ANATA TO

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ANATA TO
Every Little Thingシングル
初出アルバム『Tabitabi
B面 いいかえれば
Take me Tell me
ハリネズミの恋
リリース
規格 マキシシングル
ジャンル J-POP
レーベル avex trax
作詞・作曲 Kaori Mochida
Andy Platts
Jodie May Seymour
Masaya Wada
HIKARI
Kunio Tago
チャート最高順位
Every Little Thing シングル 年表
ハリネズミの恋
2013年
ANATA TO
(2015年)
KIRA KIRA/AKARI
(2015年)
ミュージックビデオ
「ANATA TO」 - YouTube
ミュージックビデオ
「いいかえれば」 - YouTube
FUN-FARE 収録曲
Tabitabi 収録曲
テンプレートを表示

ANATA TO」(あなたと)は、Every Little Thingの46thシングル。2015年4月22日avex traxより発売。

解説[編集]

前作「ハリネズミの恋」から2年ぶりの発売となった。今作は11thアルバム『FUN-FARE』から、過去のメナードCMソングである「Take me Tell me」と前作「ハリネズミの恋」が再収録されている。

「ANATA TO」は、「BFF」(11thアルバム『FUN-FARE』に収録)と同じくMamasGunのAndy Plattsが作曲に参加し、シングル曲では初の外国人による作曲作品であり、持田も表題曲とカップリングの2曲の作曲にも共作ではあるが参加している。持田がELTの楽曲でシングル・アルバム共に作曲に関わったのは「黄金の月」以来7年ぶりとなり、表題曲とカップリング両方を担当したのは初となる。

「ANATA TO」は最も短い「ハリネズミの恋」や「NECESSARY」と並んで演奏時間が短いシングル曲となっている。

これについて作詞をした持田は「メッセージとしては、日常で様々な人と関わる中で、何が生まれるのか?どんなやりとりをするのが正解か分からないけれど、それをいつも楽しめるのが豊かな人生なんじゃないかなって。聴いている方々が、そんなことを思い浮かべられる楽曲になればいいなと思いました」と語っている[2]

初回限定盤は紙ジャケット仕様で、「ANATA TO」のPVとメイキングが収録されたDVD付き[3]

収録曲[編集]

  1. ANATA TO
    作詞・作曲:Kaori Mochida / Andy Platts / Jodie May Seymour / Masaya Wada
    メナード化粧品「フェアルーセント」CM曲(2015年)
  2. いいかえれば
    作詞・作曲:Kaori Mochida / Kim Sangmi / Quina Space
  3. Take me Tell me
    作詞:Kaori Mochida / 作曲:HIKARI / 編曲:HIKARI & Every Little Thing
    メナード化粧品「フェアルーセント」CM曲(2014年)
    11thアルバム『FUN-FARE』収録曲。
  4. ハリネズミの恋[3:30]
    作詞:Kaori Mochida / 作曲:Kunio Tago / 編曲:Akira Murata / Every Little Thing
    メナード化粧品「フェアルーセント」CM曲(2013年)
    前作シングル。

収録アルバム[編集]

ANATA TO
いいかえれば
Take me Tell me
ハリネズミの恋

出典[編集]

外部リンク[編集]