オロシリアン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
地質時代区分
(原生代)
顕生代
原生代 新原生代 エディアカラン
クライオジェニアン
トニアン
中原生代 ステニアン
エクタシアン
カリミアン
古原生代 スタテリアン
オロシリアン
リィアキアン
シデリアン
太古代(始生代)
冥王代

オロシリアンOrosirian; PP3)は原生代(原生累代古原生代の三番目のリィアキアンの終わりからスタテリアンの始まりまでの20億5000万〜18億年前に当たり、層位学に基づかず時間計測的に定義された。紀名はギリシャ語で「山脈」を意味するorosiraに由来。日本語名は決定されていないが、中国語での漢字表記は「造山纪」(造山紀)となる。

紀の後半は急激な造山運動が実質上全大陸に相次いだ。シアノバクテリア光合成による大気中の酸素量の増大がこの時代に起きたといわれる。

二回の最大級の小惑星衝突による大災害(インパクトイベント)が知られる。紀の初頭20億2300万年前の一回目の小惑星の激突はフレデフォート・ドームを形成し、終盤18億5000万年前の二回目はサドベリー隕石孔を作った。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

  • Orosirian Period”. GeoWhen Database. 2006年1月5日閲覧。
  • 仲田崇志 (2009年10月29日). “地質年代表”. きまぐれ生物学. 2011年2月15日閲覧。