コンテンツにスキップ

リィアキアン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
地質時代原生代[* 1][* 2]
累代 基底年代
Mya[* 3]
顕生代 新生代 66
中生代 251.902
古生代 541
原生代 新原生代 エディアカラン 635
クライオジェニアン 720
トニアン 1000
中原生代 ステニアン 1200
エクタシアン 1400
カリミアン 1600
古原生代 スタテリアン 1800
オロシリアン 2050
リィアキアン 2300
シデリアン 2500
太古代[* 4] 4000
冥王代 4600
  1. ^ 基底年代の数値では、この表と本文中の記述では、異なる出典によるため違う場合もある。
  2. ^ 基底年代の更新履歴
  3. ^ 百万年前
  4. ^ 「始生代」の新名称、日本地質学会が2018年7月に改訂

リィアキアン[1](英:Rhyacian; PP2中国語(簡体字):层侵纪(層侵紀))は、23億年前から20億5,000万年前にあたる古原生代二番目の地質時代)の一つ。日本語名は決定されていない。層位学ではなく時間計測的に定義された。

紀名はギリシャ語で「溶岩の流れ」を意味するΡυαξ(rhyax)に由来する。

出来事[編集]

ブッシュフェルト複合岩体(Bushveld Complex)や他の似た貫入がこの紀のうちに形成された。ヒューロニアン氷期はこの紀の後期、21億年前に終了した。

脚注[編集]

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

  • Rhyacian Period”. GeoWhen Database. 2006年1月5日閲覧。
  • 仲田崇志 (2009年10月29日). “地質年代表”. きまぐれ生物学. 2011年2月15日閲覧。