黒川照家

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

黒川 照家(くろかわ みつや、1951年9月18日 - )は、日本の音楽家。元「1986オメガトライブ」のギタリスト。本名、黒川 光哉(読み同じ)。

経歴・人物[編集]

東京都中野区出身。高校中退後、バンド活動を始める。

1977年、アマチュアバンド「リバーサイド」で『EAST WEST '77』に出場、同バンドは準優勝を果たした(同じく準優勝をしたのがカシオペアだった)。

1979年から1985年にかけて岩崎宏美菊池桃子のバックバンド「パイナップル・カンパニー」でバンドマスターとして活動した後、1986年にオメガトライブの第2弾のプロジェクト「1986オメガトライブ」にギタリストとして加入。同バンドのリーダーも務めたが、5枚目のシングル「Stay girl Stay pure」を最後に脱退を宣言、1988年3月に正式に脱退した(これを機に同バンドは「カルロス・トシキ&オメガトライブ」に改名する)。

その後は体調不良から長期間音楽活動を休止していたものの、2007年に活動を再開する。

再開後はソロでのライブ活動をする傍ら、新井正人とのジョイントライブやKEICOのサポート活動など多方面で活動している。

作曲した楽曲[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]