2] ly
(360[2] pc)
質量 (m) 0.602±0.019[2] M
半径 (r) 0.62±0.03[2][3] R
温度 (T) 4880±126[3] K
金属量 [Fe/H] -0.556[1][3]
軌道要素
軌道長半径(a) 0.677[1][3] AU
周期(P) 247.35373±0.002001[3] d
軌道傾斜角 (i) 89.95[1]°
物理的性質
半径(r)2.186±0.134[3] R
表面温度 (T) 194[1] K
発見
発見日 2014年
発見者 Kepler Team
発見方法 トランジット法
観測場所 ケプラー宇宙望遠鏡
現況 公表
他の名称
KOI-518d,KOI-518.03,KIC 8017703d
大きさの比較
海王星 ケプラー174d
海王星 Exoplanet

ケプラー174d(英語:Kepler-174d)とは地球から見てはくちょう座の方向に約1175光年(ケプラーチームは不明としている)離れたところにある太陽の6割の質量半径を持つ恒星ケプラー174公転している太陽系外惑星である。大きさは地球の2.19倍である。この大きさからケプラー174dは地球より大きい岩石惑星スーパーアースと小型のガス惑星の両方に可能性がある。主星から0.677AU離れており、これは太陽系では金星軌道(0.72AU)に相当する距離を247.35日で公転している。(金星の公転周期は224.7日)その為、ケプラー174dはハビタブルゾーンの外縁の縁を公転しており、表面温度は194K(-79℃)と人間には若干、寒い環境にあるが、生命が存在していくには十分な環境とされている。

関連項目[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g “Kepler Discoveries Table”. Kepler Mission. (2015年5月30日). http://kepler.nasa.gov/Mission/discoveries/ 2015年5月30日閲覧。 
  2. ^ a b c d “Kepler-174”. Open Exoplanet Catalogue. (2015年5月30日). http://www.openexoplanetcatalogue/planet/Kepler-174%20d/ 2015年5月30日閲覧。 
  3. ^ a b c d e f “Planet Kepler-174 d”. The Extrsolar Planet Encyclopaedia. (2015年5月30日). http://exoplanet.eu/catalog/kepler-174_d/ 2015年5月30日閲覧。