Every Little Thing Concert Tour 2013 -ON AND ON-

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
Every Little Thing Concert Tour 2013 -ON AND ON-
Every Little Thingライブ・ビデオ
リリース
ジャンル J-POP
時間
レーベル avex trax
Every Little Thing 年表
EVERY LITTLE THING 15th Anniversary Concert Tour 2011〜2012 "ORDINARY"
2012年
Every Little Thing Concert Tour 2013 -ON AND ON-
2013年
Every Little Thing Concert Tour 2014 〜FUN-FARE〜
2014年
テンプレートを表示

Every Little Thing Concert Tour 2013 -ON AND ON-』(エブリーリトルシング・コンサート・ツアー・2013 -オン・アンド・オン-)は日本の音楽ユニットEvery Little Thingが開催したコンサートツアー及び、2013年9月25日にリリースしたDVD作品。

解説[編集]

映像作品としては2012年の『EVERY LITTLE THING 15th Anniversary Concert Tour 2011〜2012 "ORDINARY"』より約1年ぶりとなる。

本ツアー中に44thシングル「ON AND ON」が発売されており、本ツアーのタイトル曲の役割も担っている。

ツアーとしては、2013年1月から6月にかけて行なわれた全国ツアーで、全39公演(追加公演5公演を含む)が行われた。

デビュー16周年を迎え、15年分の感謝をこめたスーパー・グレイテスト・ヒッツ・ツアーと銘打って行われ、2009-2010年に行われたMEET同様、アルバムは特に引っさげない(ぶっちぎりのベストツアー)と公言。

東京公演では、ソフトバンクのCMで共演した白戸家のお父さん(カイくん)がステージに登場した。

ツアー後半から、持田がアコースティックギターの演奏(新曲の「Lien」)を披露。このツアーでは、2001年から10年以上ELTのドラムのサポートをしていた山口鷹に代わり、松川恒二がドラマーとして参加(強肩の持ち主で、アンコール時のタオル投げで通常届かない2階席まで遠投するなど、伊藤からは「アイアンマン」と呼ばれた)。最終公演は、例年より早く夏になった沖縄市民会館(6月の沖縄公演は初であり、公演前日に例年より早く梅雨明けし、冬から夏にかけて行ったツアーとなった)。[1] [2]

収録曲[編集]

Disc1[編集]

  1. Dear My Friend
  2. Future World
  3. ハイファイ メッセージ
  4. アイガアル
  5. キヲク
  6. ハリネズミの恋
  7. きみの て
  8. fragile
  9. Time goes by
  10. SWEET EMERGENCY
  11. AMBIVALENCE
  12. Medley Face the changeGet Into A GrooveFeel My Heart
  13. Shapes Of Love
  14. Free Walkin'
  15. また あした
    -ENCORE-
  16. ON AND ON
  17. 出逢った頃のように
  18. good night

Disc2[編集]

  1. Off-Shot from Concert Tour 2013 -ON AND ON-

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ このツアー前から、伊藤の右手首に黒いサポーター(バンテリンの手首用サポーター)を巻いて演奏するようになった(しない場合もある)。
  2. ^ なお、このツアーからバンドメンバーの配置が大幅に変わり、上手側にキーボード(上手側から十川・林)、下手側にベースとドラム(ベースが下手側)となり、以降のツアーでも若干の配置の変動はあるがこの配置が基本形となる(TV出演時はスタジオの配置・演出の制約上、従来通りの配置が多い)。