アクアマリンのままでいて

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
アクアマリンのままでいて
カルロス・トシキ&オメガトライブシングル
初出アルバム『be yourself
B面 海流のなかの島々
リリース
ジャンル AOR
レーベル バップ
チャート最高順位
カルロス・トシキ&オメガトライブ シングル 年表
DOWN TOWN MYSTERY
1988年
アクアマリンのままでいて
(1988年)
REIKO
1988年
テンプレートを表示

アクアマリンのままでいて」は、日本AORバンドであるカルロス・トシキ&オメガトライブの2枚目、1986オメガトライブから数えると通算7枚目のシングルである。カルロス・トシキ&オメガトライブに改名後の代表曲として広く認知されている曲であり、改名前の大ヒット曲「君は1000%」と並ぶ代表曲として知られている。

解説[編集]

  • フジテレビドラマ抱きしめたい!』のオープニング曲。これより前に発売されているシングルよりも売上枚数は良くないがヒットし、1986年の「君は1000%」と並んでカルロストシキボーカルの代表曲となったため、他社から発売されたオムニバスアルバムでは、カルロス・トシキ&オメガトライブ限定の曲の中では多く収録されている。
  • アルバム『be yourself』に収録されている「失恋するための500のマニュアル」においては、一部のコーラスにこの曲のサビの部分を起用している。また前作では発売されなかったシングルカセットも、本作品では発売された。
  • 2000年『あの人は今!?』に、カルロスが緊急来日、12年ぶりにテレビ出演した際、大ヒットの「君は1000%」とこの曲をメドレーで歌唱した。
  • オリコン及びランキング番組で上位10位以内にランクインされたのは、この曲が最後となった。
  • 両曲ともオリジナルアルバムには未収録であり、後に発売されたボックスセット『1986 OMEGA TRIBE CARLOS TOSHIKI&OMEGA TRIBE COMPLETE BOX "Our Graduation"』に初収録された[1]

カバー[編集]

  • 2017年2月22日に発売された、作詞の売野雅勇の作詞活動35周年を記念した収録曲全曲を売野が作詞した楽曲のカバーアルバム『真夏のイノセンス 作詞家・売野雅勇 Hits Covers』で、参加アーティストの1人であるミズノマリ(paris match)がカバー[4]

収録曲[編集]

  1. アクアマリンのままでいて
  2. 海流のなかの島々
    • 作詞:田口俊、作曲: 和泉常寛・新川博、編曲: 新川博
    • 作曲家の和泉常寛は、「オメガトライブの作品で好きな作品は?」と聞かれた際に、この曲を最初に挙げている[5]

オムニバスアルバムに収録[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ アルバム『be yourself』に収録されている「アクアマリンのままでいて」は、アルバムバージョンである。
  2. ^ 映画.com (2013年8月27日). “W浅野「抱きしめたい!Forever」主題歌でELTが大ヒット曲をカバー”. 2013年10月2日閲覧。
  3. ^ Grand Gallery.jp (2014年9月20日). “10.29 「V.A./TWILIGHT TIME」リリース決定!”. 2016年10月31日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2016年10月31日閲覧。
  4. ^ 音楽ナタリー (2017年2月7日). “作詞家・売野雅勇の名曲を中島愛、中田裕二、一十三十一らが歌うカバー集”. 2017年12月14日閲覧。
  5. ^ 『1986 OMEGA TRIBE CARLOS TOSHIKI&OMEGA TRIBE COMPLETE BOX "Our Graduation"』のブックレットに記載されているインタビューにて

関連項目[編集]