アイフェリアン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
地質時代 - 顕生代[* 1][* 2]
累代 基底年代
Mya[* 3]
顕生代 新生代 第四紀 2.58
新第三紀 23.03
古第三紀 66
中生代 白亜紀 145
ジュラ紀 201.3
三畳紀 251.902

古生代 ペルム紀 298.9
石炭紀 358.9
デボン紀 419.2
シルル紀 443.8
オルドビス紀 485.4
カンブリア紀 541
原生代 2500
太古代(始生代) 4000
冥王代 4600
  1. ^ 基底年代の数値では、この表と本文中の記述では、異なる出典によるため違う場合もある。
  2. ^ 基底年代の更新履歴
  3. ^ 百万年前

アイフェリアン: Eifelian)は、国際層序委員会英語版によって定められた地質学用語である、地質時代名の一つ。3億9330万年前(誤差120万年)から3億8770万年前(誤差80万年)にあたる、中期デボン紀を二分した前期である。前の期は前期デボン紀を三分した後期エムシアン、続く期は中期デボン紀後期ジベティアン[1]アイフェル期とも呼ばれる[2]

ドイツ西部の Wetteldorf Richtschnitt のアイフェル・ヒルにちなんで命名されており、そこに国際標準模式層断面及び地点(GSSP)が露出している[3]

生物[編集]

中期デボン紀の腕足動物相は旧世界区とアパラチア区で大きく異なり、腕足動物Zdmir はそのタイプ種 Zdmir solus がアイフェリアン階から産出し、属する15種がドイツ・フランスベルギーオーストリア・旧チェコスロバキア・旧ソビエト連邦の主にアイフェリアン階から1962年に報告されていた。その後は中華人民共和国黒竜江省貴州省広西省四川省日本岩手県からも報告が続いた。岩手県大船渡市日頃市町大森の大森沢支流クロンボラ沢に露出した石灰質頁岩層はこの Zdmir 属の腕足動物や三葉虫化石からアイフェリアン階に相当すると考えられている[4]。日頃市に分布する中里層の研究から、Protoholoeciscus 属 や Helentfore 属といった放散虫が少なくとも中期から後期アイフェリアン期に出現したことが示されている[5]

福岡県北九州市小倉南区志井からも中里層の放散虫と共通する種の多い動物相が発見され、アイフェリアン階に対比されている[6]。また、G. fragilis 帯と P.hindea 帯の年代をそれぞれエムシアン - アイフェリアン、アイフェリアンとした上で、福井県大野市(旧:和泉村)を流れる伊勢川上流から産出した放散虫動物群もエムシアン - アイフェリアンの動物群とされた[7]

古生物地理[編集]

岩手県の腕足動物相は内モンゴル自治区西部の中期デボン紀の腕足動物相と近縁であることが示され、当時は広大な大陸棚が広がっていたことが示唆されている。また、同研究で南部北上帯がゴンドワナ大陸を起源とするマイクロコンチネントである説、中国に由来する説の2つが否定された[8]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

出典[編集]

  1. ^ INTERNATIONAL CHRONOSTRATIGRAPHIC CHART(国際年代層序表)”. 日本地質学会. 2020年4月18日閲覧。
  2. ^ 鈴木寿志「地質年代区分2012」『日本地質学会第120年学術大会講演要旨(2013仙台)』、日本地質学会、2013年、 doi:10.14863/geosocabst.2013.0_629閲覧は自由
  3. ^ GSSP for the Emsian - Eifelian Stage Boundary”. stratigraphy. 2017年6月30日閲覧。
  4. ^ 田沢純一「北上山地産デボン紀腕足類Zdimirとその古生物地理的意義」第94巻第12号、日本地質学会、1988年12月15日、 doi:10.5575/geosoc.94.1013閲覧は自由
  5. ^ 梅田真樹「南部北上帯のデボン系大野層・中里層からの放散虫化石」『地球科学』第50巻第4号、地学団体研究会、1996年7月25日、 334頁、 doi:10.15080/agcjchikyukagaku.50.4_331オープンアクセス
  6. ^ 太田泰弘「O-257 福岡県北九州市小倉南区志井に分布する礫岩から産出するフズリナ化石について(23. 中・古生代古生物,口頭発表,一般発表)」『日本地質学会学術大会講演要旨 第108年学術大会(2001金沢)』2009年9月20日、 doi:10.14863/geosocabst.2001.0_128_2閲覧は自由
  7. ^ 栗原敏之「飛騨外縁帯西部の福井県和泉村伊勢川上流地域から産するデボン紀放散虫化石」『化石』第67巻、日本古生物学会、2000年3月21日、 39頁、 doi:10.14825/kaseki.67.0_32閲覧は自由
  8. ^ 田沢純一、陳秀琴「南部北上帯の中里層から産出した中期デボン紀腕足類 : 内蒙古西部の中期デボン紀腕足類フォーナとの古生物地理学的類縁性」『地質学雑誌』第107巻第11号、2001年11月15日、 708頁、 doi:10.5575/geosoc.107.706閲覧は自由