アーレニアン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
地質時代 - 顕生代[* 1][* 2]
累代 基底年代
Mya[* 3]
顕生代 新生代 第四紀 2.58
新第三紀 23.03
古第三紀 66
中生代 白亜紀 145
ジュラ紀 201.3
三畳紀 251.902

古生代 ペルム紀 298.9
石炭紀 358.9
デボン紀 419.2
シルル紀 443.8
オルドビス紀 485.4
カンブリア紀 541
原生代 2500
太古代(始生代) 4000
冥王代 4600
  1. ^ 基底年代の数値では、この表と本文中の記述では、異なる出典によるため違う場合もある。
  2. ^ 基底年代の更新履歴
  3. ^ 百万年前

アーレニアン: Aalenian)は、国際層序委員会英語版によって定められた地質学用語である、地質時代名の一つ。1億7410万年前(誤差100万年)から1億7030万年前(誤差140万年)にあたる、中期ジュラ紀の最初の期である。前の期は前期ジュラ紀最後の期トアルシアン、続く期は中期ジュラ紀2番目の期バッジョシアンである[1]。名前はドイツバーデン=ヴュルテンベルク州アーレンに由来する[2]

なお、「アーレン」「アーレニアン」という名称があるが、これらは時代を示すものではない。「階」は地層に対して当てられる単位(層序名)であり、層序名「アーレン、アーレニアン」と時代名「アーレン、アーレニアン」は対を成す関係である。詳しくは「累代」を参照のこと。

地質学的定義[編集]

スペインのアーレニアンのGSSP

アーレニアンの基底はアンモナイトレイオセラス英語版属が初めて出現する地質柱状図中の場所として定義されている。国際標準模式層断面及び地点(GSSP)はスペイングアダラハラ県フエンテルサス英語版の村の500メートル北方に位置する[3]

日本において[編集]

新潟県蒲原山地足尾帯にはジュラ紀の付加体が存在し、そのうち砕屑岩が卓越する下部ユニットはプリンスバッキアンからトアルシアン/アーレニアン境界までに相当する可能性がある。中期ジュラ紀の付加体は蒲原山地中央部から東部、帝釈山地、足尾山地、魚沼山地西部に分布するが、地質時代が特定されたものは足尾山地のものだけである[4]宮城県本吉郡歌津町志津川町には下部ジュラ系の志津川層群が分布し、同層群の上部を占める主に砂質泥岩から構成される細浦層はヘッタンギアンからアーレニアンのアンモナイトが産出する[5]

出典[編集]

  1. ^ INTERNATIONAL CHRONOSTRATIGRAPHIC CHART(国際年代層序表)”. 日本地質学会. 2020年3月6日閲覧。
  2. ^ 地質調査総合センター研究資料集 No.486 地質図─地質用語(TS図案:2008)”. 地質調査総合センター. p. 12. 2020年3月6日閲覧。
  3. ^ Cresta, S.; Goy, A.; Ureta, S.; Arias, C.; Barrón, E.; Bernad, J.; Canales, M.L.; García-Joral, F.; García-Romero, E.; Gialanella, P.R.; Gómez, J.J.; González, J.A.; Herrero, C.; Martínez, G.; Osete, M.L.; Perilli, N. & Villalaín, J.J.; 2001: The Global Boundary Stratotype Section and Point (GSSP) of the Toarcian-Aalenian Boundary (Lower-Middle Jurassic), Episodes 24(3): pp 166–175.
  4. ^ 内野隆之「新潟県蒲原山地西部に分布する前期ジュラ紀付加体の地質構造と足尾帯テクトニクス」『日本地質学会第117年学術大会講演要旨(2010富山)』、日本地質学会、2010年。
  5. ^ 竹内誠、鹿野和彦、御子柴真澄、中川充、駒澤正夫「20 万分の 1 地質図幅「一関」」、地質調査総合センター、2005年。