HD 40307 g

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
HD 40307 g
太陽系外惑星 太陽系外惑星の一覧
A Trio of Super-Earths (artist's impression).jpg
HD 40307 gの想像図
主星
恒星 HD 40307
星座 がか座
赤経 (α) 05h 54m 04.23991s[1]
赤緯 (δ) -60° 01′ 24.4977″[1]
視等級 (mV) 7.17[1]
距離41.8 ± 0.3 ly
(12.83 ± 0.09[1] pc)
スペクトル分類 K2.5V[1]
半径 (r) 0.716 ± 0.010[2] R
温度 (T) 4977 ± 59[3] K
年齢 1.2 (≥ 0.2)[4] Gyr
軌道要素
軌道長半径(a) 0.600+0.034
−0.033
[5] AU
離心率 (e) 0.29+0.31
−0.29
[5]
周期(P) 197.8+5.7
−9.0
[5] d
近日点引数 (ω) 1.6[5]°
準振幅 (K) 0.95+0.32
−0.30
[5] m/s
物理的性質
質量(m)≥7.1 ± 2.6[5] M
半径(r)2.39[6] R
表面温度 (T) 227.4[7] K
発見
発見日 2012年10月28日
発見者 Mikko Tuomi et al.
発見方法 HARPSによるドップラー分光法
観測場所  チリラ・シヤ天文台
現況 Announced[5]
参照データベース
Extrasolar Planets
Encyclopaedia
data
SIMBADdata
Exoplanet Archivedata
Open Exoplanet Cataloguedata

HD 40307 gとはがか座の方向に約42光年、離れた位置にある恒星HD 40307ハビタブルゾーン公転する太陽系外惑星である。この惑星はMikko Tuomi率いるチームがHARPSによる視線速度の変化の観測から発見された[5]

特徴[編集]

HD 40307 gは視線速度の観測で惑星を発見するドップラー分光法によって発見されたため、一般に知られている物理的特徴は下限質量のみである。下限質量は地球の7.1倍である。このため、HD 40307 gは地球より大きな岩石惑星スーパーアースの可能性が高い。HD 40307 gはHD 40307から0.6AU離れた軌道を197.8日で公転している。この軌道はHD 40307から0.379~0.917AUの範囲に広がるハビタブルゾーン内に位置している[8]。そのため、表面が岩石で構成されている場合、液体のが存在する可能性がある。しかし、HD 40307 gは軌道離心率が最大で0.6にもなるという計算結果が出ており、その場合、HD 40307 gはハビタブルゾーンを離脱する可能性もある。

関連項目[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e HD 40307”. SIMBAD. ストラスブール天文データセンター (2008年). 2015年10月6日閲覧。
  2. ^ HD 40307, entry,CDS database J/A+A/450/735; described in Effective temperature scale and bolometric corrections from 2MASS photometry, E.Masana, C.Jordi, and I.Ribas, Astronomy and Astrophysics 450, #2(2006年5月), pp.735-746.Bibcode2006A&A...450..735M .doi:10.1051/0004-6361:20054021.
  3. ^ M. Mayor, S. Udry, C. Lovis, F. Pepe, D. Queloz, W. Benz, J.-L. Bertaux, F. Bouchy, C. Mordasini, D. Segransan (2009). “The HARPS search for southern extra-solar planets. XIII. A planetary system with 3 Super-Earths (4.2,6.9&9.2Earth masses)”. Astronomy and Astrophysics 493 (2): 639-644. arXiv:0806.4587. Bibcode2009A&A...493..639M. doi:10.1051/0004-6361:200810451. 
  4. ^ HD 40307, database entry, Geneva-Copenhagen Survey of Solar neighbourhood, J. Holmberg et al.,2007,ストラスブール天文データセンター database V/117A, accessed 2015年10月6日; described in The Geneva-Copenhagen survey of the Solar neighbourhood. Ages, metallicities, and kinematic properties of ~14 000 F and Gdwarfs, B. Nordström, M. Mayor, J. Andersen, J. Holmberg, F. Pont, B. R. Jǿrgensen, E. H. Oisen, S. Udry, and N. Mowlavi, Astronomy and Astrophysics 418(2004年5月), pp.989–1019,Bibcode2004A&A...418..989N ,doi:10.1051/0004-6361:20035959.
  5. ^ a b c d e f g h Tuomi, Anglada-Escude, Gerlach, Jones, Reiners, Rivera, Vogt, Butler, Mikko, Guillem, Enrico, Hugh R. R., Ansgar, Eugenio J., Steven S., R. Paul (2012年). “Habitable-zone super-Earth candidate in a six-planet system around the K2.5V star HD 40307”. arXiv:1211.1617v1 [astro-ph]. 
  6. ^ PHL's Exoplanets Catalog - Planetary Habitability Laboratory @ UPR Arecibo
  7. ^ HEC: Data of Potential Habitable Worlds”. プエルトリコ大学アレシボ校(Planetary Habitability Laboratory) (2012年11月12日). 2015年10月6日閲覧。
  8. ^ Planetary Habitability Laboratory - Graphical Catalog Results”. Planetary Habitability Laboratory. 2015年10月12日閲覧。

外部リンク[編集]