ファメニアン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
地質時代 - 顕生代[* 1][* 2]
累代 基底年代
Mya[* 3]
顕生代 新生代 第四紀 2.58
新第三紀 23.03
古第三紀 66
中生代 白亜紀 145
ジュラ紀 201.3
三畳紀 251.902

古生代 ペルム紀 298.9
石炭紀 358.9
デボン紀 419.2
シルル紀 443.8
オルドビス紀 485.4
カンブリア紀 541
原生代 2500
太古代(始生代) 4000
冥王代 4600
  1. ^ 基底年代の数値では、この表と本文中の記述では、異なる出典によるため違う場合もある。
  2. ^ 基底年代の更新履歴
  3. ^ 百万年前

ファメニアン: Famennian)は、国際層序委員会英語版によって定められた地質学用語である、地質時代名の一つ。3億7220万年前(誤差160万年)から3億5890万年前(誤差40万年)にあたる、後期デボン紀を二分した後期である。前の期は後期デボン紀前期フラニアン、続く期は前期石炭紀前期トルネーシアン[1]ファメヌ期とも呼ばれる[2]

大量絶滅[編集]

五大大量絶滅にも数えられる後期デボン紀の大量絶滅はファメニアンで起きている。ベルギーのフラニアン - ファメニアン境界付近とベトナムのデボン紀 - 石炭紀境界付近ではジベンゾフランカダレンのピークが認められており、これはそれぞれ海洋への土砂流入と維管束植物を示すバイオマーカーである。このことから、陸上植生の崩壊が示唆されている[3]

フラニアン - ファメニアン境界の大量絶滅においては、放散虫は被害を受けずに繁栄していたと考えられていた。しかし2002年には、放散虫は科レベルの多様性を失わなかったものの、属の27%がフラニアン末に絶滅していたことが判明した。ファメニアン期の1つ前の時代であるフラニアン期ではEntactinaria亜目が支配的な放散虫であったが、境界で放散虫群集の大転換が起き、ファメニアン期ではAlbaillellaria亜目とNassellaria亜目が繁栄した[4]

層序[編集]

ファメニアン階は1855年にベルギーの地質学者アンドレ・デュモンが提唱し、1981年に Subcommission on Devonian Stratigraphy が後期デボン系の層序に認めた。名称はベルギー南部のリュクサンブール州マルシュ=アン=ファメンヌに由来する[5]

ファメニアン階の基底は Palmatolepis triangularis の初出現と一致する[6]。ファメニアンの最上部、すなわちトルネーシアン階の基底(石炭系の基底)はかつてアンモナイトの種 Gattendorfia subinvoluta の初出現とされていた[7]が、現在ではそれよりも下のシフォノデラ英語版属のコノドント Siphonodella praesulcata から進化した Sipohonodella sulcate の初出現で定義されている[8]

日本において[編集]

日本岩手県大船渡市日頃市町長安寺に分布する長安寺層は三葉虫腕足動物の化石に基づいて下部石炭系トルネーシアン階とされていたが、その砂岩頁岩卓越層から腕足動物セルアトリパや同じく腕足動物キルトスピリファーが産出したことから、フラニアン階からファメニアン階であると考えられている。キルトスピリファーはフラシアン階からファメニアン階を示す示準化石であり、ヒカゲノカズラ類植物レプトフロエウムと共に飛騨外縁帯(岐阜県安八郡安八町森部)、南部北上帯(岩手県釜石市・同県一関市東山町長坂・福島県相馬郡)、黒瀬川帯(高知県高知市鴻ノ森・同県高岡郡越知町横倉山熊本県下益城郡内大臣・同県同郡美里町砥用)からも産出している[9]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

出典[編集]

  1. ^ INTERNATIONAL CHRONOSTRATIGRAPHIC CHART(国際年代層序表)”. 日本地質学会. 2020年4月18日閲覧。
  2. ^ 鈴木寿志「地質年代区分2012」『日本地質学会第120年学術大会講演要旨(2013仙台)』、日本地質学会、2013年、 doi:10.14863/geosocabst.2013.0_629閲覧は自由
  3. ^ 海保邦夫、齊藤諒介、水上拓也、伊藤幸佑、谷津進、小形優加里、大庭雅寛、高嶋礼詩 ほか「3つの大量絶滅時の陸上植生の崩壊と回復:バイオマーカーの証拠」『日本地質学会学術大会講演要旨 第120年学術大会(2013仙台)』、日本地質学会、2013年、 doi:10.14863/geosocabst.2013.0_256閲覧は自由
  4. ^ 梅田真樹「古生代放散虫の分類 と消長史-7回の絶滅事件-」『地学雑誌』第111巻第1号、東京地学協会、2002年2月25日、 46頁、 doi:10.5026/jgeography.111.33閲覧は自由
  5. ^ Thorez, Jacques; Dreesen, Roland; Streel, Maurice (2006). “Frasnian”. Geologica Belgica 9 (1–2): 27–45. http://popups.ulg.ac.be/Geol/docannexe.php?id=1083 2013年3月16日閲覧。. 閲覧は自由
  6. ^ Toshifumi Komatsu; Ryota Urakawa; Toshitaka Inada; Kazuki Yamauchi; Takumi Maekawa; Reishi Takashima; Mark Williams; Phong D. Nguyen et al. (2018-11-06). “The Kellwasser events in the Upper Devonian Frasnian to Famennian transition in the Toc Tat Formation, northern Vietnam”. Island Ark 28 (1). doi:10.1111/iar.12281. https://doi.org/10.1111/iar.12281. 閲覧は自由
  7. ^ Paeckelmann, W; Schindewolf, O.H (1937). “Die Devon-Karbon-Grenze”. Comptes Rendus (2) du Cinquième Congrès International de Stratigraphie et Géologie du Carbonifère (ヘールレン): 703–714. 
  8. ^ Menning, M; Alekseev, A.S; Chuvashov, B.I; Davydov, V.I; Devuyst, F.-X; Forke, H.C; Grunt, T.A; Hance, L et al. (2006). “Global time scale and regional stratigraphic reference scales of Central and West Europe, East Europe, Tethys, South China, and North America as used in the Devonian–Carboniferous–Permian Correlation Chart 2003 (DCP 2003)”. Palaeogeography, Palaeoclimatology, Palaeoecology 240 (1-2): 318–372. doi:10.1016/j.palaeo.2006.03.058. https://doi.org/10.1016/j.palaeo.2006.03.058. 
  9. ^ 田沢純一、新川公「南部北上帯の上部デボン系長安寺層から産出した腕足類セルアトリパとその層位学的意義」『地質学雑誌』第124巻第2号、日本地質学会、2018年2月15日、 111-116頁、 doi:10.5575/geosoc.2017.0057閲覧は自由